住友電装の平均年収は600万円、賞与は5.5ヶ月分

平均年収が約600万円の住友電装

住友電装の平均年収は約600万円。ボーナス(賞与)は、2019年度は5.16ヶ月分が支給。

住友グループのワイヤーハーネス(車載用組電線、車の電装品やエンジンを結ぶ回路)を製造する企業だが、大手企業ではやや低い方に分類され、自動車部品メーカーではふつう。

親会社の「住友電気工業」とはまた別の会社で、給料も全く異なる。(=平均年収は803万円、住友電装よりも約200万円高い金額)


公式の平均年収は620万円

平均年収620万円の目安
住友電装の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2008年以降 非上場により非公開
2007年 6,200,000円
2006年 6,170,000円

住友電装の平均年収は非公開。2007年5月に住友電気工業の完全子会社となったため、有価証券報告書にて公表されていないのが理由。

2007年度は620万円、2006年度は617万円という結果が出ている。親会社の住友電気工業や主要取引先のトヨタ自動車などを参考にすると、2019年度もこれに近い金額になると推定。

過去7年間ではいずれも概ね600万円前後で推移。傾向は「横ばい」、上がっても下がってもない。

上場する製造業、あるいは製鋼業、重機メーカーと比べると標準的な金額。高くも低くもない。しかし、総合電機メーカーの中では見劣りする。(後述)

これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、通勤手当、家族手当、家賃補助手当、食事手当)などすべてが含まれている。

なお、親会社の住友電気工業の平均年収は803万円だが、住友電装とは給料体系が異なる。

ボーナス

ボーナス5.16ヶ月分(住友電装)

2019年度の住友電装の年間賞与は5.16ヶ月分

住友電装では組合員平均で年間5.16ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

例年も5ヶ月分前後で推移する。中小企業を含めた製造業全体ではやや高めだが、上場企業に限れば「やや高い」範囲。

自動車関連メーカーでは、上場企業だと年間4~6ヶ月分が支給されるため、平均よりは高い基準。完成車メーカー各社に迫るほど。

自動車メーカーの賞与実績は以下の通り。

  • トヨタ自動車:6.7か月分
  • 日産自動車:5.7か月分
  • 本田技研工業:6.3か月分
  • マツダ:5.2か月分
  • SUBARU:5.6か月分
  • スズキ:5.8か月分
  • ダイハツ工業:5.7か月分
  • 三菱自動車工業:5.0か月分

上記は2019年度の完成車メーカー各社の年間賞与の実績。

住友電装は三菱自動車工業よりは賞与の基準が高く、マツダに迫る勢いなのがわかる。

年齢別の年収の目安

住友電装では「総合職」と「一般職(技能系含む)」の2つの採用区分がある。

総合職は大卒・院卒・高専卒を対象とする。一般職は主に高卒を採用対象とする。

前者は幹部候補で、後者は総合職のアシスタントや製造現場での業務が中心。給料体系もそれぞれでは異なる。

総合職(大卒・院卒・高専卒)

年収偏差値60

住友電装の大卒・院卒・高専卒を対象とした総合職の年齢ごとの推定年収は平均で600万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

有価証券報告書に記載のとおり、平均すると600万円強に入るはず。

年齢別では、20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

40代以降は最高で1,000万円以上に達するものの、これはあくまでも管理職になれた人の話。平均すると1,000万円には遠く及ばない。

新卒採用の時点では、文系が主流の事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

残業時間、家族手当の有無によっても異なるものの、給料体系には違いはない。

技能職(高卒)

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

高卒が主流の製造現場(技能職)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500万円と推定。

総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」と表現可能。

一般職

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 75-95万円
25-29歳 300-400万円 20-25万円 90-120万円
30-34歳 450-550万円 25-35万円 100-150万円
35-39歳 500-600万円 30-40万円 100-170万円
40-44歳 600-700万円 35-45万円 120-200万円
45-49歳 600-800万円 40-50万円 150-200万円
50-54歳 600-800万円 40-50万円 150-200万円
55-59歳 600-800万円 40-50万円 120-200万円

一般職の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500~600万円と推定。

大卒を対象とする職種だが、総合職と比較して昇進のスピードは比較すると遅い。仕事内容も総合職をアシスタントする内容。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても一般職では「並み」かそれ以上なのは確か。

20代で300~400万円、30代で450~600万円、40代・50代で600~900万円台が目安。

総合職は男性が多い一方、一般職はほとんどが女性。


広告

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

住友電装の初任給は最終学歴によって差が見られる。

住友電装の初任給

  • 院卒(修士了):240,500円
  • 大卒(学部卒):214,500円 (一般職は182,000円)
  • 高専卒:202,500円

(2019年4月入社 実績)

出典:マイナビ2021

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。