JR横浜線の混雑はどれくらい!? 朝ラッシュのレベルは?

JR横浜線の朝ラッシュの時間帯とは7:30~8:30までがピークとなるが、混雑の酷さはどのくらいになるのか。平日は通勤通学客で超満員電車となり、首都圏の代表的な路線と同じくらいに達する。




乗り入れ先の京浜東北線・根岸線とは違って、横浜線の電車はすべて8両編成となっている。そのため、輸送力の面ではそれらよりも少ない。

最も乗車人員が大きいのは小机→新横浜の区間とされている。ここでは混雑率が170%にも達する。横浜線では一番激しいところだ。

横浜線の混雑

全体的に横浜方面へ向かう人が多い。ただし、一部は新横浜駅で新幹線へ、菊名駅で東急東横線に乗り換える人もいることから、最も混雑するのは中間部の部分となっている。

乗車率も170%に達するのか?

混雑率はあくまでも朝ラッシュのピークの時間帯を総合的に計算した数値となっていて、各列車ごとのデータではない。現実的には、電車ごとに多少は違う。

しかし、実際の乗車率もこの混雑率の数値とは違いがないと考えてよい。朝の時間帯は快速の運転がまったくない。通過駅の設定がある電車は完全にゼロ。すべて各駅停車で走っている。

種別ごとのバラツキも横浜線にはない。そのため、乗車率はピーク時には170%近くになるという感じだ。そして、該当する区間が小机~新横浜の区間というわけだ。

横浜線は、特に長津田~新横浜までの区間はひたすら乗客が乗ってくる。途中駅として横浜市営地下鉄グリーンラインとの乗り換え駅である中山駅があるものの、地下鉄へ乗り継ぐ人は少数派。

ほとんどは横浜市の中心部の方向を目指して沿線の住民が乗ってくる一方である。この点では、都心部へ直結する路線と性質的に変わらない。

横浜線の単独の終着駅である東神奈川駅までは、混雑は緩やかにはならない。上り電車ということで、回転率は悪い。



以前よりは混雑緩和された?

横浜線の朝ラッシュの混雑が依然として激しいことには変わりないものの、以前よりは緩和されたようである。

10年ほど前の朝のピーク時の混雑率は190%を超えていた。今の南武線と同じ水準だったわけだ。

その変化の要因となったのが新型車両の導入だ。かつて、横浜線では205系という電車が運用に当たっていた。205系はJR化される前の国鉄時代に製造された車両で、昔は山手線などでも使われていた。

しかし、輸送力はJR東日本の最新鋭の車両よりも少なく、横浜線でも十分な輸送力を発揮することができなかった。

混雑緩和のため、2014年から横浜線にてE233系という車両が導入され始めた。そして、同年内には205系での運転が完全に消えた。

E233系は1両あたりの乗車定員の数が205系よりも多い。そのため、混雑はある程度は緩やかになった。

おすすめ記事