宇都宮線の駅ごとの「発車メロディ」の一覧!

宇都宮線の発車メロディ

JR宇都宮線の東京~黒磯間の発車メロディを駅ごとに一覧にする。これらの曲名と選ばれた背景にある事情も調査してみた。

すべての駅において曲が流れる発車メロディは導入されている。上野駅の始発列車で使われる地下ホームはベルだが、東京駅直通列車(上野東京ライン)が使う地上ホームはメロディが使われている。

他と比べると各駅ごとの独自の音楽である「ご当地メロディー」がほとんどない。


駅ごとの発車メロディ

導入駅 曲名 補足
東京駅 ベル
上野駅 線路の彼方
シンコペーション
くるみ遊び
瞬く街並み
ベル
地上ホームも長年ベルだったが上野東京ライン開業でメロディ化
尾久駅 線路の彼方
あざみ野 V2
赤羽駅 高原
すすきの高原
湘南新宿ラインホームはエレファントカシマシの「俺たちの明日」「今宵の月のように」
浦和駅 すすきの高原 V2
スプリングボックス
さいたま新都心駅 美しが丘
朝の静けさ
大宮駅 Verde Rayo
Gota Del Vient
土呂駅 シンコペーション
See You Again
東大宮駅 シンコペーション
メロディー
蓮田駅 美しが丘
朝の静けさ
白岡駅 アマリリス
すみれの花咲く頃
新白岡駅 アマリリス
すみれの花咲く頃
久喜駅 アマリリス
牧場の朝
東鷲宮駅 Gota Del Vient
Water Crown
栗橋駅 Gota Del Vient
Water Crown
古河駅 木々の目覚め
遠い青空
野木駅 See You Again
シンコペーション
間々田駅 See You Again
シンコペーション
小山駅 Cielo Estrellado
Verde Rayo
Gota Del Vient
Water Crown
小金井駅 朝の静けさ
Mellow Time
シンコペーション
くるみ遊び
自治医大駅 Gota Del Vient
Water Crown
石橋駅 Water Crown
Gota Del Vient
雀宮駅 See You Again
シンコペーション
宇都宮駅 光と風と
木々の目覚め
「栃木県民の歌」、「カリフォルニア・シャワー」が期間限定で使用実績あり
岡本駅 See You Again
シンコペーション
宝積寺駅 風と共に V2
Twilight
氏家駅 See You Again
シンコペーション
蒲須坂駅 See You Again
シンコペーション
片岡駅 シンコペーション
See You Again
矢板駅 すみれの花咲く頃
浜千鳥
野崎駅 See You Again
シンコペーション
西那須野駅 See You Again
シンコペーション
那須塩原駅 浜千鳥
すみれの花咲く頃
黒磯駅 秋桜
春待ち風
南風の行方

宇都宮線の発車メロディは通年使用ではすべて汎用メロディーとなっている。

特定の駅にてその地にゆかりのあるオリジナルの曲「ご当地メロディー」が使われるところは1駅もない。

さらに、同じ曲の組み合わせが連続する区間も目立つ。

他のJR東日本の路線と比べると、宇都宮線は発車メロディのバラエティー豊富さには完全に欠けている。

参照:【路線別】JR東日本の発車メロディーの一覧

同一の発車メロディが連続

宇都宮線の汎用メロディー

宇都宮線の発車メロディの傾向

埼玉県内|「アマリリス」と「すみれの花咲く頃」が2~3駅連続
栃木県内|「シンコペーション」と「See You Again」が多数

宇都宮線は全線に渡って同じ曲の組み合わせが多い状態が続く。

特に「シンコペーション」と「See You Again」の発車メロディの組み合わせに該当する駅は10駅にも上る。

その他、「Gota Del Vient」と「Water Crown」が4駅、「アマリリス」と「すみれの花咲く頃」が2駅ある。

発車メロディに消極的な大宮支社

宇都宮線を管轄しているのはJR東日本の大宮支社。

他の支社に比べると、大宮支社は発車メロディの種類の豊富さにはかなり消極的な姿勢が見られる。

武蔵野線や埼京線の埼玉県内、川越線でも発車メロディにて「ご当地メロディー」が少ない。

このような事情も大宮支社の方針を感じさせる。

東北新幹線においても、東京~那須塩原駅間では旧来の発車ベルが使用されているが、これも大宮支社の影響が感じられる。

ご当地メロディー

宇都宮線のご当地メロディー

宇都宮線は東京~黒磯間の全線において通年使用で導入されている「ご当地メロディー」は存在しない。

すべて汎用メロディーで、地元との協議の上で導入された発車メロディがない。

宇都宮駅

宇都宮線は、これまでの発車メロディの歴史を振り返ると宇都宮駅にて「ご当地メロディー」が使用された実績がある。

宇都宮駅の期間限定のご当地メロディー

  • 2018年4月1日~6月30日|「栃木県民の歌」
  • 2019年4月1日~6月30日|「カリフォルニアシャワー」

『本物の出会い 栃木』栃木デスティネーションキャンペーンが実施された2018年4月1日から6月30日までの3か月間に「栃木県民の歌」が使用された。

しかし、あくまでも期間限定の使用でその後は元に戻された。

2019年4月1日から6月30日までは、アフターデスティネーションキャンペーンとして3か月間「カリフォルニアシャワー」が使われた。

これもまた、期間終了後は通常の汎用メロディーに戻された。

宇都宮線では唯一使用された「ご当地メロディー」だが、通年使用への変更には至らなかった。

他の路線の発車メロディの導入状況

<JR東日本の路線毎の発車メロディ>
地域 発車メロディ導入の路線
東京エリア 山手線京浜東北線根岸線含む)、中央線快速中央総武緩行線
神奈川方面 東海道線横須賀線南武線横浜線
千葉方面 総武線快速京葉線武蔵野線
埼玉方面 宇都宮線、高崎線埼京線
茨城方面 常磐線快速


広告

おすすめ記事