日比谷線の遅延が多い! 何が原因で電車が遅れるのか?

遅延する日比谷線

東京メトロ日比谷線は首都圏の鉄道路線の中では遅延が多い方に入る。運転見合わせや運休になることは少ないものの、5~10分くらいの遅れが頻発する傾向にある。

東京メトロの各線の中では丸ノ内線や銀座線に次いで輸送障害が発生する確率が少ないのは確かである。

しかし、それでもJR・私鉄各社と比べてば多く、都営地下鉄の各線と比較しても遅れが生じやすいのは否定できない。




遅延の多さでは少ない方に入る日比谷線

東京メトロの中でも日比谷線は遅延が少ない方に入る。

東京メトロは遅延の多さでは半蔵門線や千代田線がトップを走る。ほぼ毎日どこかの時間帯で5分以上の遅れが発生している。

それに比べて日比谷線、丸ノ内線、銀座線は毎日必ず遅れているわけではない。2,3分は遅れることは多いが、大規模な傷害となるようなケースは少ない。

東京メトロ各線の遅延の頻度

<遅延の多さ>
多い路線 少ない路線
半蔵門線 銀座線
千代田線 丸ノ内線
東西線 日比谷線
南北線
有楽町線
副都心線

遅れる路線の特徴

東京メトロの遅延の頻度

東京メトロの中で遅延が発生しる頻度が多い路線には次のような特徴が存在する。

  • 他社線と相互直通運転を実施
  • 乗り入れ先が長距離路線
  • 混雑が首都圏でもトップクラス

日比谷線の場合は、他社線との乗り入れは東武スカイツリーラインとの相互直通運転があるため実施している。

北千住駅にて折り返しとなる電車も多く、路線距離が長いというわけではない。

混雑率も東京メトロの中では下の方に部類される。したがって、電車が遅れる原因になることも多いとは言えない。




東武線との直通運転はやはり遅れの原因に

それでも、日比谷線が定時運行に優れているかというと、決してそういうわけではない。

東武スカイツリーラインを走る日比谷線の電車

東武スカイツリーラインとの相互直通運転は遅れの原因となっているのは否定できない。埼玉県内の久喜駅(東武伊勢崎線)や南栗橋駅(東武日光線)までも走ることがある。

日比谷線を出入りする電車は東武スカイツリーラインでは各駅停車として走る。急行や準急などの通過駅のある優等列車として運転されることがない。

そのため、少しでも遅れが生じると終点に到着するまで遅れている状態が続く。遅延回復運転ができないからだ。

東武線への乗り入れは5分程度の遅れにはなりやすい。もちろん、東武線での人身事故や信号故障などのトラブルが発生すれば、日比谷線もその影響をダイレクトに受ける。

天候に左右される?

運転見合わせになる日比谷線

日比谷線は地下鉄であるのは確か。しかし、全線に渡って地下を走るわけではない。

北千住~南千住は地上を走る。隅田川を渡る橋があり、JR常磐線やつくばエクスプレス線と並行する。

中目黒駅も地上にある。東急東横線と同じように駅のホームは高架上にある。

地上区間を走ることから、大雪や強風などの天候の影響も受けるのは避けられない。距離はそれほど長いわけではないものの、悪天候になれば運転見合わせになる。

なお、東武スカイツリーラインが運転見合わせになった場合、日比谷線は基本的には北千住駅にて折り返し運転を行う。

日比谷線も全線で運転見合わせになるわけではない。しかし、それでも一時的な運転見合わせになることはあり、結果的に数十分の遅延になることが少なくない。

おすすめ記事