THKの平均年収は550万円! 職種・年齢別目安

THK

THKの平均年収は約550万円(2019年度は560万円)。ボーナスは年間で4.42ヶ月が支給された。

社員個人の給料水準は事務系・技術の違いはないが、全体的には大手企業では若干低め。


公式の平均年収は560万円

平均年収560万円の目安(平民)
THKの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 5,590,625円
2018年 6,139,051円
2017年 6,345,564円
2016年 5,943,431円
2015年 5,836,207円
2014年 5,849,967円
2013年 5,376,301円

THKの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では560万円という金額が出ている。

広島県広島市西区に本社を置く自動車用シール製品などを製造。

過去7年間では500万円から600万円台で推移。

1次関連企業でも平均的な金額だが、自動車業界をはじめ、上場企業全体の中では決して高くはない。

上記の平均年収には基本給・賞与・各種手当(住宅手当、皆勤手当、食事補助手当、通勤手当、時間外勤務手当、役職手当、養育手当)などすべてが含まれている。

住宅手当の対象者は、1か月あたり5,000円~50,000円が支給。皆勤手当は5,000円/月。

ボーナス

ボーナス年間4.42ヶ月分

THKのボーナスは年間4.42ヵ月分(2019年度実績)

THKではボーナスは社員平均で年間で基本給の4.42ヶ月分が支給(各個人によって前後するが)。

年間の賞与基準では、上場する自動車部品メーカーでは年間で5か月ほどが平均だが、これよりも低い。

世間一般の大手と呼ばれる会社では4~5ヶ月分がボリュームゾーン。ゆえに、THKも平均的な水準。

ただし、世間的に不景気になると一気に減額される。機械メーカーは世界経済の動向に左右される産業。ボーナスの変動幅も大きいのは確か。

>><一覧表>自動車メーカーのボーナスの支給額の実績

総合職

年収偏差値55

THKの総合職の年齢ごとの推定年収は平均で550万円と推定。

THKの総合職の年齢ごとの推定年収
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 40-50万円
25-29歳 350-400万円 20-30万円 50-70万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 60-80万円
35-39歳 400-700万円 30-35万円 70-100万円
40-44歳 500-800万円 30-45万円 80-120万円
45-49歳 550-900万円 40-55万円 80-150万円
50-54歳 600-900万円 40-60万円 100-150万円
55-59歳 550-900万円 40-60万円 100-150万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安。

管理職になれば年収1,000万円以上もあり得るが、平均的な社員であれば800~900万円が上限。

20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、大部分の社員なら上記の範囲に入るだろう。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と高卒

THKの最終学歴の平均年収は、院卒で600万円、大卒で550万円、高専卒・短大卒・専門学校卒で500万円くらいと推定。

THKは、総合職大卒・院卒・高専卒・短大卒・専門卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

THKの初任給

  • 院卒(修士課程修了):223,000円
  • 大卒(学部卒):205,000円
  • 高専・短大・専門卒:187,000円

出典:リクナビ2021

高卒向けの技能職は採用枠は非公開。特定の高校に限って募集がいく仕組み。

他社と同じように全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒・短大卒・専門卒>高卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

大卒・院卒でも定年まで平社員の人と、高卒だが管理職に昇進した人では、後者の方が最終的な年収は高くなる。


広告

おすすめ記事