本田技研工業(ホンダ)の平均年収は800万円! 職種・年齢ごとでも算出

本田技研工業

本田技研工業株式会社の平均年収は約800万円(正社員のみ)。自動車メーカー、製造業全体としてはかなり高い方に分類される。

基本給、ボーナス支給額が他の大手企業と比べても多いことでも知られている。

社員個人の給料水準は事務系・技術ではどちらも同じ。他の企業にあるような「総合職」「一般職」といった区分の違いはない。

なお、本田技術研究所、ホンダエンジニアリング、ホンダアクセスに関しても給料体系は本田技研工業と同じ。ゆえに年収は4社同じと考えてよい。


公式の平均年収は816万円

年収800万円の水準(貴族レベル)
本田技研工業の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 8,168,000円
2018年 8,198,000円
2017年 8,086,000円
2016年 7,761,000円
2015年 7,729,000円
2014年 7,684,000円
2013年 7,658,000円
2012年 7,215,000円
2011年 7,472,000円

本田技研工業の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では816.8万円という金額が出ている。

過去9年間ではいずれも700~800万円の範囲で概ね推移している。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当など)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回のボーナスの水準が高い(2019年は半期で3.15か月分、合計6.3か月分)ことから、年収ベースではむしろ同業他社よりも高い。(※例年は半期で2.5か月、年間5か月)なお、この715万円は総合職・業務職のいずれもんだ総合値である。新卒採用・中途採用の区分もなく、大卒・高卒といった最終学歴の違いもまったく加味していない。

年収データには正規雇用(正社員)のみならず、期間工などの契約社員も含まれる。逆に派遣社員は含まれない。

年収偏差値

本田技研工業の年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(大卒・院卒) 70 上場企業の中でも特に高い
技術系(大卒・院卒) 70
事務系(高卒・高専卒) 60 上場企業の総合職並み
技術系(高卒・高専卒) 60

ホンダの平均年収を偏差値にすると、総合職は70、業務職は55。

総合職は事務系・技術系いずれも大幅に給料水準が高いため、上場企業の中でもトップ級に高い金額。偏差値75がこれに当たる。

業務職は逆に基本給がやや低めということもあって、上場企業の総合職の平均的な金額。偏差値60がこれに当たる。

大卒・院卒の年収

年収偏差値70
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は正規雇用の全部門の年齢ごとの推定年収の目安である。

大卒(他社では総合職に当たる)はホンダの中でも最も給料体系が高い職種。

勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

・40代で年間850万程度の給与取得ボーナスは6か月が基本で業績に応じて付加あり評定に応じて付加される制度がある昇給は年1回で、勤務評定に基づいて昇給額が変わる。年間5万円分のポイントが付与されて、福利厚生メニューから了解出来る。例えば、本を買ったり、スポーツイベントの参加費運動用品の購入費用、自己研鑽用費用等の様々な内容に利用する事が出来る。各種積み立て制度も充実している。自動車保険、住宅積立年金積み立て等がある。

・給料は高い。30歳前半でも家が買える。仕事で努力をすれば、きちんと評価を細かくしてくれる。それぞれの能力に合わせて給料が払われるので、目標が立てやすい。

引用:カイシャの評判「本田技研工業(ホンダ)の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)

年収に関する口コミサイトでも、基本的に評価する声が多い。少なくとも世間一般の企業に比べると高い点は認められている。

深夜勤務や休日出勤の有無、赴任地域によっても異なるものの、平均年収が高いのは確定。

事務系部門

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 営業(国内・海外)
  • 経理・財務
  • 購買
  • 法務
  • 知的財産
  • 物流
  • 生産管理
  • 人事・総務

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

トヨタ自動車には及ばないものの、企業規模が巨大で収益も高いため、平均年収も同年代の中では大幅に高い水準に達する。

20代のうちは年収が400~700万円台。それ以降は上昇幅が大きくなって一般的な上場企業に差をつける。

30代で早くも年収600万円以上になってくる人が主流派になり、最高だと900万円ほどになる。

40代からはさらに年収700万円以上が相場で、管理職となれば1,000万円以上に達する。

50代になるとやや下がる人も出てくるが、それでも年収1,000万円以上が平均値になると推定。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

技術系部門

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 基礎技術研究
  • 商品開発
  • 試験・評価
  • 生産技術
  • 製造技術
  • 品質管理
  • 生産管理
  • ITシステム開発
  • 購買、知的財産

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

転居を必要とする異動などの勤務条件は事務系とほぼ同じ。

平均年収は同年代の中では高い水準に達する。大手企業の技術職と比較しても良好な水準。

同様に各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、上記の表が1つの目安になる。

高卒、専門学校卒の年収

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-550万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-650万円 40-45万円 120-150万円
35-39歳 600-750万円 45-50万円 120-170万円
40-44歳 700-800万円 45-55万円 150-200万円
45-49歳 750-850万円 50-60万円 150-200万円
50-54歳 800-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

学歴社会の色合いが薄いホンダでも、最終学歴による年収の差は多少は存在。年齢別年収の目安は上記の通り。

一方で昇進のスピードは比較すると遅い。そのため、同じ正社員という形でも平均年収は大卒・院卒よりは低い。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」かそれ以上なのは確か。

20代で400万円台前半、30代で500~600万円、40代で700~800万円台、50代で800万円台が相場と考えられる。

大卒、院卒、高卒、短大卒ごとの年収の差

本田技研工業では大卒・院卒、そして専門学校卒・短大卒も採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

Hondaグループの初任給

・学部卒:月給218,700円
・修士了:月給245,000円
・高専卒:月給195,600円

※本田技研工業、本田技術研究所、ホンダエンジニアリング、ホンダアクセスの4社共通

出典:リクナビ2021

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

最終学歴よりもこれらの要素によって給料水準が高い人と低い人が出る。

もっとも、全体的には年収水準は「総合職>業務職」の構造。


広告

子会社は年収が低い

本田技研工業の関連会社

上記で取り上げた本田技研工業の年収の事情に関しては、本田技術研究所、ホンダエンジニアリング、ホンダアクセス以外のグループ会社(子会社)は含まれない。

子会社の例として代表的な会社は以下の通り。

  • 浅間技研工業
  • アリス三洋
  • ウエムラテック
  • エムビーエイ
  • 希望の里ホンダ株式会社
  • 合志技研工業株式会社
  • ゴウシテック
  • 新日工業株式会社
  • スミレックス
  • ヒロセ精工
  • ホンダエレシス
  • 本田金属技術株式会社
  • ホンダ ソルテック
  • ホンダ太陽
  • ホンダロック
  • 株式会社MAP(ホンダトレーディング関連会社)
  • 株式会社MAP狭山(ホンダトレーディング関連会社)
  • TDEC(旧社名:水谷精器工業株式会社)
  • メッツ
  • 八千代工業株式会社
  • ユタカ技研
  • ワイジーテック
  • アイキテック
  • アツミテック
  • エイチワン
  • エフ・シー・シー
  • エフテック
  • エム・エス・ディ
  • ジーテクト
  • 金田工業株式会社
  • ケーヒン
  • ショーワ
  • スチールセンター
  • 田中精密工業
  • 都筑製作所
  • テイ・エステック
  • 日信工業
  • ベステックスキョーエイ
  • 増田製作所
  • 丸順
  • 武蔵精密工業
  • 柳河精機
  • 山田製作所

基本的にHondaグループに該当する本田技研工業などと比べると社員の給料水準は低い傾向。

年収の違いがいくらくらいかというと、同年齢の平均値では100~250万円ほど安いと推定。