新幹線「こだま」の喫煙ルームの有無! 車両による違いを調査

喫煙ルームが無いこだま号

東海道山陽新幹線のこだま号の喫煙ルームの有無について調査してみた。車両によって喫煙室がある場合とない場合がある。

東海道新幹線のこだま号では、N700系・700系(いずれも16両編成)での運転となっている。N700系なら喫煙ルームが設置されている。700系はそれがない代わりに喫煙車がある。

山陽新幹線のこだま号は、N700系・700系・500系の16両または8両編成で運転される。N700系、500系はいずれも喫煙ルームがある。700系は喫煙車または全面禁煙となっている。



東海道新幹線のこだま号

車両 喫煙ルームの場所
N700系 16両編成=3・7・10・15号車
700系 16両編成=喫煙車(10・15・16号車)

東海道新幹線のこだま号はすべてN700系または700系で運転されている。16両編成で、8両編成での運転はない。

N700系の場合は、3・7・10・15号車に喫煙ルームが設けられている。10号車はグリーン車利用者向けの喫煙所であるため、普通車利用者は使えない。

この点では、のぞみ号やひかり号と同じである。

>>東海道新幹線(のぞみ・ひかり)の喫煙ルームは3,7,10,15号車

700系の場合はそもそも喫煙ルームが設置されていないため、代わりに喫煙車が設定されている。

<700系の喫煙車の詳細>

  • 10号車:グリーン車指定席
  • 15号車:普通車自由席
  • 16号車:普通車指定席

10号車(グリーン車)・15・16号車が喫煙車となっている。15号車は自由席、16号車は指定席となっている。

のぞみ号、ひかり号は自由席には喫煙車の設定がないが、こだま号だと15号車が自由席になるため、タバコが吸える人が増える。



山陽新幹線のこだま号

種別 喫煙ルームの場所
N700系 16両編成=3・7・10・15号車

8両編成=3・7号車

700系 16両編成=喫煙車(10・15・16号車)

8両編成(ひかりレールスター)=全面禁煙

500系 8両編成=3・7号車

山陽新幹線のこだま号はN700系、700系、500系のいずれかで運転される。基本的には8両編成での運転となるが、一部は16両で運転される。

N700系と500系はすべての列車に喫煙ルームが設けられている。16両編成では3・7・10・15号車の4か所、8両編成では3・7号車の2か所にある。

>>【山陽・九州新幹線】みずほ・さくら・つばめ号の喫煙ルームの有無!

一方の700系の場合は注意が必要になる。16両編成では喫煙車が設定されているが、8両編成は「全面禁煙」となっていてタバコが吸えるスペースがない。

全面禁煙のこだま号

700系7000番台(E編成)~ひかりレールスター

8両編成の700系は通称「ひかりレールスター」と呼ばれる。正確に言うと700系7000番台(E編成)という形式である。

こちらの車両が山陽新幹線内のこだま号では使われることがよくある。

こだま号の喫煙ルームが空いている

空いているこだま号

のぞみ号やひかり号とは違って、こだま号の喫煙ルームは比較的空いている。各駅停車ということで、乗客のほとんどは近距離移動であり、しかも乗車率が低いのが理由になる。

のぞみ号やひかり号、あるいはみずほ号やさくら号は長距離利用の人が多いため、途中でどうしてもタバコが吸いたくなるという人が多い。

そんな大きな需要から、喫煙ルームに入ろうとしてもすでに多くの乗客がいて入れないこともよく見かける。満室という形だ。

停車駅が少ない種別ほど喫煙ルームが混雑しやすい。そして、最も空いているのがこだま号というわけだ。

東海道新幹線・山陽新幹線のいずれの区間においても、こだま号の喫煙ルームの需要は少ない。

すべての車両で全面禁煙になる可能性は?

ところで、近年は公共の場を全面禁煙にする傾向が顕著になっている。新幹線の車内も決して例外ではない。

>>【路線別】新幹線の喫煙ルームの有無! たばこ事情を調査

実際にJR東日本の各路線では100%禁煙となっていて、タバコに厳しい姿勢を取っている。

東海道山陽新幹線のこだま号においても、利用者数が少ないため全面禁煙になる可能性がある。

のぞみ号やひかり号は喫煙ルームの利用者数が多いため、これを廃止にすると苦情が殺到することが予想されるが、こだま号はそんな抵抗が薄い。

今後ますます公の場でタバコを吸うことタブー視されるとうになれば、こだま号はその流れに乗って全面禁煙になるかもしれない。

おすすめ記事