京葉ガスの平均年収は約550万円! 職種・年齢別目安

平均年収が約550万円の京葉ガス

京葉ガスの平均年収は約550万円(2019年度は586万円)。営業エリアは千葉県北西部だが、大都市圏をカバーする割には給料が低め。

一方のボーナスは高い水準で、組合員平均で年間6.0ヶ月分が支給された(2019年度実績)。こちらも業界の中では上位。

東京ガスなどと比べると首都圏全体では知名度が低いものの、インフラ業界として経営状況は安定。ゆえに年収も悪く言えば横ばい状態だが、よく言えば安定。


公式の平均年収は586万円

平均年収560万円の目安
京葉ガスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 5,864,502円
2018年 5,807,612円
2017年 5,941,697円
2016年 5,939,290円
2015年 5,982,587円
2014年 5,993,153円
2013年 6,067,657円

京葉ガスの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では586万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも概ね550~600万円で推移。ガス会社の中でも、インフラ企業のいずれの分類上でも低い水準。

どの年度を見ても傾向は横ばい状態。したがって、給料は上がっても下がってもいない状態。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、子ども手当、配偶者手当など)などすべてが含まれている。

ボーナス

ボーナス6か月分

京葉ガスでは組合員平均で年間6.0ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

年収ベースでこそは低いが、賞与はガス会社の中でもかなり上位。インフラ企業の中でも高い方。

近年の年収は横ばい状態だが、ボーナスも例外ではなく横ばい状態。

比較:東京ガス等の都市ガス会社より低い

他社の都市ガス会社

京葉ガスは上場企業全体と比較すると、平均年収よりも若干低い金額。(※上場企業の平均年収は約600万円)

  • 東京ガス:6,604,769円
  • 東邦ガス:5,642,233円
  • 大阪ガス:6,535,978円
  • 日本瓦斯:5,849,946円
  • 北海道ガス:5,602,000円
  • 京葉ガス:5,864,502円

京葉ガスは都市ガス大手の東京ガス、大阪ガスいずれよりも低い。これら2社は600万円台後半で推移するため、60~80万円ほど平均値が低い。

LPG(プロパンガス)大手の日本瓦斯や北海道ガス、東邦ガスなどと同じくらいの金額。しかし、首都圏が営業エリアの会社という点を考えると低いと言わざるを得ない。

また、ガス会社は一般的にインフラ業界に属するといわれるが、京葉ガスの平均年収は電力、鉄道、情報通信、高速道路関連の主要会社の年収よりも低め。

総合職

年収偏差値55

京葉ガスの総合職の年齢ごとの推定年収は平均で550万円と推定。

京葉ガスの総合職の年齢ごとの推定年収
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 40-50万円
25-29歳 350-400万円 20-30万円 50-70万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 60-80万円
35-39歳 400-700万円 30-35万円 70-100万円
40-44歳 500-800万円 30-45万円 80-120万円
45-49歳 550-900万円 40-55万円 80-150万円
50-54歳 600-900万円 40-60万円 100-150万円
55-59歳 550-900万円 40-60万円 100-150万円

上記は大学院卒、大卒(学部卒)、高専本科卒を対象とする総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安。

管理職になれば年収1,000万円以上もあり得るが、平均的な社員であれば800~900万円が上限。

総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 企画
  • 営業
  • 供給
  • 保安
  • 施工管理
  • 設計
  • 情報システム
  • 広報
  • 人事
  • 経理

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

京葉ガスでは大卒・院卒・高専卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

京葉ガスの初任給

  • 修士了    月給221,100円
  • 学部卒    月給201,100円
  • 高専・短大卒 月給180,800円

(2019年4月入社 実績)

出典:マイナビ2021

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

院卒、大卒、高専卒の年収

院卒の平均年収は600万円前後、大卒(学部卒)は550万円前後、高専本科卒は500万円くらいになると推定。

基本給の時点で約2万円の差があるが、さらにボーナスの基準額も変わってくる。

年収ベースでは最終学歴での差が院卒と大卒、大卒と高専卒で各50万円ほどの差があると考えられる。


広告

おすすめ記事