新幹線で車内販売が終了(廃止)した事例とその理由

車内販売の終了

新幹線において車内販売が終了(廃止)した事例について。その理由についても調査。

かつてはほとんどの新幹線および在来線特急で客室を巡回しながら飲食物を販売するサービスがあったものの、最近は撤退するケースが増えている。

売上高の低迷から販売員の人手不足といった理由が背景として存在している。


車内販売が終了した事例

<車内販売が終了した新幹線と種別>
新幹線 種別 廃止時期
東海道新幹線 こだま 2012年
山陽新幹線 こだま 2012年
九州新幹線 全列車 2019年
北海道新幹線 全列車 2019年
東北新幹線 やまびこ
なすの
2019年
2015年
上越新幹線 たにがわ 2015年
北陸新幹線 あさま 2015年

全種別で車内販売を実施している新幹線はない。すべての路線で一部列車に絞って実施している。

新幹線の路線・種別ごとの車内販売の有無!

2019年5月15日

2012年のこだま廃止から

車内販売の終了したこだま号

新幹線において車内販売が終了する傾向が始まったのは2012年の東海道・山陽新幹線のこだま号での措置からである。

2012年3月のダイヤ改正ですべてのこだま号で車内販売が取りやめになり、続いて2015年に東北・上越・北陸新幹線の一部種別、さらに2019年に九州新幹線と北海道新幹線のすべての列車で廃止された。

残っているのは各路線でも速達型の種別にとどまっている。

これと同時に車内販売の取扱商品の縮小も行われている。駅弁や土産類は販売しないのが主流になっていて、ホットコーヒーも廃止になるところも出ている。

車内販売の終了の理由

車内販売そのものが一部の新幹線で終了となった直接的な理由こそは売上高の低迷であるのは確か。

それに関連する間接的な理由もあり、以下がその内容になる。

売上高の低迷の理由

  • 乗車時間が短い
  • 販売員の人手不足
  • 駅ナカの売店の充実化

乗車時間が短い近距離輸送向けの列車では、そもそも長時間乗車し続けないため、割高な料金に設定されている車内販売を利用する需要が小さい。

当然ながら、長時間乗車を強いられる列車と比べて車内販売の売上は落ちる。

販売員の人手不足もさらに経営に響いている。非正規雇用労働者がパーサーを勤めているものの、その人材確保が厳しい状態が立たされている。

そして、駅構内の売店などを指す「駅ナカ」の事業が充実化していて、駅の中にあるコンビニなど事前に飲食物を購入できる環境が整っている。

以前と比べても拡充され、車内販売を利用しなくても乗車前なら購入できる機会が豊富に用意されている。

駅ナカの売店の売上高は年々上昇しているが、それに対して下落しているのが車内販売という構図ができている。

今も車内販売が残る列車の特徴

車内販売が残る新幹線

逆に新幹線で車内販売が今も残っている列車の特徴といえば、上記の逆のパターンになる。

車内販売が継続される列車の特徴

  • 乗車時間が長い
  • 利用者数(乗客の人数)が多い

具体的な例を挙げると、東海道・山陽新幹線ののぞみ号やひかり号、九州新幹線へ直通するみずほ号・さくら号の新大阪~博多間、東北新幹線のはやぶさ号、上越新幹線のとき号、北陸新幹線のかがやき号・はくたか号になる。

速達性が高い種別かつ大都市間を結ぶ路線では、乗車時間が長くて利用者数が多い。

潜在的な需要がそもそも大きいことから、車内販売を行えばまとまった売上へとつながる。

人手不足はどこでも避けられず、これによって販売する商品の種類を縮小しているケースは上記の特徴に当てはまる路線にも該当するものの、完全廃止とまでは至っていない。

需要が期待できる列車では限りある供給力の範囲内で車内販売を行っているというわけだ。


広告

おすすめ記事