九州新幹線の駅ごとの「発車メロディ」の一覧

九州新幹線の発車メロディ

九州新幹線の博多~鹿児島中央間の駅ごとの発車メロディの導入状況について。各駅の有無と曲名を一覧化。

全区間JR九州が管轄するエリアに該当して整備新幹線ということで速度の面ではやや劣る部分があるが、発車メロディに関してはJR東海やJR西日本よりもはるかに充実している。

その地にゆかりのある曲である「ご当地メロディー」が使われている駅が多数あり、汎用型でもJR九州のイメージソングが使われているのが特徴。


駅ごと発車メロディの導入状況

<九州新幹線の各駅の発車メロディの導入有無>
導入駅 発車メロディ 補足
博多駅 銀河鉄道999 JR西日本管理の駅のため
新鳥栖駅 The Journey
久留米駅 The Journey
筑後船小屋駅 The Journey
新大牟田駅 The Journey
新玉名駅 The Journey
熊本駅 おてもやん 熊本民謡
新八代駅 The Journey
新水俣駅 The Journey
出水駅 The Journey
川内駅 The Journey
鹿児島中央駅 おはら節 鹿児島民謡、おはら祭で使用される曲
※博多駅以外は音楽家・向谷実が担当
※博多駅はJR西日本が管理する駅のため事情が異なる

九州新幹線は全国の新幹線で唯一全駅にて「発車メロディ」が使用されている。

他の路線では少なからず昔ながらのベルが使用されている。対して九州新幹線は発車ベルやブザーが一切存在しない。

JR九州の管轄下のみメロディー化が100%達成しているともいえる。

向谷実「The Journey」

向谷実の発車メロディ

向谷実が作曲した、九州新幹線全線開業記念曲。

音楽館で実写版鉄道シミュレーションゲーム「Train Simulator」を制作したことで有名。

最近では東京メトロ東西線の発車メロディを担当したことでも知られている。

九州新幹線の博多~新八代間が開通して全線開業した2011年に、九州新幹線のテーマソングとして作られたもの。

一般メロディーとして、「ご当地メロディー」が使用されていない九州新幹線の駅の発車メロディに使用されている。

なお、向谷実はThe Journeyのみならず、九州新幹線のご当地メロディーおよび車内チャイムも担当した。

したがって、JR九州の新幹線の音楽関連のものはすべて向谷実が制作したものである。

ご当地メロディー

九州新幹線のご当地メロディーは以下の3駅である。

  • 博多駅(JR西日本)
  • 熊本駅
  • 鹿児島中央駅

特に、熊本駅と鹿児島中央駅は向谷実がアレンジしたご当地メロディーである。

博多駅|銀河鉄道999

博多駅のご当地メロディー

2016年3月10日より使用開始。

在来線こそはJR九州が管轄しているものの、新幹線のエリアはJR西日本が駅を管理しているのが博多駅の構造。

元々は山陽新幹線の駅だったため、博多駅も新大阪~博多間の主要駅で使用されている「銀河鉄道999」が導入されている。

九州新幹線内で完結する列車でも発車メロディは同じ。

以前は発車ベルが使用されていたものの、山陽新幹線全線開業40周年記念行事のフィナーレとしてこの発車メロディが導入された。

鉄道にゆかりがあり、さらに「旅立ちの時」、「力強い鉄道」、「夢のある鉄道、」「未来につながる鉄道」を想起する曲で、「銀河鉄道999」の原作者で漫画家の松本零士の出身地が福岡県北九州市という観点から銀河鉄道999が採用された。

>>山陽新幹線の駅ごとの「発車メロディ」の一覧

博多駅の他、小倉駅・広島駅・岡山駅・新神戸駅でも同様の発車メロディが使用されている。

さらに、「銀河鉄道999」の発車メロディとして使用している駅にはJR横浜線の淵野辺駅もある。

熊本駅|「おてもやん」

2011年3月12日より使用開始。

熊本県民謡「おてもやん」を音楽家の向谷実がアレンジした曲を使用。

同じように、列車内にて熊本駅到着放送が流れる際の車内チャイムでも「おもてやん」の別バージョンのメロディーが流れる。

「おもてやん」そのものは戦前の1935年頃に赤坂小梅が歌う歌唱がレコード化して販売されたことで全国に知られるようになり、1955年の第6回NHK紅白歌合戦にてさらに広まった。

鹿児島中央駅|「おはら節」

2011年3月12日より使用開始。

鹿児島県民謡「おはら節」を向谷実がアレンジした曲を使用。

こちらもまた、列車内にて鹿児島中央駅到着放送が流れる際の車内チャイムでも「おはら節」の別バージョンのメロディーが流れる。

「おはら節」そのものは戦前の1933年頃に鹿児島県西之表市出身の歌手・芸者の新橋喜代三の曲がレコード化されて販売されてことで、全国的に知られるようになったとされている。

なお、2013年に放映されたJR九州の「鹿児島、沸いてます」プロモーションCMの曲としても、「おはら節」が使用された。


スポンサーリンク

おすすめ記事