トヨタ自動車東日本(TMEJ)の平均年収は約650万円と推定

トヨタ自動車東日本

トヨタ自動車東日本(TMEJ)の平均年収は推定で約650万円。

自動車メーカーでは平均より若干高めの金額。基本給、ボーナス支給額はトヨタ自動車本体より若干低め。

それでもトヨタグループでは比較的上位に入り、自動車関連企業の中でも給料体系は平均以上。

社員個人の給料水準は職種によって異なり、大卒・院卒向けの職種(事務職・技術職)と高卒(いわゆる業務職)では異なる傾向がある。


平均年収は650万円前後と算出

年収650万円の階級

トヨタ自動車東日本はトヨタグループ(トヨタ自動車を中核とした企業グループ)で非上場。ゆえに有価証券報告書は公表されていない。年間平均給与も公式のものは非公開となっている。

推定では年収は全従業員で換算すると600万円前後になる。これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当・深夜勤務手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回(7月と12月)のボーナスも低い金額ではない(2018年は5.5か月)。

こうした事情から業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均650万円前後には達すると推定。

年収偏差値

トヨタ自動車東日本の年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系総合職 60 上場企業の中では平均より上
技術系総合職 60
高卒(技能職) 55 大企業の平均並み

トヨタ自動車東日本の平均年収を偏差値にすると、総合職は60、高卒は55、期間工などの契約社員は45。

総合職(大卒・院卒向けで採用された場合)は事務系・技術系いずれも核となる職種ということもあって大幅に給料が高い水準。将来的な幹部候補でもある。上場企業の平均的な金額。偏差値60がこれに当たる。

高卒に関しても大卒以上に比べると劣るものの、上場企業と比較しても悪くはなく、最終学歴が高卒に絞った場合はむしろ高め。

他社と比較して

自動車業界の他社

トヨタ自動車東日本の場合は名称に「東日本」と付いていることもあって、下請けというイメージがあるかもしれない。

しかし、実際には完成車の生産を行っている。愛知県にあるトヨタ自動車豊田自動織機本体に比べると、立ち位置では子会社に当たるため、年収も少ないのは確か。

ただ、それでも年収は世間的なイメージほど低くはない。

日産自動車本田技研工業と比べても低い給料体系だが、スズキマツダSUBARU三菱自動車工業などとは大差ない。

立地は宮城県・岩手県・静岡県で都市部ではないことを考えると、年収は決して低くはない。

参照:<早見表>自動車業界の平均年収を各社ごとに一覧化

ボーナス

ボーナス5.2か月分

トヨタ自動車東日本のボーナスは年間で基本給の5.5か月分が支給された。(2018年実績)

例年も年間で5~6か月分で推移。トヨタグループの中では平均的な基準で、自動車業界でも標準的。

総支給額は子会社ということもあってトヨタ自動車よりは劣るものの、自動車関連企業(完成車メーカーではない会社)の間ではむしろ高い方に分類される。

参照:<一覧表>自動車メーカーのボーナスの支給額の実績

総合職

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

上記は大卒・院卒向けの職種の年齢ごとの推定年収の目安。全体では600~700万円と推定。

トヨタ自動車東日本の中でも最も給料体系が高い職種。他の主要なトヨタグループと同水準。

将来的な幹部候補とする職種で、実際に昇進して管理職に就く人も多いため、平均年収も高めの金額。

年齢が上がると範囲が大きくなるのは、各個人の役職やスキル、勤続年数による違いが大きくなるため。

それでも昇給のシステムはどちらかというと成果型というより年功序列型。

事務系

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 人事
  • 経理
  • 調達
  • 総務
  • 広報
  • 情報システム
  • 生産管理
  • 工場管理

主に文系を対象とするのが事務系。

事務職は名前の通り管理部門(事務関連)を対象とした職種。

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~500万円、30代は500~800万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

40歳辺りになると、特に管理職で1,000万円級になる社員が出てくる。逆に役無しだと600~700万円前後にとどまる。

技術系

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 製品企画
  • デザイン
  • ボデー・内装・機能・電装部品・福祉車両設計
  • 材料技術
  • 衝突安全・振動騒音・強度に関するCAE解析及び実験評価
  • 試作、プレス、ボデー、化成、塗装、組立等の生産準備及び工場技術
  • 品質保証

理系の学部学科を出ている人を対象とする技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~500万円、30代は500~800万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

理系職種の場合は学部卒よりも大学院卒の社員の割合が大きいため、その分平均年収も事務系より若干高めになりやすい。

それでも30代以降になると最終学歴による違いはあまり影響せず、役職や評価による要素が大きくなる。

技能職

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-500万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 550-650万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 550-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

技能職は主に高卒向けの採用での年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500~600万円と推定。

トヨタ自動車東日本も総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

20代で300~500万円、30代で500~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」と表現可能。


広告

最終学歴ごとの年収の差

最終学歴

トヨタ自動車東日本では、公募されている事務職・技術職は院卒・大卒(学部卒)・高専卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

トヨタ自動車東日本の初任給

大学院卒    /230,000円
大学卒      /208,000円
高専卒     /190,000円
専門・短大卒 /167,000円

出典:リクナビ2021

全体的には年収水準は「大卒・院卒>高専卒>高卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

大卒・院卒でも定年まで平社員の人と、高卒だが管理職に昇進した人では、後者の方が最終的な年収は高くなる。