J-POWERの平均年収は約750万円! 職種・年齢別目安

平均年収750万円のJ-POWER

J-POWER(電源開発株式会社)の平均年収は約750万円(2019年度は787万円)。給料体系は電力業界ではやや高い方に分類。

ボーナスは業績連動で毎年異なるが、約5ヵ月分が支給(2019年度)。

元特殊法人で安定した経営体制から「準公務員」として人気の就職先。国家公務員の給料体系に近い。


公式の平均年収は787万円

J-POWERの平均年収750万円の目安(上流階級)
J-POWERの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,866,402円
2018年 7,980,312円
2017年 7,609,496円
2016年 7,520,905円
2015年 7,474,772円
2014年 7,708,600円
2013年 7,738,943円

J-POWER(電源開発株式会社)の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では787万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700~800万円で推移。

日本国内および海外での発電事業がメインということもあって、収益性は比較的安定。旧一般電気事業者である「○○電力」に比べて特定の地域のみを管轄しているわけではないこともあり、年収水準も高め。

年収偏差値

J-POWERの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系グローバル社員(総合職) 65 上場企業ではやや高い方
技術系グローバル社員(総合職) 65

J-POWERの平均年収を偏差値にすると、グローバル社員(総合職)は事務系・技術系ともに65。

上場企業の中でも概ね平均的な金額よりやや高い範囲。偏差値65がこれに当たる。

ボーナス

ボーナス組合員平均5ヶ月分

業績連動型のJ-POWERのボーナス

J-POWERのボーナスは固定基準があるわけではなく、業績連動型となっている。

2019年度は組合員平均で年間5ヶ月分ほどが支給された。ただ、これはあくまでも平均で、実際には社員個人で差異が見られる。

旧一般電気事業者である「○○電力」との比較では平均的な金額。

関西電力は1,692,000円、中部電力は1,628,000円だったが、いずれも5ヶ月分ほどに換算される。

他社と比較して

他社との比較

J-POWERは上場企業全体と比較すると、平均年収は大幅に高い。

インフラ会社ということで収益性が高く、業績も安定。「準公務員」のような会社で、年収も高め。

実際のところ、かつては特殊法人だった。2003年に電源開発促進法を廃止、2004年10月6日に東京証券取引所第1部に上場、電力会社および政府出資の民営化ファンドの保有株式の全てが売却されて100%民営化された。

元国鉄のJR各社(北海道・四国・貨物は除く)、電電公社のNTT西日本、NTT東日本などと似ている。

旧一般電気事業者(○○電力)とほぼ同じ

大都市圏をカバーする東京電力

電力会社はどこを見ても平均年収は大差ないものの、細かい数値では東京電力>関西電力>それ以外という構図。

  • 東京電力:8,055,519円
  • 中部電力:7,703,676円
  • 関西電力:7,916,200円
  • 東北電力:7,569,085円
  • 九州電力:7,771,045円
  • 四国電力:7,716,020円
  • 中国電力:7,725,777円
  • 北陸電力:6,342,987円

J-POWERは大都市圏を送配電区域とする東電・関電をはじめとする旧一般電気事業者と年収面は近い。

北陸電力以外はいずれも750~800万円の範囲におさまる。J-POWERは電力業界では低くも高くもない立ち位置。

今後も情勢は大きく変わる可能性があるが、元特殊法人で安定した企業のため、給料水準が上下変動するのは可能性は低い。

総合職

年収偏差値65

総合職の平均年収は750~800万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

J-POWERの中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

しかし、係長級以下の組合員であれば、年収は最高で800万円前後が上限だろう。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

事務系

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 国内発電所プロジェクトの企画
  • 海外発電所プロジェクトの企画
  • 再生可能エネルギー事業
  • 燃料調達・購買
  • 用地交渉
  • 電力料金の提案・交渉(営業)
  • 経営戦略立案
  • 財務・会計
  • 広報・IR、総務・法務・人事・労務

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

年齢別年収は20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

技術系

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 火力
  • 原子力
  • 土木
  • 建築
  • 情報通信
  • 送変電、配電

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

年齢別年収は同じく、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲に入る。

専門分野が職種ごとの異なるとはいえ、給料体系の優劣はない。


広告

最終学歴(大卒・院卒・高専卒)ごとの年収の差

大卒と高卒

J-POWERの最終学歴ごとの平均年収では、院卒は800万円、大卒は750万円、高専本科卒は700万円程度になると予想。

J-POWERでは大卒・院卒・高専卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

J-POWERの初任給

  • 事務系グローバル社員 211,000円
  • 技術系グローバル社員 修士了:232,600円
    学部卒・高専専攻科了:211,000円
    高専本科卒:193,000円

(総合手当15,000円・昼食手当3,000円を含む)

(2019年4月入社 実績)

出典:マイナビ2021

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。