京葉線の駅ごとの「発車メロディ」の一覧!

京葉線の発車メロディ

JR京葉線の東京~蘇我間の発車メロディを駅ごとに一覧にする。これらの曲名と選ばれた背景にある事情も調査してみた。

すべての駅において曲が流れる発車メロディは導入されている。ベルのところ、そもそも何もない駅は今はまったくない。

各駅ごとの独自の音楽である「ご当地メロディー」もある。制作会社オリジナルの音楽でも、他の路線ではレアな曲も複数ある。


駅ごとの発車メロディ

導入駅 曲名 補足
東京駅 Verde Rayo V2
八丁堀駅 Verde Rayo V2
越中島駅 Verde Rayo V2
潮見駅 海岸通り
美しき丘
新木場駅 海岸通り
シンコペーション
葛西臨海公園駅 海辺の散歩
公園の楓
舞浜駅 Zip A Dee Doo Dah
It’s A Small World
東京ディズニーリゾート最寄り駅。期間限定曲も実績多数。
新浦安駅 See You Again
古いオルゴール
市川塩浜駅 木々の目覚め
海岸通り
二俣新町駅 花と空
メロディー
南船橋駅 通勤ステップ
海岸通り
森の妖精
幸福の銀レール
新習志野駅 海岸通り
夏色の時間
小川のせせらぎ
木々の目覚め
海浜幕張駅 We Love Marines 千葉ロッテマリーンズ本拠地ZOZOマリンスタジアム最寄り駅。
検見川浜駅 緑の車窓
木々の目覚め
稲毛海岸駅 ドリームタイム
美しが丘
千葉みなと駅 公園の楓
公園通り
九月の風
蘇我駅 Over ジェフユナイテッド市原・千葉の本拠地フクダ電子アリーナの最寄り駅。

全駅にて例外なく発車メロディが導入されている。

ご当地メロディーがいくつかの駅で取り入れられていることはもちろんのこと、汎用メロディーでもバラエティー豊富である。

同じ曲が連続しているところがかなり少ない。東京~越中島間の「Verde Rayo V2」くらいであり、しかも八丁堀駅と越中島は途中切りが基本。乗っていても聞き飽きない感がある。

葛西臨海公園駅、南船橋駅、千葉みなと駅は汎用メロディーでも、採用例が少ない発車メロディが使われている。

なお、汎用メロディーの駅では海をイメージした音源が取り入れられている。

これは、京葉線が東京湾岸を走り、車窓からは長い区間にわたって東京湾が見えることに由来する。

発車メロディを好む乗客からの評価が高い路線にも該当する。

参照:【路線別】JR東日本の発車メロディーの一覧

ご当地メロディー

京葉線では、その駅にゆかりのある曲が採用されている「ご当地メロディー」があるのは以下の駅。

  • 舞浜駅
  • 海浜幕張駅
  • 蘇我駅

他の路線と比べると、1つの路線としてはやや多めである。

しかも、導入されてから10年以上経過している駅ばかり。長年ご当地メロディーが親しまれているとも理解できる。

舞浜駅の発車メロディは特に有名。京葉線の代名詞のような駅でもある。

舞浜駅

舞浜駅

2004年6月14日より使用開始。

京葉線の発車メロディとしてまずイメージするのが舞浜駅という人も多いはず。

東京ディズニーリゾート(ディズニーランド・ディズニーシー)の最寄り駅ということで、Walt Disneyにちなんだ曲が発車メロディーとして取り入れられた。

当初からこの「ご当地メロディー」が使用されている。

通常期だと下りホームの1番線で「Zip A Dee Doo Dah」、上りホームの2番線で「It’s A Small World」が使用されている。

ただし、しばしば期間限定で別の曲が使用されることも結構ある。

歴代の舞浜駅の期間限定曲は以下になる。

歴代の舞浜駅の期間限定の発車メロディ
期間 1番線(下り) 2番線(上り) 背景の事情
2008年4月15日-2009年4月14日 魔法の鍵 ~The Dream Goes On 魔法の鍵 ~The Dream Goes On TDR開園25周年テーマソング
2013年4月11日-2014年3月20日 Happiness Is Here バージョンA Happiness Is Here バージョンA TDR開園30周年テーマソング
2016年1月12日-2016年3月18日 Let It Go~ありのままで~ 生まれてはじめて フローズンファンタジー開催
2016年4月15日-2017年3月17日 When Your Heart Makes a Wish When Your Heart Makes a Wish TDS開園15周年テーマソング
2018年4月10日-2019年3月25日 Brand New Day Brand New Day TDR開園35周年テーマソング

2008年に東京ディズニーランドの開園25周年記念として発車メロディがそのテーマソングである「魔法の鍵 ~The Dream Goes On」に期間限定で採用されたのが、今の流れのスタートとなった。

そして、舞浜駅が発車メロディがこまめに入れ替わる駅としても知られるようになった。

海浜幕張駅

2005年3月26日より使用開始。

プロ野球の球団である千葉ロッテマリーンズの応援歌「We Love Marines」が発車メロディとして使用されている。

本拠地のZOZOマリンスタジアムの最寄り駅という点がその理由。

海浜幕張駅はホームが1~4番線まであるが、すべて同じ曲の同じ演奏となっている。

なお、鉄道の駅にてプロ野球に関連する曲が初めて導入されたのもここ海浜幕張駅である。

水道橋駅の「闘魂こめて」(読売ジャイアンツ)や関内駅「熱き星たちよ」(横浜DeNAベイスターズ)よりも先に取り入れられた。

今となっては様々な駅にてプロ野球やプロサッカーチームの応援歌が導入されているものの、スタートは海浜幕張駅の「We Love Marines」なのは確か。

蘇我駅

2007年11月18日より使用開始。

サッカーJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉の応援歌(オフィシャルサポーターソング)である「Over」が発車メロディとして導入された。

本拠地フクダ電子アリーナの最寄り駅のためである。

同じ曲ではあるものの、ホームごとに3種類のバージョンがある。

  • 1番線・2番線(内房線・外房線、上り方面):Over Aメロ
  • 3番線・4番線(京葉線):Over 間奏
  • 5番線・6番線(内房線・外房線、下り方面):Over サビ

京葉線は蘇我発着の列車は3番線と4番線が使用される。

ただし、下り列車で内房線・外房線のいずれかに直通する列車は5番線・6番線に到着する。

他の路線の発車メロディの導入状況

<JR東日本の路線毎の発車メロディ>
地域 発車メロディ導入の路線
東京エリア 山手線京浜東北線根岸線含む)、中央線快速中央総武緩行線
神奈川方面 東海道線横須賀線南武線横浜線
千葉方面 総武線快速、京葉線、武蔵野線
埼玉方面 宇都宮線高崎線埼京線
茨城方面 常磐線快速


広告

おすすめ記事