都営三田線で遅延が生じる原因とは!? それでもかなり少ない!

都営三田線は首都圏の鉄道網の中ではかなり遅延や運転見合わせが少ない路線として知られている。ほとんどの区間が地下となっているため、電車が完全に運行ストップしたり、5分以上の遅れが生じることはあまりない。




都営三田線の場合は目黒駅から東急目黒線と相互直通運転を行っている。他の地下鉄の路線に着目してみると、山手線の外側へ放射状に延びる私鉄各社と直通運転を実施しているところでは私鉄で何らかのトラブルが起きることで列車が遅れやすい。

外部の要因によって直接的な問題がない地下鉄内にも列車に遅れが生じるなどダイヤが乱れることがよくあるパターンだ。

都営三田線はどうして遅れない?

都営三田線

都営三田線の場合、まず乗り入れ先の東急目黒線内でのトラブルが少ない点が理由に挙げられる。目黒線の営業キロ数は目黒~日吉間で11.9kmしかない。他の路線と比べると相当短い距離である。

しかも、東急目黒線は踏切の数が比較的少ないうえ、ワンマン運転を実施しているためにすべての駅にホームドアが設置されている。これにより、人身事故が発生することが稀である。

また、東急目黒線は東横線のバイパスのような役割を果たしている路線ということもあって利用者数はそれほど多くはない。ラッシュの時間帯であっても超満員となるほどの混雑率にはならない。

加えて、都営三田線内についてもあまり混雑しない。巣鴨駅より西高島平駅側では朝の都心方面へ行く電車が多少混み合うものの、そのレベルは東京メトロ各線などに比べると緩やかなものだ。ラッシュの時間帯であっても車内空間には余裕があるほどとなっている。

直通先でのトラブルが少ないことと、混雑による遅延も少ないことが、都営三田線の定時運行率の高さに貢献しているといえるだろう。



どんな時に遅延が生じる?

ただし、トラブルが起きることが少ない都営三田線であるとはいえ、遅延が生じることはある。それはどんな場合なのだろうか。

1つは信号や車両のトラブルである。これはどの路線でも当てはまることではあるが、都営三田線ではホームドア・ワンマン運転を行っていることもあり、高度で複雑なシステムを使っている。

南北線9000系

これにより、シンプルな設備しか使っていない路線と比べると設備上の問題が発生しやすいのは確かだ。

また、白金高輪~目黒では東京メトロ南北線と線路を共用している。この区間を走る列車については、東京メトロ南北線やそれに乗り入れる埼玉高速鉄道でダイヤが乱れると同時に悪影響を受けてしまう。

ある程度は外部要因の影響を受けてしまうのも、都営三田線で遅延が生じる原因の1つといえるだろう。

おすすめ記事