ボッシュの平均年収は約700万円と推定! 賞与は5.5ヶ月分

ボッシュ

ボッシュの平均年収は700万円と推定。給料体系は電力業界では平均値に近い。外資系の製造業だが、給料水準は同規模の日本の一般的な会社と大差ない。

ボーナスは組合員平均で5.5ヵ月分が支給(2019年度実績)。自動車部品メーカーとしては上位勢。

年収ベースでは上場企業の中では平均より若干高いレベル。自動車系では、SUBARU、マツダ、スズキなどと同程度。


平均年収は700万円前後と算出

ボッシュの年収700万円の階級

ボッシュはカーバッテリー、ワイパーブレード、エアコンフィルター等の自動車部品メーカー、及び電動工具を取り扱い、ドイツに本社を置く企業。

非上場のため、有価証券報告書は公表されていなく、年間平均給与も公式のものは非公開。

推定では年収は全従業員で換算すると700万円前後になる。これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、通勤手当、住宅手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回(6月と12月)のボーナスもかなり高い(2019年は5.5ヶ月分)。

こうした事情から業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均700万円前後には達すると推定。

ボーナス

 

ボッシュの賞与は年間5.5ヶ月分

ボッシュのボーナス社員平均で5.5ヶ月分が支給(2019年度実績)。この点では日本国内の自動車部品メーカーと同じ形式。外資系だからといって、ボーナスが存在しないわけではない。

なお、ボッシュの賞与の計算は固定制と業績連動性の並列方式。

原則として、世間の景気動向に関係なく年間で3..3ヶ月分は保証されている。

それ以降の部分に関しては業績に連動。会社の売上高が良好な年度はさらに加算される。2015年以降は5.5ヶ月分前後で推移。逆に、リーマンショック直後のような時期は3.5ヶ月分ほどにとどまった。

それでも電力業界としては決して低くはない。

火力発電事業は安定した経営になりやすいこともあって、世界的な不況でも業績悪化は少ない。

住宅手当

家賃の75%の補助があるボッシュの住宅手当

外資系としては珍しく、ボッシュでは「住宅手当」が若年層の社員向けにある。主な特徴は以下の通り。

  • 年齢:35歳以下限定
  • 支給期間:最長7年間
  • 家賃補助の支給額:家賃の4分の3(75%)
  • 上限:単身は65,000円、家族は130,000円

具体的には、35歳以下の社員で実家が遠い人向けに7年間支給される。

毎月の家賃の75%の補助金として支給される。さらに、転居の際の礼金、敷金、契約手数料などの初期費用は全額会社負担。

ただし、住宅手当には上限がある。関東地方を例にすると、単身は上限65,000円、家族は上限130,000円に設定されている。

また、35歳を超えると住宅手当は打切りになる。単身者でも、実家から遠く離れている社員でも家賃補助はない。

他社と比較して

ボッシュは上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い方に分類。

給料体系に関しては、親会社が老舗ということもあって年功序列ではなく実力主義の傾向。

自動車部品メーカーとしてはトヨタ系列並みの高収入になりやすい。

自動車関連メーカーではやや高い

自動車関連メーカー

ボッシュの全社員の平均年収は、自動車完成車メーカーに匹敵する。

主な自動車メーカーの平均年収(2018年度)は以下のように公表されている。

  • トヨタ自動車:8,515,525円
  • 本田技研工業:8,198,000円
  • デンソー:8,168,127円
  • 日産自動車:8,154,953円
  • いすゞ自動車:7,663,000円
  • 三菱自動車工業:7,421,000円
  • スズキ:6,814,081円
  • マツダ:6,769,000円
  • 日野自動車:6,670,000円
  • SUBARU:6,632,318円

See Also:<早見表>自動車業界の平均年収を各社ごとに一覧化

トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車こそは800万円台で、ボッシュはここまでは高くないと考える。

一方、SUBARU、マツダ、スズキ、日野自動車などと比べるとやや高め。

自動車部品メーカーという括りでは世界一という会社なこともあり、年収ベースでも相当高いのは確か。

日本法人はドイツ本社の子会社という位置づけだが、それでも本国に大きく劣るわけでは決してない。

総合職(事務系・技術系共通)

年収偏差値65

総合職の平均年収は700万円前後になると推定。事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 400-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 600-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 600-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 700-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 700-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 700-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

ボッシュの中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

基本給・賞与・各種手当を合計した額面金額は、20代が300~600万円、30代は600~900万円、40代は600~1,200万円、50代は700~1,200万円範囲に入ると推定。

全職種共通

ボッシュでは大きく分けて事務系総合職・技術系総合職の採用がある。

詳しい業務内容は以下の通り。

技術系/開発、生産技術、品質保証、営業・プロジェクトマネージメントほか
事務系/マーケティング、事業管理、生産管理、人事

引用:マイナビ2021「ボッシュ(株)」

いずれの職種でも給料水準はほぼ同じ。業務内容そのものでの年収面の差異はほとんどない。


広告

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と高卒

ボッシュの最終学歴ごとの平均年収では、院卒は750万円、大卒は700万円程度になると予想。

大卒・院卒を採用。初任給は最終学歴によって異なるが、スタートの時点で院卒の方が気恩給が高いため、平均年収も「院卒>大卒(学部卒)」の構造。

ボッシュの初任給

  • 修士卒:259,100円
  • 学部卒:218,500円

(2019年4月給与初任給)

院卒と大卒(学部卒)では40,600円の差がある。通常の企業では2万円前後の差学のため、ボッシュの学歴の差での基本給の違いは大きい。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

前述のように、ボッシュでは年功序列ではなく実力主義。

入社数年後には学歴の違いよりも実力の違いの方が大幅に重要。