富国生命の平均年収は約700万円と推定、賞与は4ヶ月分だが

富国生命

富国生命の平均年収は約700万円と推定。金融業界や保険業界としては標準的な金額、高くも低くもない。

ボーナスは約4ヶ月分が支給される傾向だが、業績連動型かつ個人評価が反映されるものの、賞与そのものは年功序列型。

給料そのものは、管理部門は年功序列型、営業職は歩合制。営業職では成果が出ないと基本給は上がらない。

年齢別では、35~40歳前後では年収1,000万円台に突入する社員が目立つ。ただ、職種によって大きく異なる。


平均年収は700万円前後と算出

年収700万円の階級(富国生命)

富国生命はでは給与に関する資料は公開されていない。そのため、ここでの年収は推定値ではある。

とはいえ、全従業員で換算すると低く見積もっても、平均年収は700万円前後になる。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、お客さま基点活動手当、通勤手当、住宅手当等)などすべてが含まれている。

こうした事情から業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均700万円前後には達すると推定。

あくまでも1つの大まかな目安に過ぎないものの、管理職となれば一気に1,000万円を超える。

ボーナスは4ヶ月分

ボーナス年間4ヶ月分

富国生命に賞与は年間4ヶ月分

富国生命のボーナスは全社員の平均では年間で4ヶ月分が目安。

ただ、これはあくまでも平均値。実際には年齢や勤続年数、さらには営業成績等で上下する。

製造業のような「基準内賃金の〇ヶ月一律支給」という仕組みではない。

また、職種によっても賞与の支給基準は異なる。

個人的な感想

富国生命をはじめとする生命保険会社の給料は、一般的な上場企業と比較すると確かに高い水準ではある。

しかし、仕事内容を考慮するとむしろ低いというのが率直な感想。

  • 営業成績が基本給に大きく影響(歩合制)
  • 成約までの道のりが険しい(簡単に販売できる保険商品ではない)
  • ライバル他社との激しい競争

このような特徴があることを考えれば、平均年収700万円という水準は低いだろう。

新規契約を取れる優秀な社員にとっては給料面でのメリットが大きいが、そうでない社員にとってはデメリットばかり。

年齢ごとの年収の目安

富国生命では総合職とエリア職の2つの職種がある。

エリア職は、原則として転居を伴う転勤がない反面、給料体系は低めに抑えられている。

総合職

年収偏差値75

富国生命の総合職の平均年収は900~1,000万円程度と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~1,500万円になるだろう。

全国転勤がある職種。海外赴任もあり得る。そして、将来的な幹部候補というポジションでもある。

出世のスピードはかなり早く、富国生命の中でも最も給料が高い職種。35~40歳くらいで年収1,000万円に到達する社員が多い印象。

エリア職

年収偏差値60

富国生命のエリア職の平均年収は600~650万円と推定。年齢別の年収の目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 450-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 550-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 600-1,000万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,000万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

20代で300~500万円、30代で500~800万円、40代及び50代で600~1,000万円が目安。

通常の「総合職」との違いは、引っ越しが必要な異動がない点と、上級管理職への登用が制限される点。

転勤がない分、総合職に比べると給料は確実に低い。異動そのものも総合職ほど多くはない。

年収1,000万円に到達できるかは、各個人の能力や希望によって変わる。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と院卒

富国生命の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。総合職に視点を置いても、院卒(修士了)、大卒学部卒)ともにおよそ700万円と推定。

次に初任給について。院卒・大卒の違いはあるとはいえ、職種で大幅に異なる。

富国生命の初任給

  • 総合職
    院卒:21万5500円
    大卒:21万円
  • エリア職(スタンダードコース・チャレンジコース)大卒:17万5000円
    短大卒:16万0000円

出典:富国生命保険「採用情報

総合職とエリア職の差額は3万5,000円ある。

金融業界の年収について
業種 会社名
メガバンク 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行新生銀行ゆうちょ銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行北陸銀行北海道銀行京都銀行
信託銀行 三井住友信託銀行三菱UFJ信託銀行みずほ信託銀行SMBC信託銀行
損害保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険会社 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系 ゴールドマンサックスドイツ銀行UBSモルガンスタンレーシティバンクJPモルガンBNPパリバクレディスイスバークレイズバンクオブアメリカ
政府系 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では銀行、保険、証券等の金融業界の平均年収および給料体系について解説。