主な鉄道事業者ごとの乗車券の途中下車の可否の一覧

途中下車

主要な鉄道事業者ごとの乗車券の途中下車の可否の一覧。各社局毎にOK・NGについて取り上げる。

JR線では片道101km以上の乗車区間なら途中駅にて改札外へ出場できる。100km未満と大都市近郊区間のみの利用はできない。

私鉄、地下鉄は距離に関係なく途中下車は不可能。移動を中止することはできるが、切符が回収されて残りの区間が乗れなくなる。


地域ごとの主要鉄道事業者の途中下車の可否

関東地区(首都圏)

関東地区(首都圏)
鉄道事業者 途中下車の可否 補足
JR東日本 (片道101km以上)
×(片道100kmまで)
×(大都市近郊区間のみの場合)
片道100km以下、または大都市近郊区間のみ利用は途中下車不可
東武鉄道 × 距離に関係なく途中下車不可。
京成電鉄 ×
西武鉄道 ×
京王電鉄 ×
小田急電鉄 ×
東急電鉄 ×
京浜急行電鉄 ×
相鉄 ×
東京メトロ ×
都営地下鉄 ×
横浜市営地下鉄 ×
※普通乗車券は切符の場合のみを対象。
※私鉄は距離に関係なく不可。(片道101km以上でも不可)

関東地区の鉄道事業者ごとの途中下車の可否については、上記の表の通り。

長距離の利用で「途中下車」が認められているのはJR東日本のみ。

以下の中小私鉄も途中下車不可

東葉高速鉄道、北総鉄道、埼玉高速鉄道、東京臨海高速鉄道(りんかい線)、江ノ島電鉄、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道、東京モノレール、多摩都市モノレール、横浜シーサイドライン、ニューシャトル

参照:JRきっぷの「途中下車」の可否を種類ごとに一覧化

JR東日本の途中下車の注意点

JR東日本

乗車券で途中下車ができる条件

  • 営業キロ数が片道101kmの区間であること
  • 大都市近郊区間の範囲の外の区間が含まれること

※2つ両方とも条件を満たす必要あり

JR東日本でも途中下車ができるのは片道101km以上のみ。片道100kmまでだと途中下車はできない。

さらに、大都市近郊区間のみに利用でも途中下車はできない。

大都市近郊区間のみだと、たとえ片道101km以上であったとしても途中下車は認められていない。

JR東日本の大都市近郊区間に設定されているのは東京(首都圏)、仙台都市圏、新潟都市圏の3か所。

中でも東京近郊区間は範囲がかなり広い。長野県や福島県の一部にも及ぶ。

中部地区(東海)

東海地区
鉄道事業者 途中下車の可否 補足
JR東海 (片道101km以上)
×(片道100kmまで)
片道100km以下は途中下車不可
名古屋鉄道(名鉄) ×
名古屋市営地下鉄 ×
※私鉄は距離に関係なく不可。(片道101km以上でも不可)

東海地区(中部地区)の鉄道事業者ごとの途中下車の可否については、上記の表の通り。

長距離の利用で「途中下車」が認められているのはJR東海のみ。

なお、JR東海では「大都市近郊区間」は名古屋都市圏を含めてまったく設定されていない。したがって、東京や大阪とは違って距離に関係なく途中下車不可になる例外事項はない。

以下の中小私鉄も途中下車不可

名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、愛知環状鉄道、東海交通事業(城北線)、豊橋鉄道、三岐鉄道、伊勢鉄道、養老鉄道

近畿地区(関西)

近畿地区
鉄道事業者 途中下車の可否 補足
JR西日本 (片道101km以上)
×(片道100kmまで)
×(大都市近郊区間のみの場合)
片道100km以下、または大都市近郊区間のみ利用は途中下車不可
近畿日本鉄道(近鉄) × 距離に関係なく途中下車不可。
南海電鉄 ×
京阪電鉄 ×
阪急電鉄 ×
阪神電鉄 ×
山陽電鉄 ×
大阪メトロ ×
京都市営地下鉄 ×
神戸市営地下鉄 ×
※私鉄は距離に関係なく不可。(片道101km以上でも不可)

近畿地区の鉄道事業者ごとの途中下車の可否については、上記の表の通り。

長距離の利用で「途中下車」が認められているのはJR西日本のみ。

以下の中小私鉄も途中下車不可

泉北高速鉄道、阪堺電気鉄道、北大阪急行電鉄、能勢電鉄、神戸電鉄、六甲ライナー、ポートライナー、大阪モノレール

JR西日本の途中下車の注意点

JR西日本

乗車券で途中下車ができる条件

  • 営業キロ数が片道101kmの区間であること
  • 大都市近郊区間の範囲の外の区間が含まれること

※2つ両方とも条件を満たす必要あり

JR西日本でも途中下車ができるのは片道101km以上のみ。片道100kmまでだと途中下車はできない。

さらに、大都市近郊区間のみに利用でも途中下車はできない。この場合、たとえ片道101km以上であったとしても途中下車は認められていない。

JR西日本の大都市近郊区間に設定されているのは大阪(京阪神広域圏)。

つまり関西圏に該当するエリア内のみの乗車では途中下車不可のことがほとんど。

一方で北陸地方、中国地方は大都市近郊区間は設定されていない。

九州地区(福岡)

きっぷの種類 途中下車の可否 補足
JR九州 (片道101km以上)
×(片道100kmまで)
×(大都市近郊区間のみの場合)
片道100km以下、または大都市近郊区間のみ利用は途中下車不可
西日本鉄道(西鉄) (片道17km以上かつ同額区間ではない駅)
×(上記以外)
普通乗車券と同額となる駅、片道17km以内でない限りは途中下車可能。
福岡市営地下鉄 ×
※私鉄は距離に関係なく不可。(片道101km以上でも不可)

福岡地区の鉄道事業者ごとの途中下車の可否については、上記の表の通り。

長距離の利用で「途中下車」が認められているのはJR九州、さらに西日本鉄道(西鉄)でもOK。

西鉄は私鉄としては珍しく途中下車が認められている。

途中下車をする場合は自動改札機は利用できない。改札口にいる係員に見せる方式をとっている。

ただし、JR九州では「大都市近郊区間」が福岡・北九州都市圏にて設定されている。

これにより、福岡県内の大部分と佐賀県の一部では途中下車が距離に関係なくできないところが目立つ。

その他の地域

大都市圏ではない地域においても、途中下車ができるのはJR線のみ。

ただし、一般的に「大都市」とは言われることが少ない仙台・新潟でも途中下車の制限あある「大都市近郊区間」が設定されている。

北海道

鉄道事業者 途中下車の可否 補足
JR北海道 (片道101km以上)
×(片道100kmまで)
片道100km以下は途中下車不可
札幌市営地下鉄 ×
その他第三セクター各社 ×
※JR乗車券の距離の計算は本州のJR各社とも通算。

JR北海道の路線では片道101km以上の場合のみ途中下車が可能。

100km未満およびそれ以外の鉄道事業者では不可。

仙台

JR東日本では仙台地区においても大都市近郊区間が設定されている。

東北本線、常磐線、仙山線、仙石線、仙石東北ラインの区間が「仙台近郊区間」に入る。

宮城県の大部分と福島県の北部の地域がここに該当する。

首都圏と比べると地域的には広範囲ではないものの、この区域内のみの乗車は例外なく途中下車前途無効。

新潟

JR東日本では新潟地区においても大都市近郊区間が設定されている。

信越本線、越後線、磐越西線、白新線の一部区間が「新潟近郊区間」に該当。

地域的には広範囲ではないものの、この区域内のみの乗車は例外なく途中下車前途無効。

おすすめ記事