イーレックスの平均年収は約900万円! 職種・年齢別目安

イーレックス

イーレックスの平均年収は約900万円(2019年度は915万円)。給料体系は電力業界ではかなり高い方。

ただ、ボーナスは年間で2ヶ月分のみ(2019年度)。かなり少ない水準。

少し前まではベンチャー企業だったこともあり、給料水準は年度によって大きく変動する。


公式の平均年収は915万円

平均年収915万円のイーレックス(貴族レベル)
イーレックスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 9,149,707円
2018年 8,306,809円
2017年 8,028,194円
2016年 7,612,567円
2015年 7,521,711円
2014年 7,291,054円

イーレックス(電源開発株式会社)の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では915万円という金額が出ている。

過去6年間ではいずれも700~900万円ほどで推移。近年は上場傾向にあるのがわかる。

工場が所有している発電設備の余剰分、すなわち余剰電力をメインに調達し販売してきた。

旧一般電気事業者である「○○電力」に比べて特定の地域のみを管轄しているわけではないこともあり、年収水準も高め。

年収偏差値

イーレックスの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(総合職) 70 上場企業ではかなり高い方
技術系(総合職) 70

イーレックスの平均年収を偏差値にすると、グローバル社員(総合職)は事務系・技術系ともに70。

上場企業の中でもかなり高い金額。日本国内でも有数の高い給料体系で、偏差値70がこれに該当。

ボーナス

ボーナス年間2.0ヶ月分

イーレックスのボーナスは年間でたったの2ヵ月分

イーレックスのボーナスは、2019年度は組合員平均で年間2ヶ月分が支給された。これは業界では最安値と言ってよいレベル。かなり低い金額。

夏季賞与と冬季賞与があるが、それぞれ1か月分が支給されるだけにとどまる。

電力業界の他社を見ると、年俸制を導入しているところ以外では最低でも3か月分はある。

業績が良い会社としては相当低いと言わざるを得ない。

ただし、年収ベースでは高い水準で、基本給にウエイトが置かれているのも確か。ボーナスが安いからと言って、給料が低いということを意味するわけではない。

他社と比較して

イーレックスは上場企業全体と比較すると、平均年収は大幅に高い。

全社員の平均年収は900万円近くに達するのは、業界で言えば総合商社などの一部の限られる。

旧一般電気事業者でも、平均年収の上限は800万円ほど。それよりも+100万円に達するのがイーレックスならではの特徴。

電力業界でトップクラス

電力会社はどこを見ても平均年収は大差ないが、イーレックスはこれらを上回る。

  • 東京電力:8,055,519円
  • 中部電力:7,703,676円
  • 関西電力:7,916,200円
  • 東北電力:7,569,085円
  • 九州電力:7,771,045円
  • 四国電力:7,716,020円
  • 中国電力:7,725,777円
  • 北陸電力:6,342,987円

最も高いのは東京電力の806万円。最低は北陸電力の634万円。

北陸電力以外はいずれも750~800万円の範囲におさまるが、イーレックスはさらに高い立ち位置。

ただし、今後の電力事業の変化によっては順位が入れ替わる可能性は大いにある。

総合職(大卒・院卒)

年収偏差値70
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

総合職の全部門の年齢ごとの推定年収。全体の平均年間給与は900万円程度と推定。

イーレックスの中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

しかし、係長級以下の組合員であれば、年収は最高で800万円前後が上限だろう。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

20代のうちは年収が400~700万円台。それ以降は上昇幅が大きくなって一般的な上場企業に差をつける。

30代で早くも年収600万円以上になってくる人が主流派になり、最高だと900万円ほどになる。

40代からはさらに年収700万円以上が相場で、管理職となれば1,000万円以上に達する。

50代になるとやや下がる人も出てくるが、それでも年収1,000万円以上が平均値になると推定。


広告

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と高卒

イーレックスの最終学歴ごとの平均年収では、院卒・大卒はいずれも900万円程度になると予想。

比較的ベンチャー企業に分類され、学歴が持つ意味はそう大きくはない。

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

年功序列の傾向がやや見られるものの、特に35歳以上の年齢層では実績による評価によって年収が大きく変わってくる。