沖縄電力の平均年収は約750万円! 職種・年齢別目安

沖縄電力

沖縄電力の平均年収は約750万円(2019年度は771万円)。送配電区域が沖縄県だが、給料体系は本州の電力会社と同じ水準。

ボーナスは年間で組合員平均1,498,000円が支給された(2019年度)。

年収は世間的に高い方で、沖縄県に拠点を置く会社としては言うまでもなくトップ級。安定した経営体制より「準公務員」と言われることもあるほど。


公式の平均年収は771万円

沖縄電力の平均年収761万円の目安(上流階級)
沖縄電力の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,708,869円
2018年 7,634,709円
2017年 7,537,541円
2016年 7,500,422円
2015年 7,506,499円
2014年 7,376,713円
2013年 7,184,244円

沖縄電力の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では771万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700万円台で推移。年度による差は、電力会社の中では比較的小さい。

2016年度から電力自由化もあっても年収は以前とほぼ同じ。そして、2013年から2019年にかけては年々年収が向上しているのがわかる。

年収偏差値

沖縄電力の年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系総合職 65 上場企業でも高い方に分類
技術系総合職 65

沖縄電力の平均年収を偏差値にすると、総合職は事務系・技術系ともに65。

総合職は事務系・技術系いずれも社内で給料水準が最も高いため、上場企業の中でもかなり高い金額。偏差値65がこれに当たる。

ボーナス

ボーナス年間1,498,000円

2019年度の沖縄電力のボーナスは年間1,498,000円

沖縄電力では組合員平均で年間1,498,000円が支給された(2019年度実績)。

基本給の5ヶ月分くらいに換算。電力会社では平均並み。

九州電力は4.02ヵ月分、四国電力は1,580,000円、関西電力は1,692,000円ということを考えると、沖縄電力は決して低い金額ではない。

インフラ企業で「安定している」こともあって、世界経済の動向による変動も小さい。

台風、地震、豪雨などの大規模な災害で設備に大きな損傷を受けるとボーナスはカットされる可能性があるが、一般的な民間企業ほどのボーナスの乱高下はない。

他社と比較して

沖縄県

沖縄電力は上場企業全体と比較すると、平均年収は大幅に高い。

沖縄県に拠点を置く会社としてもかなり高い企業。社員は完全に「勝ち組」といっても過言ではない。

インフラ会社ということで収益性が高く、業績も安定。「準公務員」のような会社で、年収も高め。

他の電力会社には負けない!

本州の電力会社

電力会社はどこを見ても平均年収は大差ないものの、細かい数値では東京電力>関西電力>それ以外という構図。

  • 東京電力:8,055,519円
  • 中部電力:7,703,676円
  • 関西電力:7,916,200円
  • 東北電力:7,569,085円
  • 九州電力:7,771,045円
  • 四国電力:7,716,020円
  • 沖縄電力:7,725,777円

沖縄電力は2大都市を送配電区域とする東電・関電に比べると年収は低い。しかし、中部電力や東北電力よりは年収が高め。

今後も情勢は大きく変わる可能性があり、沖縄電力が安定した企業とはいえ年収ベースでは上下変動するのは否定の余地がない。

総合職

年収偏差値65

総合職の平均年収は750万円前後になると推定。ここは他の電力会社と大差ない。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 350-450万円 20-30万円 70-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

有価証券報告書に記載のとおり、700~800万円の範囲に入るはず。管理職となれば1,000万円以上に達する。

深夜勤務や残業時間、家族手当の有無によっても異なるものの、平均年収が高いのは確定。

また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

事務系

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 企画
  • 営業
  • 総務
  • 経理
  • 資材
  • 用地

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が350~700万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

技術系

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 発電
  • 送電
  • 変電
  • 配電
  • 情報
  • 通信

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

年齢別年収は同じく、20代で350~700万円、30代で700~900万円、40代で800~1,200万円、50代で800~1,200万円。

専門分野が職種ごとの異なるとはいえ、給料体系の優劣はない。


広告

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

沖縄電力の最終学歴ごとの平均年収では、院卒および大卒は750万円、高専卒は650万円前後になると予想。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

沖縄電力の初任給

  • 大学院了・大学卒  200,500円
  • 高専・短大・専門卒 175,100円

(2020年4月入社 実績)

出典:リクナビ2021

全体的には年収水準は「院卒≒大卒(学部卒)>高専卒≒短大卒≒専門学校卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

大卒・院卒

沖縄電力は院卒も大卒も基本給は同じ。したがって、平均年収もほぼ同じ程度。金額では750万円前後になると推定。

有価証券報告書の平均年収にはなるという計算。

他の企業では院卒>大卒で、大学院だと学部卒よりも+2万円ほど高い金額になるが、そうではないのが沖縄電力。

もっとも院卒で入社する人は本州と比較的少ない印象。

高専卒・短大卒・専門卒

高専卒・短大卒・専門卒、関西電力の平均年収は650万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額よりも低い。

初任給の時点で低いことはもちろんのこと、その後も大卒・院卒との差は一定は存在するため、平均年収も下がる。

総合職という括りでは同じでも、大卒以上に比べると低学歴になる分、基本給も抑えられる。