みずほ銀行の平均年収は700万円、賞与は4~6ヶ月分

みずほ銀行

みずほ銀行の平均年収は約700万円。ここ最近では、2019年度は736万円、2018年度は737万円、2017年度は738万円。

ボーナスは4~6ヶ月分が支給。他の銀行と同じように、職種や所属する店舗・部署によって異なる。さらに、個人評価も加味される。

総合商社や金融業並みの給料体系。企業名こそはそれほど知名度が高くないが、給料は相当高い。


公式の平均年収は736万円

年収は736万円の目安(貴族階級)
みずほ銀行の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,358,000円
2018年 7,372,000円
2017年 7,380,000円
2016年 7,445,000円
2015年 7,578,000円
2014年 7,380,000円
2013年 7,258,000円

みずほ銀行の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では736万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも700万円台で推移。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、通勤交通費、昼食費補助)などすべてが含まれている。

傾向としては7年間を通してほぼ横ばい状態。上がっても下がってもいない。

メガバンク3行はどこもほぼ同じ金額。

近年は低金利政策もあって、銀行業はどこも不況。給料が上昇した製造業などとは対照的。

ボーナスは4~6ヶ月分

ボーナス年間4~6ヶ月分

みずほ銀行に賞与は年間4~6ヶ月分

みずほ銀行のボーナスは年間で4~5か月分が支給(2019年度)。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行に比べると〇ヶ月分という基準ではやや高い。

他行と同じように、業績連動型であるのと同時に、職種や所属する部署・店舗によって異なる。

営業成績が良好な店舗に配属されるとその分ボーナスも高め。逆に成績不振だと低い。

平均年収こそは総合商社並みだが、賞与面では完敗。総合商社では年間で基本給の12ヶ月分以上支給される例が多い。

また、製造業のように組合員一律〇ヶ月分という計算方法ではない。

さらに、管理職となればさらに個人評価の影響力が大きい。優秀な成績があれば相当の賞与が支給される一方、店舗全体の業績が悪いと大幅に低い水準にとどまる。

年齢ごとの年収の目安

みずほ銀行では「総合職」「総合職(クオンツコース)」「総合職(デジタライゼーションコース)」「総合職(リテールコース)」の4つの職種がある。

基幹職(専門)とは、かつては一般職と呼ばれたもの。原則として転居を伴う転勤がない。反面、給料体系は低めに抑えられている。

基幹職(総合)

年収偏差値70

みずほ銀行の基幹職(総合)の平均年収は800~900万円程度と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

20代は450~600万円、30代は700~1,500万円、40代及び50代は700~2,000万円になるだろう。

基幹職(総合)とは、次の職種が該当。

  • オープンコース
  • グローバルコーポレートファイナンスコース(GCF コース)
  • グローバルマーケッツ&アセットマネジメントコース(GM&AMコース)
  • クオンツ・デジタルテクノロジーコース(QDTコース)

従来から「総合職」と呼ばれてきた職種がここに該当。全国的な転勤のある職種で、幹部候補でもある。

大卒(学部卒)・院卒(修士課程修了)いずれも社内で最も給料体系が高い職種。

クオンツ・デジタルテクノロジーコース(QDTコース)は院卒のみを対象としている。

いずれも給料体系はいずれも同じだが、男性社員が多いこともあって勤続年数が長く、その分平均年収の数値が高め。

基幹職(専門)

年収偏差値65

基幹職(専門)の平均年収は700~750万円と推定。女性行員が多数派の職種。

下記は年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,000万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,100万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,100万円 50-70万円 150-200万円

基幹職(専門)はかつては「一般職」の区分だった。総合職は男性行員が中心な一方、こちらは女性行員が多い職種。

20代で400~600万円、30代で600~900万円、40代及び50代で700~1,200万円が目安。

通常の総合職との違いは、全国規模での転勤がないあまりない点。

募集要項では「エリア勤務は、①首都圏エリア限定勤務 ②首都圏及び関西エリア限定勤務 ③首都圏及び名古屋エリア限定勤務の中から選択します。」と記載。

要するに、転居を伴う異動がめったにないのが特徴。他行では「エリア総合職」という呼び方がされる場合がある。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

新卒採用の対象の院卒・大卒

みずほ銀行の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。院卒(修士了)、大卒(学部卒)ともに有価証券報告書に記載の通りの700~750万円と推定。

文系が多数派、理系が少数派のため、大卒が全体のほとんどを占める。

最終学歴よりも職種(総合か専門か)や配属された部署などの違いの方が給料の違いが大きい。

次に初任給について。入社直後の基本給は最終学歴によって差が見られる。

みずほ銀行の初任給

基幹職(総合/専門)

  • 院卒(修士):230,000円
  • 大卒(学部卒):205,000円

出典:リクナビ2021

初任給に限ってみれば、みずほ銀行は他社に比べると大きな差はない。また、職種ごとの違いもない。

入社後数年間は年収ベースでの違いは年功序列。しかし、20代後半からは徐々に役職や個人評価によって差が生まれる。