東武東上線の朝ラッシュの混雑はどれくらいの規模になる!?

東武東上線の朝ラッシュの時間帯は7~8時台となるが、混雑はどれくらいの規模になるのか。急行・準急・各駅停車の3種類が走っているが、それぞれ乗車率はいくつ程度にまでなるのか。




都心のターミナル駅といえば池袋駅である。川越などの埼玉県南西部の沿線と都内を結ぶ主要路線として東武東上線を使う人はかなり多い。東武鉄道としても東武スカイツリーラインと並ぶ2大主要路線である。

都心直結の路線という性質から、朝の通勤通学の時間帯となるとラッシュの混雑度はかなり高くなる。上り電車は満員電車となるのは避けられない。

志木~和光市で乗車率150%以上に?

東武東上線の急行

国土交通省が毎年発表している路線別の混雑率の調査によると、東武東上線で最も混雑するのは北池袋~池袋間の区間とされている。ここではピークで140%程度になると公表されている。

しかし、これは各駅停車に限った話である。準急以上の優等列車は成増駅から池袋駅まではノンストップとなる。

つまり、成増以北の駅から都心を目指す人は所要時間が短い優等列車に乗る。そのため、各駅停車に乗るのは、各停しか止まらない駅を乗り降りする乗客がほとんどというわけだ。

東武東上線は長距離を移動する人が多い傾向にある。そのため、優等列車に乗客が集中する。最も混雑する種別は急行で、乗車率は約150%またはそれ以上になることが多い。

朝の時間帯で通過駅が一番多いのが急行となっている。その次に速いのは準急だが、こちらは成増~池袋間を通過するだけである。埼玉県内は各駅停車と同じ停車駅であるため、速達列車としての性質は薄い。

その一方で、急行の本数は結構少ない。朝の7時台と8時台では1時間あたり4本程度しか走っていない。それ以外はすべて準急と各駅停車しかない。

高頻度で運転されていないこともあり、できるだけ所要時間が早い急行に乗りたい人が殺到することで、乗車率が150%以上にも達する結果となっている。



準急も志木以南は大混雑

通過駅があまりない準急についても、志木駅から池袋側では混雑が激しくなる。ここから東京寄りは急行と準急の停車駅があまり変わらない。そのため、準急にも多数の乗客が流れる。

東武東上線の準急

混雑は和光市まで続く。和光市駅は東京メトロ副都心線・有楽町線との乗り換え駅であり、都心部を目指す人には東京メトロの地下鉄を使って向かうケースが非常に多い。

そんな事情もあって、和光市駅に到着するとまとまった数の乗客が降りて副都心線・有楽町線の電車に移る。東武東上線の池袋方面の電車の混雑はやや和らぐのは町がない。

とはいえ、満員の状態は終点の池袋駅まで続くことには変わりない。朝ラッシュではどうしても座席に座れる可能性はかなり低い。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です