北海道銀行の平均年収は550万円、賞与は4ヶ月分

北海道銀行

北海道銀行の平均年収は約550万円。ここ最近では、2019年度は558万円、2018年度は550万円、2017年度も553万円。

ボーナスは4ヶ月分前後が支給。個人評価で支給額の詳細が異なるものの、全体の平均は夏季・冬季でそれぞれ基本給の2倍前後。

地銀ということで、メガバンク大手3行に比べると年収ベースでは下がるものの、それでも地銀の中ではトップクラスの給料で、銀行業の平均値よりは上。


公式の平均年収は558万円

年収558万円の目安(平民階級)
北海道銀行の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 5,579,000円
2018年 5,502,000円
2017年 5,525,000円
2016年 5,647,000円
2015年 5,648,000円
2014年 5,574,000円
2013年 5,518,000円

北海道銀行の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では558万円という金額が出ている)

過去7年間ではいずれも550万円前後で推移。持ち株会社のほくほくフィナンシャルグループ、同じグループの北陸銀行とは給料体系は別物。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、通勤手当)などすべてが含まれている。

傾向としては7年間を通してほぼ横ばい状態。前年比で上下することはあっても、長期的に見ると上がっても下がってもいない。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行よりは平均して100~150万円ほど低い金額。

近年は低金利政策もあって、銀行業はどこも不況。給料が上昇した製造業などとは対照的。

ボーナスは概ね4ヶ月分

賞与年間4ヶ月分

北海道銀行の賞与は年間4ヶ月分(個人評価で上下変動あり)

北海道銀行のボーナスは年間で4ヶ月分程度になるが、業績連動型かつ個人評価で細かい支給額が決定。

勤務態度も成績も良好な行員であれば多めにもらえる一方、上司からの評価が低い行員は下げられる。

とはいえ、夏季・冬季それぞれ基本給の2倍程度が支給される行員が多く、年間では4ヶ月分に相当。

製造業(特に自動車業界)のように組合員一律〇ヶ月分という計算方法ではない。

配属されている店舗の成績も賞与の支給額に影響する。売上高が大きいところであれば、その分ボーナスは高いが、売上が低い店舗では個人評価は高くても高くはない。

年齢ごとの年収の目安

北海道銀行では「総合職」「特定職」「特定職エリア」「一般職」の2つの職種がある。

特定職と特定職エリアは総合職のように法人融資には携わらないものの、一般職とは違って後方支援というわけでもない。

総合職

年収偏差値65

北海道銀行の総合職の平均年収は700万円程度と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,100万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

20代は400~600万円、30代は600~900万円、40代及び50代は700~1,100万円になるだろう。

大卒(学部卒)・院卒(修士課程修了)いずれも社内で最も給料体系が高い職種。

いずれも給料体系はいずれも同じだが、男性行員が多いこともあって勤続年数が長く、その分平均年収の数値が高め。

幹部候補ということで業務内容はハイレベルだが、本人の同意なく遠隔地への転勤があり得るコース。引っ越しが必要な転勤がある。

特定職・特定職エリア

年収偏差値60

特定職及び特定職エリアの平均年収は600万円と推定。女性行員が多数派の職種。

下記は年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 350-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,000万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

20代で350~500万円、30代で500~800万円、40代及び50代で700~1,000万円が目安。

特定職・特定職エリアそれぞれの違いは引っ越しが必要な異動があるかないか。転勤がある方が手当が付くことで、給料はエリアよりも若干高め。

後者の特定職エリアは、他行では「エリア総合職」という呼び方がされる場合がある。

総合職は銀行業務全般に携わる職種だが、特定職は主に個人融資・得意先係に従事。法人融資には基本的に携わらない。

一般職

年収偏差値50

北海道銀行の一般職の平均年収は450万円と推定。年齢別では下記が目安。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-650万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-700万円 30-45万円 100-180万円
45-49歳 700-800万円 30-45万円 120-200万円
50-54歳 700-800万円 30-45万円 120-200万円
55-59歳 650-800万円 30-45万円 120-200万円

20代で300~450万円、30代で400~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~800万円が相場。

総合職や特定職と比較して低い金額。女性行員がほとんどなこともあってか、勤続年数が浅い人が多めな点も、平均年収を下げる要因。

業務内容は、募集要項では「主に営業店窓口・後方業務に従事」と記載。

総合職は主に外回りの営業等だが、事務職は窓口業務が中心。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

新卒採用の対象の院卒・大卒

北海道銀行の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。院卒(修士了)、大卒(学部卒)ともに有価証券報告書に記載の通りの550万円と推定。

次に初任給について。院卒・大卒どちらも同じ金額。

北海道銀行の初任給(院卒・大卒共通)

  • 総合職   :206,500円
  • 特定職   :196,500円
  • 特定職エリア:191,500円
  • 一般職   :186,500円

出典:ふくおかフィナンシャルグループ「北海道銀行の募集要項

初任給に限ってみれば、北海道銀行は他社に比べると大きな差はない。また、職種ごとの違いもない。

入社後数年間は年収ベースでの違いは年功序列。しかし、20代後半からは徐々に役職や個人評価によって差が生まれる。