JR高崎線、やはり頻繁に止まる! その理由は?

東京から大宮、上尾、鴻巣、熊谷などを通って群馬県へと延びる鉄道路線であるのがJR高崎線だ。埼玉県北西部の人々には欠かせない移動手段となっている。




しかし、遅延や運転見合わせが多い路線でもあり、電車が頻繁に止まるとして不評である。天候で止まることがよくあるが、人身事故や架線のショートなどの電気系統の故障による運休も他の路線と比べて多い。

理由としては、そもそもの営業距離の長さにある。2015年からは上野東京ラインが開業したこともあって、東京駅より先の神奈川県内の東海道線とも直通運転を行っている。これにより、他路線の運手状況の悪影響も受けやすい。

高崎線

湘南新宿ラインとして運行している列車が存在する点についても同じことが言える。こちらからの悪影響も受けやすい。

さらに、高崎線内には多くの踏切が設置されている。踏切は渋滞の原因にもなる厄介な場所であるが、事故が起きやすいポイントでもある。人身事故の原因の1つであることは間違いない。

加えて、大宮~東京間の線路については、宇都宮線と線路を共用する形となっているのも良よく止まる理由となっている。仮に高崎線単体では異常がなかったとしても、宇都宮線で何か不測の事態が起きると影響は高崎線にも及ぼす。

ダイヤが乱れるのは避けられない。こうしたいくつもの要因が存在することで、JR高崎線では運転の見合わせや遅延が多発するのである。

おすすめ記事