北海道ガスの平均年収は約550万円! 職種・年齢別目安

平均年収が低い北海道ガス

北海道ガスの平均年収は約550万円(2019年度は560万円)。プロパンガス部門は国内首位のガス事業会社だが、年収ベースでは都市ガス各社よりは低い。

ボーナスは組合員平均で年間3.5ヶ月分が支給された。こちらも業界の中では下位。

商圏に札幌市という政令指定都市が含まれるものの、北海道という地理的な要因から収益性が低いことが要因。


公式の平均年収は560万円

平均年収560万円の目安
北海道ガスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 5,602,000円
2018年 5,647,000円
2017年 5,717,000円
2016年 5,782,000円
2015年 5,870,000円
2014年 5,758,000円
2013年 5,817,000円

北海道ガスの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では560万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも概ね550~600万円で推移。ガス会社の中でも、インフラ企業のいずれの分類上でも低い水準。

どの年度を見ても傾向は横ばい状態。したがって、給料は上がっても下がってもいない状態。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜勤務手当、宿直手当、緊急出動手当 、交替勤務手当、年末年始手当、単身赴任手当、統括リーダー手当、子ども手当、配偶者手当など)などすべてが含まれている。

ボーナス

ボーナス年間4.1ヶ月分

2019年度の北海道ガスの賞与年間3.5ヶ月分

北海道ガスでは組合員平均で年間3.5ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

年収ベースでこそは低い上、賞与もガス会社の中では低い水準。インフラ企業の中でも下位に入る。

世間一般では、中小企業では「ふつう」だが、上場企業としては低い。実際、ボーナスが安いといった不満もある。

近年の年収は横ばい状態だが、ボーナスも例外ではなく横ばい状態。

比較:都市ガス会社よりも低め

他社の都市ガス会社

北海道ガスは上場企業全体と比較すると、平均年収よりも低い金額。(※上場企業の平均年収は約600万円)

  • 東京ガス:6,604,769円
  • 東邦ガス:5,642,233円
  • 大阪ガス:6,535,978円
  • 日本瓦斯:5,849,946円
  • 北海道ガス:5,602,000円

北海道ガスは都市ガス大手の東京ガス、大阪ガスいずれよりも低い。さらに、都市ガス業界では低いといわれている東邦ガスよりも低い。

LPG(プロパンガス)大手の日本瓦斯よりも低く、ガス業界で下位に入るのは確か。

また、ガス会社は一般的にインフラ業界に属するといわれるが、北海道ガスの平均年収は電力、鉄道、情報通信、高速道路関連の主要会社の年収よりも低め。

総合職

年収偏差値55

北海道ガスの総合職の年齢ごとの推定年収は平均で550万円と推定。

北海道ガスの総合職の年齢ごとの推定年収
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 40-50万円
25-29歳 350-400万円 20-30万円 50-70万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 60-80万円
35-39歳 400-700万円 30-35万円 70-100万円
40-44歳 500-800万円 30-45万円 80-120万円
45-49歳 550-900万円 40-55万円 80-150万円
50-54歳 600-900万円 40-60万円 100-150万円
55-59歳 550-900万円 40-60万円 100-150万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安。

管理職になれば年収1,000万円以上もあり得るが、平均的な社員であれば800~900万円が上限。

総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 営業分野
  • エンジニアリング分野
  • 研究開発分野
  • スタッフ分野:経営企画、原料調達(LNG・電力)、総務

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

北海道ガスでは大卒・院卒・高専卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

北海道ガスの初任給

  • 大学卒 月給206,000円 (2018年度実績+11,000円)
  • 修士了 月給230,000円 (2018年度実績+17,000円)
  • 高専(本科)卒 月給182,000円 (2018年度実績+5,000円)

(2019年4月入社 実績)

出典:マイナビ2021

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

院卒、大卒、高専卒の年収

院卒の平均年収は600万円前後、大卒(学部卒)は550万円前後、高専本科卒は500万円くらいになると推定。

基本給の時点で1万1,000円から1万3,000円の差があるが、さらにボーナスの基準額も変わってくる。

年収ベースでは最終学歴での差が院卒と大卒、大卒と高専卒で各50万円ほどの差があると考えられる。


広告

おすすめ記事