マツダの平均年収は約650万円! 職種・年齢ごとでも算出

マツダ

マツダの平均年収は約650万円(正社員のみ、2018年は677万円)。自動車メーカー、上場する製造業全体としては平均的な金額。

基本給、ボーナス支給額は他の自動車完成車メーカーより低め。それでも完成車以外の製造業の中では平均以上。

社員個人の給料水準は職種によって異なり、大卒・院卒向けの職種(事務系・技術系)と高卒(いわゆる業務職)では異なる傾向がある。期間工など契約社員は非正規労働者のためさらに低い。


公式の平均年収は677万円

年収650万円
マツダの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収金額
2018年 6,769,000円
2017年 6,803,000円
2016年 6,846,000円
2015年 6,812,000円
2014年 6,704,000円
2013年 6,290,000円
2012年 5,728,000円

マツダの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2018年度では677万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも570~680万円の範囲で概ね推移している。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当・深夜勤務手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回のボーナスの水準が高い(2019年は半期で2.65か月分、合計5.3か月分)ことから、年収ベースではむしろ同業他社よりも高い。(※例年は半期で2.5か月、年間5.0か月)

なお、この677万円は総合職の他、高卒などを対象とする業務職のいずれも含んだ総合値である。新卒採用・中途採用の区分もなく、大卒・高卒といった最終学歴の違いもまったく加味していない。

年収データには正規雇用(正社員)のみならず、期間工などの契約社員も含まれる。逆に派遣社員は含まれない。

年収偏差値

マツダの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(総合職) 60 上場企業の中では平均
技術系(総合職) 60
高卒(業務職) 55
契約社員(期間工など) 45 中小企業並み

マツダの平均年収を偏差値にすると、総合職は60、高卒は55、期間工などの契約社員は45。

総合職は事務系・技術系いずれも大幅に給料水準が高い。上場企業の中では平均的な金額。偏差値60がこれに当たる。

高卒に関しても大卒以上に比べると劣るものの、上場企業としては悪くはない。

ただし、トヨタ自動車日産自動車本田技研工業よりも低い。

期間工などの契約社員、あるいは派遣社員は低い。非正規労働者として、中小企業の正社員並みの給料水準にとどまる。

ボーナス

ボーナス5.3か月分

マツダのボーナスは基本給の5.3か月分が支給された。(2019年実績)

例年も年間で5か月分くらいで推移。ここ最近はデザインが欧州車に似ていてかっこいいということで販売が好調なため、ボーナスはやや高め。

ボーナスの金額はトヨタ、日産、ホンダなどの自動車メーカーの上位勢と同じくらい。

総合職

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの職種の年齢ごとの推定年収の目安である。全体では700~800万円と推定。

他社では「総合職」に該当する職種だが、マツダの中でも最も給料体系が高い職種。

勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

給料は業界平均だと思います。多くなく少なくもなく。いろいろ不満をもつ社員もいますが他会社を知らない為の発言のような気がします。福利厚生は弱いですが、普通に生活する分には問題はありません。自社製品購入については社員用のローン等補助がありますので、買いやすいと思います。ボーナスについてはこれも特に不満はありません。ビッグメーカーに比べて安いですが、会社規模に見合ったものだと思います。特に不満はありません。

引用:カイシャの評判「マツダ株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)

ただ、年収に関する口コミサイトでは給料が安いといった声が目立つ。同業他社(トヨタ・ホンダ・日産を指す)に比べると劣り、ボーナスの面も販売実績の割には低いという見方がある。

ただ、上場企業としては平均以上にはなる。あくまでも完成車メーカーの中での比較に過ぎない。

「完成車メーカーでは最下位」といった表現が目立つが、少なくともSUBARUよりは高いのは確定。

事務系総合職

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 商品企画
  • 経営企画
  • 財務・経理
  • 海外及び国内販売・マーケティングセールス
  • 購買、人事・労務、広報
  • 生産管理・物流
  • 法務・総務
  • IT

主に文系を対象とするのが事務系。

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が400~700万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円以上の社員が増える。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

技術系総合職

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 先行研究
  • 商品企画
  • 車両開発
  • パワートレイン開発
  • 統合制御システム開発
  • 生産技術
  • 生産
  • 品質保証
  • IT

理系の学部学科を出ている人を対象とする技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が400~700万円台。それ以降は上昇幅が大きくなる。

30代で早くも年収600万円以上になってくる人が主流派になり、最高だと900万円ほどになる。

40代からはさらに年収1,000万円以上の社員が増える。役無しの社員でも700万円は濃厚。

50代になるとやや下がる人も出てくるが、それでも大卒・院卒なら年収800万円以上にはなる推定。

転居を必要とする異動などの勤務条件は事務系とほぼ同じ。

平均年収は同年代の中では高い水準に達する。大手企業の技術職と比較しても良好な水準。

同様に各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、上記の表が1つの目安になる。

高卒・高専卒職種

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 400-500万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-650万円 40-45万円 120-150万円
35-39歳 550-700万円 45-50万円 120-170万円
40-44歳 600-750万円 45-55万円 150-200万円
45-49歳 700-800万円 50-60万円 150-200万円
50-54歳 800-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

高卒向けの採用での年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500~600万円と推定。

総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。そのため、同じ正社員という形でも平均年収は低め。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」かそれ以上なのは確か。

工場勤務では深夜勤務や早朝勤務などによって給料が巷の企業よりは高くなりやすい。

手当を考慮しない場合、20代で300~500万円、30代で550~700万円、40代・50代で600~900万円台が目安。

契約社員(期間工など)

年収偏差値45
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 200-350万円 15-20万円
25-29歳 250-400万円 15-25万円
30-34歳 300-400万円 20-25万円
35-39歳 350-450万円 20-30万円
40-44歳 400-500万円 25-35万円
45-49歳 400-500万円 25-35万円
50-54歳 400-500万円 25-35万円
55-59歳 400-500万円 25-35万円

非正規労働者に当たる期間工などの契約社員の年齢別年収の目安は上記の通り。全体の平均年間給与は300~350万円程度と推定。

20代で200~400万円。ここはまだ世間一般の正社員との給料の差は比較的小さい。

30代になると300~450万円が主力。徐々に正社員との差が拡大。

40代、50代は400~500万円。この年齢になると社会の中でも低所得者に該当。中小企業の正社員よりも低い水準。

契約社員にはボーナスはまったく支給されない。あくまでも正社員にのみ支給される手当。

収入の目安は基本的に中小企業の平均的な正社員に近いが、特に年齢が上がるほど給料の安さが表立つ。

深夜勤務や早朝勤務などがあれば年収は上がるが、そうではない場合だと低め。

最終学歴ごとの年収の差

マツダでは総合職では大卒・院卒、業務職はそれに加えて専門学校卒・短大卒も採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

マツダの初任給

博士了 264,500円/月
修士了 232,000円/月
大学卒 210,000円/月
高専卒 185,000円/月
短大・専修(3年課程)卒 182,000円/月
短大・専修(2年課程)卒 179,000円/月

出典:リクナビ2021

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

最終学歴よりもこれらの要素によって給料水準が高い人と低い人が出る。

もっとも、全体的には年収水準は「大卒・院卒>高専卒・高卒」の構造。


広告

子会社は年収が低い

上記で取り上げたマツダの年収の事情に関しては、グループ会社(子会社)は含まれない。マツダ株式会社のみを対象。

子会社の例として代表的な会社は以下の通り。

  • マツダ中販
  • マツダモーターインターナショナル
  • マツダエース
  • マツダロジスティクス
  • 倉敷化工
  • マツダE&T
  • トーヨーエイテック
  • マツダクレジット
  • ヨシワ工業

基本的にマツダ本体と比べると社員の給料水準は低い傾向。

年収の違いがいくらくらいかというと、同年齢の平均値では100~250万円ほど安いと推定。