UDトラックスの平均年収は約600万円! 職種・年齢別で算出

UDトラックス

UDトラックスの平均年収は約600万円と推定。自動車メーカーでは低めの金額。

基本給、ボーナス支給額は完成車メーカーの上位勢であるトヨタ・日産、ホンダよりは低いことはもちろん、トラックメーカーのいすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バスよりも低いと推定。

本社採用(いわゆる総合職)、メカニック(整備部門)それぞれの目安を算出。


推定平均年収は650万円

年収650万円の階級

UDトラックスはスウェーデンの多国籍企業・ボルボ・グループの子会社で非上場。ゆえに有価証券報告書は公表されていない。年間平均給与も公式のものは非公開となっている。

推定では年収は全従業員で換算すると600万円前後になる。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当・深夜勤務手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回のボーナスも低い金額ではない(2019年は半期で2.35か月分、合計4.7か月分)。

年収偏差値

UDトラックスの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務職(本社採用) 60 上場企業の平均水準
技術職(本社採用) 60
メカニック 55 中小企業並み

UDトラックスの平均年収を偏差値にすると、総合職は60、メカニックは55。

本社採用で一般的な会社にて総合職に当たる事務系・技術系いずれも全従業員では給料は高め。上場企業のの中では平均的な金額。年収偏差値に換算すると60。

メカニックは各地方ごとの採用だが、給料体系は本社採用と比べると低め。上場企業では下位になる。それでも中小企業を含めた国内の労働市場では平均以上。

昇給の仕組みはどちらかというと年功序列型。年齢が上がるにつれて給料が上がる企業でもある。

ボーナス

ボーナス4.7か月分

UDトラックスのボーナスは基本給の4.7か月分が支給された。(2019年実績)

世界的な景気動向で大きく左右されるが、例年も同じく年間4か月強で推移。

一方の乗用車メーカーは軒並み5か月以上は出ているため、他の完成車メーカーと比較すると低め。トラックメーカーでもいすゞ自動車よりも低い。

さらに、世界経済が不景気になると一気に下がるのも確か。

本社採用(総合職)

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

上記は大卒・院卒向けの本社採用の年齢ごとの推定年収の目安。全体では600~700万円と推定。

一般的に「総合職」に該当する職種。大きく2つに分けると事務職・技術職に分類される。いずれも給料体系の違いはない。

元々の基本給が高いこと、昇進のスピードも速いことから、年収も比較的高い水準で推移。

平均年収は同年代の中では高い水準だが、大手企業では平均的な金額。

それでも基本給・ボーナスともに上位勢の自動車メーカーより低いのは確か。

事務系

事務系総合職

UDトラックスは外資系企業のため、国内企業のように「事務系総合職」「技術系総合職」といった名称は使用していない。

一般的な事務系統に当たるのが以下の職種。

  • LD:アフターマーケット物流分析・開発 Logistics Developer(物流部門)
  • OA:サプライチェーン 業務分析・戦略企画 Operation Analyst (物流部門)
  • GTP:部品調達 バイヤー Purchasing Buyer (調達部門)
  • HR:人事 Human Resources (人事部門)
  • BO:会計・財務 Accounting/Finance (ファイナンス部門)
  • RTA:車両認証部 Certification Specialist (開発部門)
  • PPL:商品企画 Future Business Analysis (開発部門)
  • LG:製造物流・部品管理 Logistics, Production Parts Controller (生産部門)

主に文系の学部出身者を対象とした職種。

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~500万円、30代は500~800万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,000万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

技術系

技術系総合職

技術系統では主に以下の部門が該当。

  • VE1:車両開発キャブ設計部 CAB Interior Engineer (開発部門)
  • VE2:車両開発 プロジェクト統括部 Vehicle Analysis Engineer (開発部門)*大学院卒者歓迎
  • VE3:車両開発 電子電装部 EE Product Owner (開発部門)
  • PE1:エンジン開発 検証・実験部 PE Verification Engineer (開発部門)
  • PE2:エンジン開発 設計部 Engine Engineer (開発部門)
  • FVV:車両評価部 Test Engineer (開発部門)
  • ME:生産技術 Manufacturing Engineer (生産部門)

理系の学部学科を出ている人を対象とする技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

同様に、20代で300~500万円、30代で500~800万円、40代で700~1,000万円、50代で800~1,000万円の範囲に入ると推定。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

勤務条件や最終学歴は本社採用はいずれもほぼ同じなため、給料体系もほとんど同じ。同様に各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるが、全体像としてはこのような金額。

メカニック

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 20-40万円
25-29歳 350-400万円 25-30万円 20-70万円
30-34歳 400-550万円 30-35万円 70-90万円
35-39歳 450-700万円 35-40万円 80-120万円
40-44歳 550-800万円 35-40万円 80-120万円
45-49歳 600-850万円 40-45万円 90-150万円
50-54歳 600-900万円 40-55万円 90-150万円
55-59歳 600-850万円 40-55万円 70-120万円

メカニックとは、他の企業で言う「専門職」。具体的に言うと整備部門に当たる。

年齢別年収の目安は上記の通り。全体では550~650万円と推定。

本社採用の職種に比べると給料体系は低め。したがって、年収も本社採用よりも低い金額になる。

世間一般と比較すると、上場企業としては平均かちょっと下くらい。中小企業を含めた社会全体ではやや上になる。

20代で300~400万円、30代で400~700万円、40代・50代で550~900万円台が目安。


広告

最終学歴ごとの年収の差

UDトラックスでは、事務職・技術職は院卒・大卒(学部卒)を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

UDトラックスの初任給

修士了:月給 236,300円
学部卒:月給 214,300円

出典:リクナビ2021

全体的には年収水準は「院卒>大卒>高卒」の構造。

もっとも入社5年後くらいになると役職の有無やポジションによる違いが大きくなってくる。前述の年収の目安表の金額が年齢が上がるごとに範囲が拡大するのもこのため。