高崎駅から新幹線の自由席に座れる確率、時間帯ごとの混雑を調査!

上越北陸新幹線の高崎駅の時点での自由席の混み具合

上越・北陸新幹線の高崎駅から乗車の場合の自由席に座れる確率について、空席の有無を時間帯ごとに調査してみた。混み具合は種別で大きく違い、さらに上りか下りかでも異なる。

結論を言うと、休日ダイヤで運転される土日祝でははくたか号・とき号において、朝夕を中心に自由席は満席となっていることが多い。東京行が特に座席がゼロとなっている光景が見られる。

>>こちらも参照

平日の朝夕に関しては、通勤ラッシュの時間帯ではあるがすべてまたはほとんどが自由席に設定されているため、空席があることがほとんど。

東京方面へ向かうたにがわ号は特に満席の例は少ない。平日と土日祝の比較では、圧倒的に土日祝が混み合う。




土日祝の高崎駅の時点での自由席の混雑

同じ上越・北陸新幹線でも、「とき」と「たにがわ」で混雑率は全く異なる。「はくたか」と「あさま」でも全く異なる。

宇都宮駅の時点では、上下線ともに上越ならとき号、北陸ならはくたか号がそれぞれ圧倒的に混み合う。

自由席でも空いているたにがわ号

たにがわ号は最北端が越後湯沢駅ということで、ほとんどの人は高崎駅を乗り降りする人である。あさま号も同じように、長野駅までの区間運転ということで、高崎駅ユーザーが多い。

対して、とき号は新潟駅まで、はくたか号は金沢駅まで乗り入れる。新潟県内や富山・石川両県の駅を乗り降りする人が多いため、座れないことが多い。

とき・はくたか号の混み具合

<とき号:土日祝>
下り 上り
始発-7:00 ★★★ ★★★
7:00-9:00 ★★★★ ★★★★★
9:00-12:00 ★★★★ ★★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★★ ★★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★★ 
18:00-20:00 ★★★ ★★★★
20:00以降 ★★ ★★★

とき号の場合、午前中いっぱいと夕方から夜にかけては自由席は満席のため座れないと考えてよい。

新潟県内から自由席を使って首都圏と行き来する行楽客が多いため、すでに高崎駅の手前の区間から乗車率が高くなっている。酷い場合には、始発駅の新潟駅の時点で満席となっている。

具体的には、7~11時と16~20時頃に発着する東京行の上り列車は満席となっていると考えてよい。

空いている座席が見つからずにデッキで立ち乗りしている乗客もしばしばみられる。大宮駅で降りていく人もいるが、それでも少数派であり、大半は東京駅まで乗り続ける。

<上り列車の自由席の混雑>

  • とき…混雑しやすいがまだ空席あり
  • はくたか…満席の時がほとんど

混雑する北陸新幹線のはくたかの自由席

下り列車に関しては、高崎駅である程度の乗客が降りていくため、自由席でも空席が現れ始める。

ただし、東京駅・上野駅・大宮駅のいずれか発車時に立ち客が出ているほどの混雑になると、高崎駅で乗車の際も座れないなんてこともある。

年末年始・ゴールデンウイーク・お盆のような大型連休によく見られる現象である。さらに、スキー客が集中しやすい冬の時期は春夏秋よりも混雑しやすい。

さらに、北陸新幹線の方であるはくたか号は本数が少ないこともあって混雑が1日を通して激しい。

参照:【新幹線】はくたか号の自由席・指定席の混雑状況を時間帯ごとに調査

長野・金沢方面へ向かう列車は高崎駅で乗っても座れないことは結構多く、指定席を推奨する。




たにがわ号・あさま号の混み具合

<たにがわ・あさま:土日祝>
下り 上り
始発-7:00 ★★
7:00-9:00 ★★ ★★★
9:00-12:00 ★★ ★★★
12:00-14:00
14:00-16:00 ★★
16:00-18:00 ★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★ ★★★
20:00以降 ★★

たにがわ号とあさま号に関しては、1年を通して空いていることが多い。各駅停車型の種別のため、近距離利用者が中心である。

大型連休をはじめ、三連休以上の週末でなければ、高崎駅からの乗車でも上下線どちらも自由席に座れる可能性が高い。

ただし、自由席の列車到着待ちの列に並ぶことが条件になる。最後に乗る乗客だと、通路側の座席しか空席がないこともある。

もちろん、速達型のとき・はくたかよりは遥かに空いているたにがわ・あさま号だが、高崎駅も決して始発駅ではなく、あくまでも途中駅に過ぎない。油断は禁物といえる。

複数人で乗る場合、隣り合う席を狙うのであれば、自由席の列車到着待ちの列に並んでおくことを推奨する。

平日の高崎駅の自由席の混み具合

平日の高崎駅乗車時の混み具合(全車自由席)

平日の場合、とき号・たにがわ号・あさま号でも自由席が満席になるのはあまり見られない。朝と夕方は時間帯は新幹線通勤の人が殺到しやすいのは確かだが、基本的にこの時間帯では上越新幹線の系統は「全車自由席」になる。

とき・たにがわではグリーン車以外は全車自由席になる列車がほとんどである。

<平日の高崎駅乗車時の自由席>

  • とき…やや空いている
  • たにがわ…余裕で空いている
  • あさま…やや空いている
  • はくたか…混雑しやすい

北陸新幹線のはくたか・あさまには該当せず、こちらは普通車指定席も設定されているが、新幹線通勤をターゲットとした上越新幹線は全車自由席になる。

高崎駅は群馬県内の主力駅で新幹線通勤の中心駅だが、上り列車でも乗客を多く乗せた状態で到着するわけではない。

他の駅と比較しても、自由席に空席が見つけられない条件にはなっていない。乗車率が高い北陸新幹線はともなく、上越新幹線の平日は空いている。

下り列車に関しては、1日を通してガラガラといっても過言ではない。やまびこ・なすののどちらも高崎駅で降りていく人が多いため、高崎駅からの乗車なら座れる。

北陸新幹線に関しても、朝夕のはくたか号は満席となっていることが少なくない一方、あさま号はガラガラで空いていると判断してよいだろう。

おすすめ記事