JR宇都宮線はよく遅れる!止まる理由は何か?

運休と遅延

かつては上野始発だったJR宇都宮線であるが、現在は上野東京ラインの開通によって東京駅まで乗り入れる。さらに、東海道線にも直通し、電車1本で最長で静岡県の沼津駅まで行ける。

しかし、利用者にとっては不利益を感じる重大な欠点もある。それは遅延が多く、電車が頻繁に止まる点だ。宇都宮線を含む上野東京ライン、あるいは湘南新宿ラインの遅延率は首都圏の鉄道路線の中でも特に多い。

人身事故や信号・車両トラブル、あるいは悪天候が直接的な理由で電車がよく遅れる。時刻表通りに走っているという前提で駅に行くと、電車が大幅に遅れていたという経験をあなたもするかもしれない。



なぜそんなに遅延多発する?

JR宇都宮線は単に「東北本線」を走っているわけではない。湘南新宿ラインとして埼京線や横須賀線に乗り入れる列車も多く、上野東京ラインとして東海道線にまで運転する列車がかなり多い。

複数の路線にまたがって走っていることから、他の路線内で遅延が少しでも発生してしまうと、たとえ宇都宮線内では何のトラブルもなかったとしても自然的に遅れが生じてしまうのである。

また、JR宇都宮線の場合は、遅れが発生する原因が人身事故である場合が多い。これは、踏切が多い路線であることが理由として挙げられる。宇都宮線をはじめとする都心から遠い郊外へと走っていく路線の場合、どうしても踏切の数が多い。

そして、踏切における事故が発生する確率が自然と高くなり、その結果として事故の発生によって広範囲にわたって運転見合わせや遅れによる悪影響が発生してしまうのだ。

踏切が少ない京浜東北線(東京~大宮間で並走)よりもよく遅延が発生するのは、踏切の数が理由というわけである。特に、踏切の数が格段に多くなる大宮以北での事故は後を絶たない。

さらに、踏切での事故が一度発生してしまうと、後処理に時間がかかることによって列車の運転再開までの時間も長くなる。これによって、それ以外のドラブルによる運転見合わせの場合よりもダイヤが大幅に乱れてしまう。



JR宇都宮線はよく遅れる!止まる理由は何か?” への1件のコメント

  1. ピンバック: 湘南新宿ラインのグリーン車はいつも混雑? | INSIDE商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です