JERAの平均年収は約700万円と推定! 年齢別目安表も

JERA

JERAの平均年収は700万円と推定。給料体系は電力業界では平均値に近い。中部電力と東京電力の合同出資企業ということで給料水準は高め。

ボーナスは組合員平均で5.5ヶ月前後と予想。給料体系は中部電力と基本的に同じのため、賞与も査定基準は変わらない。

ただし、今後は既存社員の転籍が実施される予定。2022年以降の動向はまだ不明で、東電と中電の労使交渉の結果によって大きく変わると思われる。


平均年収は700万円前後と算出

年収700万円の階級

JERAは中部電力と東京電力グループの燃料事業(上流開発・燃料調達・燃料トレーディング・輸送)、日本国内・海外の発電事業を承継した会社。2019年4月までに世界最大級の火力発電会社となった。

非上場のため、有価証券報告書は公表されていなく、年間平均給与も公式のものは非公開。

推定では年収は全従業員で換算すると低く見積もっても700万円前後になる。これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、通勤手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回(6月と12月)のボーナスもかなり高く、中部電力と合わせて社員平均は年間1,628,000円。

こうした事情から業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均700万円前後には達すると推定。

年収偏差値

JERAの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(総合職) 65 上場企業の平均よりやや高い金額
技術系(総合職) 65

JERAの平均年収を偏差値にすると、総合職は事務系・技術系ともに65。

上場企業全体の平均600万円を大きく上回る。

ボーナス

 

JERAのボーナス5.5ヶ月分(約160万円)

JERAのボーナスは中部電力と査定基準が共通のため、社員平均は年間1,628,000円。(2019年度実績)。基本給の5.5ヶ月に換算。

旧一般電気事業者である「○○電力」との比較では、関西電力に次いで高い金額。

なお、東京電力は年俸制を導入しているため、ボーナスがそもそも存在しないため比較できない。

JERAは東京電力だけでなく中部電力の資本が入っていることで、ボーナスは毎年支給がある。

他社と比較して

平均年収が750~700万円が主流の電力会社

JERAの給料体系は中部電力と原則として共通。したがって、旧一般電気事業者とほとんど同じ水準。

中部電力の平均年収は東京電力(800万円超)よりは低いものの、750万円以上には達する。

火力発電部門に特化した合同出資会社だが、今後もベースロード電源として安定した収益をもたらすため、引き続き高い給料が続くと思われる。給料が下がる可能性は現時点では低い。

再生可能エネルギーが普及しつつあるとはいえ、これの供給は不安定なのは否定できない。

電力会社との比較

JERA及び中部電力は、電力会社の中では若干低めに入るのがわかる。

  • 東京電力:8,055,519円
  • 中部電力:7,703,676円
  • 関西電力:7,916,200円
  • 東北電力:7,569,085円
  • 九州電力:7,771,045円
  • 四国電力:7,716,020円
  • 中国電力:7,725,777円
  • 北陸電力:6,342,987円
  • J-POWER:7,980,312円

それでも、例年では750~800万円の範囲に入る。

東京電力は中部電力よりも高い金額だが、JERAは中部電力側の給料体系となっている。

さらに、JERAは海外にも事業を大きく拡大していることから、将来的な成長も期待でき、その分給料水準の向上も期待できるのも確か。

総合職(事務系・技術系共通)

年収偏差値65

総合職の平均年収は700万円前後になると推定。事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 400-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 600-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 600-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 700-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 700-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 700-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

JERAの中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

しかし、係長級以下の組合員であれば、年収は最高で800万円前後が上限だろう。

また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

基本給・賞与・各種手当を合計した額面金額は、20代が300~600万円、30代は600~900万円、40代は600~1,200万円、50代は700~1,200万円範囲に入ると推定。


広告

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と高卒

JERAの最終学歴ごとの平均年収では、院卒は750万円、大卒は700万円程度になると予想。ここも中部電力に準ずる。

初任給は最終学歴によって異なるが、スタートの時点で院卒の方が気恩給が高いため、平均年収も「院卒>大卒(学部卒)」の構造。

JERAの初任給

  • 大学院修士了      月給235,000円
  • 大学卒・高専専攻科卒  月給211,000円
  • 高専本科卒       月給188,500円

※中部電力での採用。
※東京電力グループからの出向は除く。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

前述のように、JERAでは年功序列ではなく実力主義。

入社数年後には学歴の違いよりも実力の違いの方が大幅に重要。