京成線の朝ラッシュの混雑率は130%! どれくらいのレベルか?

京成線の混雑率について、朝ラッシュではどれくらいのレベルにまで達するのか。国土交通省によると最大で130%程度であると発表されている。首都圏の都心直結路線としては空いている方であるが、本当に状態は緩やかなのだろうか。




最も乗車率が高くなるのは大神宮下~京成船橋間となっている。他の路線の場合は都心のターミナル駅に近い東京都内が最混雑区間となっているケースが大半だが、京成本線に関しては千葉県内となっている。

どうして、他とは違って都内区間は比較的空いているのか。並行して走るJR総武線などの存在に起因する。

混雑率は130%くらい!

京成本線の混雑率は最大で130%というが、これは立っている場合でもスマホの操作がらくらくできるレベルである。人と人が接するということもない。

京成本線の混雑

ドア付近の人でも降りる乗客のために停車駅についたらいったん降りるという必要もあまりない程度である。満員電車が多い首都圏の私鉄各線と比べるとラッシュの混雑度はかなり緩い。

速達列車として快特と通勤特急が朝の時間帯は運転されているが、こちらはやや混雑する。通過駅が多く設定されているということで、長い距離を移動する乗客がこれらに集中する。

各駅停車と比べると乗車率はやや高い傾向にある。公式の発表は存在しないが、体感的には150%くらいには達すると感じる。人と人が接するほどではないものの、空間に余裕がないのは確か。

京成上野方面に行く電車と押上線を経由して都営浅草線へ直通する列車の2パターンがあるが、どちらも変わりなく混雑する。片方だけが空いているということはまったくといっていいほどない。



なぜあまり混まない?

快特と通勤特急の乗車率がやや高いとはいえ、それでも他路線と比べると緩やかなことには変わりない。京成本線の混雑があまり激しくない理由としては、並行して走る路線が複数ある点が挙げられる。

京成本線は全線に渡ってJR総武線及び総武本線と並行している。近距離利用の場合は電車特定区間を適用しているJR東日本の方が京成電鉄よりも運賃が安い。同じくらいの距離であっても京成の方が高い。

また、所要時間についても圧倒的にJRの方が早い。京成本線はカーブが非常に多く、電車は物理的にあまりスピードが出せない。しかも駅が多いことから、こまめに停車する。

直線が長くて線形が良く、しかも駅間距離が長いJR総武線とは対照的な環境となっている。どうしても総武線の方がメリットが大きい。

さらに、京成本線は一部区間で東葉高速鉄道線と東京メトロ東西線、北総線、都営新宿線とも並行している。

東葉高速鉄道

東葉高速鉄道や北総線は運賃が超高いということで避ける人が多い。とはいえ、所要時間ではいずれも京成本線より早い。新しい鉄道路線ということで、直線の部分が多くスピードが出せる。しかも、値段が割高ということで朝や夕方でも空いている。

こうした事情から、京成本線を使わずに他の鉄道路線を使う人が一定の数は存在する。この結果として、京成本線は他の主要路線よりも空いているというわけだ。

おすすめ記事