東京海上日動の平均年収は700万円、賞与は8ヶ月分

東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険の平均年収は約750万円。近年では2019年度が758万円、2018年度が817万円、2017年度が852万円。グローバルコース、地域社員の1年間の給与を平均した金額。

ボーナスは8ヶ月分が支給(2019年度)。業績評価と行動評価によって変動するものの、毎年最低でも6ヶ月分以上は支給。ただ、各社員によってやや差があり、全員が一律〇ヶ月分というシステムではない。

全体的な特徴は、金融業では高い金額。ただ、グローバルコースとエリアコースでは大きな違いがある。


公式の平均年収は758万円

年収626万円の目安(上流階級)
東京海上日動火災保険の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,578,953円
2018年 8,169,613円
2017年 8,518,092円
2016年 8,291,370円
2015年 8,913,347円
2014年
2013年

東京海上日動火災保険の平均年収は約750万円前後。

東京海上日動火災保険の持ち株会社の「MS&ADホールディングス」とは別に平均年収が有価証券報告書にて公表される。2019年度は742万円と公表。

過去5年間ではいずれも750~900万円で推移。金融業界ではここ数年間は全体的に横ばい状態だが、東京海上日動火災保険は下落トレンド。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤費、時間外勤務手当、住宅費用補助制度、自己学習補助)などすべてが含まれている。

ボーナスは8ヶ月分

ボーナス8ヶ月分

東京海上日動火災保険の賞与は年間8ヶ月分

東京海上日動火災保険のボーナスは年間で基本給の8ヶ月分。例年も6~9ヶ月分ほどは平均的な目安。

業績や個人評価によって賞与の支給額が変わる。業績による賞与は半期ごとに3ヶ月分、年間で6ヶ月分は支給される。

前年度に大きな自然災害がなければさらにプラスαで支給。

また、ここに個人評価もカウントされ、成績が良好な社員はさらに追加される。

製造業(特に自動車業界)のように組合員一律〇ヶ月分という計算方法とほぼ同じ。

ただ、近年は相次いで自然災害が頻発している背景から、ボーナスはやや低めになりやすくなっている。

年齢ごとの年収の目安

東京海上日動火災保険では「グローバルコース」「エリアコース(エリア)」「エリアコース(ワイドエリア)」の3つの職種がある。

それぞれ、総合職グローバル、広域エリア職、エリア職のこと。

グローバルコース

年収偏差値70

東京海上日動火災保険のグローバルコースの平均年収は900万円程度と推定。総合職に該当する職種。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

20代は450~600万円、30代は700~1,500万円、40代及び50代は700~1,500万円になるだろう。

大卒(学部卒)・院卒(修士課程修了)いずれも社内で最も給料体系が高い職種。

新卒採用の場合、勤続年数ごとの年収の目安は以下の通り。

  • 1年目:400万円
  • 5年目:700万円
  • 10年目:1,000万円(課長代理)
  • 15年目:1,200万円
  • 20年目:1,500万円(課長と仮定)
  • 25年目 :2,000万円(部長と仮定)

いずれも給料体系はいずれも同じだが、男性行員が多いこともあって勤続年数が長く、その分平均年収の数値が高め。

エリアコース(ワイドエリア)

年収偏差値60

エリアコース(ワイドエリア)の平均年収は650万円と推定。女性社員がやや多い職種。

下記は年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 350-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 450-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 550-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 650-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,000万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

20代で350~500万円、30代で450~800万円、40代及び50代で700~1,000万円が目安。

業務内容こそはグローバルコースと大きな違いはないものの、全域は総合職ということで男性社員が中心な一方、こちらは女性が多い職種。

近年は男女での仕事内容の違いは幾分なくなりつつあるものの、まだまだ顕著なのも否定の余地がない。

エリアコース(エリア)

年収偏差値55

エリアコース(エリア)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では550万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準とは言えないものの、引っ越しが必要な異動がある職種に比べると劣る。

女性社員がほとんどなこともあってか、勤続年数が浅い人が多めな点も、平均年収を下げる要因。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

新卒採用の対象の院卒・大卒

東京海上日動火災保険の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。院卒(修士了)、大卒(学部卒)ともに有価証券報告書に記載の通りの700万円と推定。

次に初任給について。大卒・院卒で異なるのみならず、職種や赴任地域によっても異なる。

東京海上日動火災保険の初任給

グローバルコース

  • 院卒:24万7,140円
  • 大卒:22万8,670円

エリアコース(エリア)

  • 院卒:20万470円
  • 大卒:18万9,350円
  • 短大卒:17万8,730円

エリアコース(ワイドエリア)

①本拠地から通勤できる拠点に勤務

  • 院卒:20万4,480円
  • 大卒:19万3,140円
  • 短大卒:18万2,310円

②本拠地の通勤圏外の拠点に勤務(転居転勤)

  • 院卒:22万520円
  • 大卒:20万8,290円
  • 短大卒:19万6,610円

出典:東京海上日動火災保険「募集要項

初任給に限ってみれば、東京海上日動火災保険は他社に比べると特に総合職である「グローバルコース」で高い傾向。エリアコースは他社とほぼ同じ。

入社後数年間は年収ベースでの違いは年功序列。しかし、20代後半からは徐々に役職や個人評価によって差が生まれる。