北陸新幹線が満席になることはある!? 空席ゼロになるほど混雑?

北陸新幹線では、普通車指定席が満席になることはあるのか。利用者が多い土日祝や年末年始・GW・お盆などの大型連休の時期では、どのくらい混雑するのか。




かがやき・はくたか・あさま・つるぎの4種類の列車が運転されている。そのうち、東京~金沢まで走るのは最初の2つである。乗車率が高いのも、かがやきとはくたかである。

指定席が満席なら自由席に乗ればいいのではないかと考える人もいるだあろう。しかし、最速列車のかがやき号に限っていは、全車指定席となっている。満席となると、乗ることはできない。

北陸新幹線

別の列車の乗るか、空席が残っている次の列車を待たなければならなくなる。首都圏と北陸を移動する人にとっては、不都合になるだろう。

大型連休だと完全に満席に

大型連休になると、普段は比較的空いている北陸新幹線であっても指定席が満席になることがある。真っ先に満席になるのは、東京~金沢間を通しで運転されるかがやき号とはくたか号なのは確か。

連休でも、序盤は下り列車が大混雑する。特に、東京駅を午前中に出発する列車は、必ずと言っていいほど満席になる。午後になると、やや解消されてくるが、それでも残り空席数が少ない状態が続く。

満席になる北陸新幹線

逆側の上り列車は、それほど混雑しない。普段よりは乗車率が大きいとはいえ、満席になって空席がなくなるほどひどくはならない。

終盤になると、今度はUターンラッシュということで、東京方面へ向かう上り列車が混雑する。最終日とその前日となると、午前も午後も混雑する。午後になると、指定席はほぼ満席になることが多い。

ふつうの土日に関しても、土曜日の午前中は下り、日曜日の午後は上りが乗車率が大きくなる。指定席では、ピーク時には空席が残りわずかな状態となることがある。

月曜日が祝日となる3連休となると、大型連休に近い状態となる。完全な満席になることはなくても、混雑することには変わりない。



あさま・つるぎは空いている?

各駅停車の「あさま」と「つるぎ」に関しては、混雑する時期であっても空席があることがほとんどだ。余程のことがない限り、指定席において空席ゼロになることはないと考えてよい。

あさまは、長野新幹線時代からある種別であり、東京~長野間だけで運転される。短距離利用者向けの列車ということで、乗客は常に少ない。

つるぎは、富山~金沢間のみ運転される。北陸新幹線の開業に伴って廃止られた北陸本線の特急列車の代替手段として導入された種別である。大阪方面へ行く特急サンダーバードとの接続が考慮されている。

こちらも、富山と金沢を結ぶだけということで、常に空いている。指定席も自由席も、年中空席がある場合がほとんどだ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です