農林中央金庫の平均年収は約800万円と推定、賞与は6ヶ月分ほど

農林中央金庫

農林中央金庫の平均年収は約800万円と推定。他の政府系金融とほぼ同じ程度の金額。

ボーナスは6ヶ月分が支給。業績が良好な年度はさらに上積みされる。

年収ベースでは日銀、国際協力銀行、メガバンク3行とほぼ同じ水準。


平均年収は800万円前後と算出

年収800万円の階級(農林中央金庫)

農林中央金庫はでは給与に関する資料は公開されていない。そのため、ここでの年収は推定値ではある。

とはいえ、全従業員で換算すると低く見積もっても、平均年収は800万円前後になる。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜勤務手当、通勤手当等)などすべてが含まれている。

こうした事情から業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均800万円前後には達すると推定。

ボーナスは6ヶ月分

ボーナス6ヶ月分

農林中央金庫に賞与は年間6ヶ月分

農林中央金庫のボーナスも年間で6か月分が支給(2019年度)。

一般的な銀行と同じように、業績連動型である。一方、計算式そのものは職種や所属する部署で異なるわけではない。

金融業では店舗ごとの営業成績や個人評価で支給額が左右されるが、農林中央金庫は固定制。

総合職(キャリアB)、特定職(キャリアD)、地域職(キャリアA)ごとの支給基準の違いもない。

年齢ごとの年収の目安

総合職(キャリアB)、特定職(キャリアD)、地域職(キャリアA)の行員

農林中央金庫も総合職(キャリアB)、特定職(キャリアD)、地域職(キャリアA)の3つの職種がある。

総合職(キャリアB)、特定職(キャリアD)の2つはほぼ同じだが、地域職(キャリアA)はこれらよりもやや低い。

地域職は、普通の銀行等ではエリア限定職や一般職と呼ばれるもの。原則として転居を伴う転勤がない。反面、給料体系は低めに抑えられている。

総合職(キャリアB)

年収偏差値75

農林中央金庫の総合職(キャリアB)の平均年収は900~1,000万円程度と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~2,000万円になるだろう。

なお、上記の総合職(キャリアB)の業務内容については、「食農ビジネス、リテールビジネス、投資ビジネス、コーポレートの4つのフィールドで、企画立案、折衝判断、総括管理などの多様な業務において高い質の成果が期待される職務に従事」と募集要項には記載。

農林中央金庫の中でも特に給料が高いのが特徴。地域をまたいだ転勤があるため、手当が大きく付く。

特定職(キャリアD)

年収偏差値75

農林中央金庫の特定職(キャリアD)の平均年収は900~1,000万円程度と推定。年齢ごとの目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~1,000万円、40代及び50代は700~2,000万円になるだろう。

なお、上記の特定職(キャリアD)の業務内容については、「コーポレート部門のIT統括部、事務企画部という2つの部署において、事務、ITにかかる企画立案、総括管理などの業務」と募集要項には記載。

農林中央金庫の中でも特に給料が高いのが特徴。地域をまたいだ転勤があるため、手当が大きく付く。

地域職(キャリアA)

年収偏差値60

地域職(キャリアA)の平均年収は650~700万円と推定。女性行員が多数派の職種。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-900万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-900万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-900万円 40-65万円 120-250万円

年齢別の年収の目安は上記の通り。

20代で300~500万円、30代で500~800万円、40代及び50代で700~900万円が目安。

地域職(キャリアA)の仕事内容は総合職を補完する業務が中心。

募集要項では「食農ビジネス、リテールビジネス、投資ビジネス、コーポレートの4つのフィールドにおいて、フロントからミドル、バックまで幅広い業務」と記載。

総合職に比べると給料は確実に低い。一般的な銀行のエリア限定職並み。

こちらも女性職員がほとんどの職種。転居を伴う異動はない。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と院卒

農林中央金庫の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。院卒(修士了)、大卒(学部卒)ともに約800万円と推定。

次に初任給について。入社直後の基本給は最終学歴によって差が見られる。

農林中央金庫の初任給

  • 院卒(総合職・特定職):230,000
  • 大卒(総合職・特定職):205,000円
  • 大卒(地域職):195,000円

出典:リクナビ2021「(株)農林中央金庫」

初任給に限ってみれば、農林中央金庫は他行に比べると大きくリード。大卒で30万円を突破。

年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくるが、初期の段階では相当高い。