市光工業の平均年収は約600万円! 職種・年齢ごとでも算出

市光工業

市光工業の平均年収は約600万円。自動車関連メーカー、製造業全体としては高くも低くもない「ふつう」に分類される。

基本給、ボーナス支給額ともに大手企業としては標準的。

社員個人の給料水準は事務系・技術の違いはないが、総合職・技能職で大きく異なる。


公式の平均年収は640万円

年収600万円(上級階級)
市光工業の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 6,416,426円
2018年 6,373,785円
2017年 6,267,828円
2016年 6,211,716円
2015年 5,524,774円
2014年 5,540,889円
2013年 5,898,810円
2012年 5,273,327円

市光工業の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では641万円という金額が出ている。

自動車向け主に灯火類(ライト)とミラーを手掛ける。世界で初めて電動格納ドアミラーを開発した企業。

過去8年間では、2012~2015年までは500万円台、2016~2019年は600万円台で推移。自動車完成車メーカーが主要な得意先だが、これらよりは給料は低め。

1次関連企業でも平均的な金額。自動車業界のみならず、上場企業全体の中でも平均的な水準。

上記の平均年収には基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当・住宅手当・休日出勤手当など)などすべてが含まれている。

各種手当には、具体的には家族手当、時間外手当、通勤手当、特殊作業手当、交替勤務手当、特別地域勤務手当、別居手当、寒冷地手当、食事手当、派遣手当、出向手当、講師手当、指導員手当がある。

夏と冬の年2回のボーナスの水準が高い(2019年は年間5.3ヵ月)ことから、年収ベースで製造業(上場)ではやや高め。自動車業界でも他社に劣るほどではない。

年収データには正規雇用(正社員)のみならず、期間工などの契約社員も含まれる。逆に派遣社員は含まれない。

年収偏差値

市光工業の年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系(大卒・院卒) 60 上場企業で平均より若干上
技術系(大卒・院卒) 60
技能職 55 大企業の平均並み

市光工業の平均年収を偏差値にすると、総合職は60、実務職と技能職は55。

一般企業で「総合職」と言われる事務系・技術系いずれも社内で給料水準が最も高いため、上場企業の総合職では平均的、社員全体ではやや上位になり、偏差値60がこれに当たる。

上場企業の総合職採用の中では平均的な水準。高くはないものの低くもない。中小企業を含めた大卒・院卒全体では若干高めの水準。

高卒採用が中心の技能職は逆に基本給がやや低めということもあるが、上場企業全体の平均的な給料水準で、年収偏差値55。

他社と比較して

自動車業界の他社

市光工業はライトやミラーを製造する企業のため、自動車関連企業(完成車メーカーではない)に分類される。乗用車メーカーと比べると収益性に劣る。

トヨタ自動車をはじめ、日産自動車本田技研工業マツダSUBARUスズキ三菱自動車工業にも劣る。

完成車メーカー各社は製造業の中でも全体的に高め。収益性が完成車優位の市場では、関連企業がそれより年収面で上位に立ちのは難しい。

その一方、一般的な製造業そのものは、上場企業でも平均年収は600万円前後で毎年推移している。市光工業も平均並み、高くもないが低くもない。

他の自動車関連企業(完成車メーカーではない企業)としても平均的、決して低くはない。

有名なところでは、ジーテクトケーヒンユニプレス日産車体マレリ(旧カルソニックカンセイ)、河西工業などと同水準。

ボーナス

ボーナス5.3か月分

市光工業ではボーナスは社員平均で年間で基本給の5.3か月が支給された。(2018年実績)

例年もボーナスは年間で基本給の5か月台前半ほどで推移。世界的な不況で経済が大きく落ち込まない限りはそれ未満にはなりにくい。

年間の賞与基準は世間一般で見たらやや高めの金額。上場する自動車部品メーカーでは、ボーナスの平均は年間で5か月ほど。

市光工業もそれに付随する。社員からの賞与面での賛否はどちらもあるが、他社に劣る要素は少なくともない。

ただし、世間的に不景気になると一気に減額される。自動車業界は特に世界経済の動向に左右される産業。ボーナスの変動幅も大きいのは確か。

総合職(大卒・院卒)

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

上記は総合職(大卒・院卒向けの職種)の年齢ごとの推定年収の目安。全体では600~700万円と推定。

総合職は市光工業の中でも最も給料体系が高い職種。世間的に同年代で比較すると若干上位になる。

管理職となれば年収1,000万円以上になる人も出てくる。一方、係長級以下の労働組合員ではまずなく、最高で800万円ほどが上限。

職種は総合職でも大きく分けて文系が主流の事務系と理系が中心の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

残業時間(時間外手当)や扶養家族の有無(家族手当)によっても異なってくるが、概ね上記の範囲に入る。

事務系

事務系総合職

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。管理部門が中心。

  • 営業
  • 生産技術(生産計画・工程管理・納期・物流管理)
  • 総務・人事
  • 経理

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が300~500万円、30代は500~800万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円の範囲に入る。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

技術系

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 製品設計(自動車電装製品・電子関連製品の設計、電子関連応用製品の回路設計)
  • 研究開発(技術・製品開発の研究)
  • 品質保証・製品試験の指導・管理
  • 生産技術
  • 材料開発

理系の学部出身者が対象の技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

年齢別年収は同じく、20代で300~500万円、30代は500~800万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円。

専門分野が職種ごとの異なるとはいえ、給料体系の優劣はない。

技能職(高卒)

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-500万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 500-650万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 550-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

高卒向けの技能職の採用での年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500~600万円と推定。

主な仕事内容は、組立、機械加工、検査などで工場の製造現場での勤務が主流。

20代で300~500万円、30代で500~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。


広告

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

市光工業は、総合職大卒・院卒・高専卒、技能職は高卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

市光工業の初任給

  • 大学院了    227,500円
  • 大卒      208,500円
  • 高専卒     183,000円
  • 短大卒     176,500円
  • 専門卒(二年制) 178,500円

出典:マイナビ2021(020年4月度実績)

高卒向けの技能職は採用枠は非公開。特定の高校に限って募集がいく仕組み。

他社と同じように全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒>高卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

大卒・院卒でも定年まで平社員の人と、高卒だが管理職に昇進した人では、後者の方が最終的な年収は高くなる。