八千代工業の平均年収は約700万円! 職種・年齢ごとでも算出

yachiyo-salary

八千代工業の平均年収は約700万円。自動車関連メーカー、製造業全体としては高い方に分類される。

基本給、ボーナス支給額ともに大手企業としてはやや上位。Hondaグループの中でも本田技研工業以外では上位勢に入る。

社員個人の給料水準は事務系・技術の違いはないが、総合職・技能職・契約社員(期間工)で大きく異なる。期間工などの契約社員は給料体系そのものが別。


公式の平均年収は751万円

年収700万円(上級階級)
八千代工業の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2018年 7,508,150円
2017年 7,126,223円
2016年 6,860,850円
2015年 6,720,836円
2014年 6,882,646円
2013年 6,813,296円
2012年 6,793,500円

八千代工業の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2018年度では725万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700万円前後で推移。主要株主の本田技研工業よりは低い金額だが、他のHonda系列の部品メーカーと比較すると上位勢。自動車関連企業全体と比較していも完全に上位勢に入る。

完成車メーカーと比較しても、マツダ・スズキなどと同じ水準。世界のトヨタと言われるように給料体系も高いトヨタグループ各社と比べても、トヨタ紡織、トヨタ車体などと類似した金額。

上記の年収には基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当など)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回のボーナスの水準が高い(2019年は年間4.5か月)ことから、年収ベースでは自動車業界ではやや低い方。ティア1(一次下請け)でも低め。

年収データには正規雇用(正社員)のみならず、期間工などの契約社員も含まれる。逆に派遣社員は含まれない。

年収偏差値

八千代工業の年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(大卒・院卒) 65 上場企業の中ではやや上位
技術系(大卒・院卒) 65
技能職 55 上場企業の平均
契約社員 45 中小企業の正社員並み

八千代工業の平均年収を偏差値にすると、総合職は65、技能職は55、期間工などの契約社員で45。

一般企業で「総合職」と言われる事務系・技術系いずれも社内で給料水準が最も高いため、上場企業の中でも比較的高い金額。偏差値65がこれに当たる。

高卒採用が中心の技能職は逆に基本給がやや低めということもあるが、上場企業の総合職の平均的な給料水準で、年収偏差値55にはなる。

期間工などの契約社員は下がる。他社と同じく正社員と非正規労働者では天と地の差がある。

他社と比較して

八千代工業

八千代工業は完成車メーカーではなく関連企業(部品メーカー)のため、完成車メーカーである本田技研工業と比べると給料体系は下がる。

もちろん、トヨタ自動車日産自動車と比べても若干低い給料体系。

一方でスズキマツダSUBARUよりはやや高い金額、大手3社以外は平均的な年収は700万円には届かないため概ね勝る。三菱自動車工業とは同水準。

完成車メーカーでも業界最大手級以外と比較すると、関連企業である八千代工業でも年収面では劣らない。

その一方、それ以外は平均的な年収は700万円には届かないため概ね勝る。

Honda系列のショーワユタカ技研と比べても高め。

ボーナス

ボーナス4.5か月

八千代工業ではボーナスは社員平均で年間で基本給の4.5か月分が支給された。(2019年実績)

自動車業界では、ボーナスの面ではかなり低め。他社では概ね5か月以上は支給されている。

例年も八千代工業のボーナスは4か月台で推移。ティア1(一次下請け)の各社でも5か月前後で推移。ティア2(二次下請け)辺りになってようやく4か月台になる。

こう考えると、八千代工業は賞与面では他社に劣るのがわかる。

なお、主要な取引先がHonda系の自動車関連企業のため、企業の売上も基本的に本田技研工業などの自動車業界全体の動向に比例する。

総合職(大卒・院卒)

年収偏差値65
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

総合職の全部門の年齢ごとの推定年収。全体の平均年間給与は700~800万円程度と推定。

大卒・院卒向けの総合職は八千代工業の中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

コースは大きく分けて文系が主流の事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

深夜勤務や休日出勤の有無、残業時間によっても異なるものの、平均年収が高いのは確定。

事務系

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 営業
  • 購買
  • 経理
  • ICT(情報通信技術)

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が400~700万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円が相場。

企業規模が巨大で収益も高いため、平均年収も同年代の中では大幅に高い水準に達する。

総合職だけで比較しても、自動車関連企業(部品メーカー等)の中では上位勢に入る。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

技術系

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 研究
  • 開発
  • 設計
  • 生産技術

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

年齢別年収は同じく、20代で400~700万円、30代で700~900万円、40代で800~1,200万円、50代で800~1,200万円。

専門分野が職種ごとの異なるとはいえ、給料体系の優劣はない。

高卒職種

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 20-22万円 75-95万円
25-29歳 400-500万円 20-25万円 800-120万円
30-34歳 500-650万円 25-30万円 100-150万円
35-39歳 550-700万円 25-35万円 120-170万円
40-44歳 600-750万円 30-40万円 150-200万円
45-49歳 700-800万円 40-60万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

技能職は高卒向けの採用。年齢別年収の目安は上記の通り。全体では600~700万円と推定。

最終学歴による違いがあるため、年収の幅も大卒・院卒の総合職とは大きくなる。主な仕事内容は設備、品質、工場管理など、製造現場での業務。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても比較的高い金額。世間一般の総合職の平均的な水準にのぼる。

20代で400万円台前半、30代で500~750万円、40代で700~800万円台、50代で800~900万円が目安。

契約社員(期間工など)

年収偏差値45
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 15-20万円
25-29歳 350-450万円 15-25万円
30-34歳 350-450万円 20-25万円
35-39歳 350-450万円 20-30万円
40-44歳 400-500万円 25-35万円
45-49歳 400-500万円 25-35万円
50-54歳 400-500万円 25-35万円
55-59歳 400-500万円 25-35万円

非正規労働者に当たる期間工などの契約社員の年齢別年収の目安は上記の通り。全体の平均年間給与は400~450万円程度と推定。

20代で300~400万円。30代は350~450万円が主力。40代、50代は400~500万円。

若年層に当たる20代こそは正規雇用との差はそれほど大きくはならず、世間一般の新卒採用者と大差ない金額。

しかし30歳前後になると正規労働者との差が拡大。社会の中でも低所得者に当てはまり、中小企業の正社員並みかそれよりも低い水準になる。

契約社員にはボーナスはまったく支給されない。あくまでも正社員にのみ支給される手当。


広告

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

八千代工業では、総合職大卒・院卒・高専卒、技能職は高卒、専門卒、短大卒が中心。初任給は最終学歴によって差が見られる。

八千代工業の初任給

大学院修了      月給  21万7,960円
大学卒     月給  20万0,860円
短大・専門・高専卒 月給  18万2,910円
(2020年度実績)

出典:リクナビ2021

他社と同じように全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒>高卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

大卒・院卒でも定年まで平社員の人と、高卒だが管理職に昇進した人では、後者の方が最終的な年収は高くなる。