山形新幹線つばさ号の区間ごとの車内販売の有無

車内販売のある山形新幹線つばさ号

山形新幹線のつばさ号の車内販売の区間ごとの有無について一覧にする。各車両でやってくる時間(タイミング)の目安についても。

2019年からはホットコーヒーの販売、駅弁や土産類の取扱が終了などして、以前と比べると大幅に縮小した。完全廃止には至っていないものの、規模が小さくなったのは確か。

それでも、大宮~山形間では山形新幹線のつばさ号では継続して実施されている。なお、早朝の便、夜遅い便では車内販売がない。さらに、併結するやまびこ号ではまったく車内販売が無しとなっている。



区間ごとの車内販売の有無

区間 車内販売の有無 備考
東京~大宮 無し 基本的に準備中
大宮~福島 有り つばさ号のみ車内販売あり
(連結するやまびこ号は無し)
福島~山形 有り
山形~新庄 無し 元々無しの区間

東京~大宮間は起終点である東京駅に近いこともあって、基本的には車内販売は「準備中」という形になる。

下り列車だと、グリーン車、普通車指定席・自由席に回ってくるのは大宮駅を出発した後になる。

上り列車では、いずれも山形駅を出発した後から車内販売がスタートする。新庄~山形は車内販売は行われていない。

大宮~福島間はつばさ号のみ車内販売あり

山形新幹線のつばさ号は、東北新幹線内の区間に当たる東京~福島間では仙台駅発着のやまびこ号と併結して運転されるのがほとんど。

車内販売はやまびこ号では2019年3月のダイヤ改正より完全に廃止された。現在ではこの区間においてもつばさ号のみ実施されている。

やまびこ号の車両には車内販売には回ってこない。

上り列車でも福島駅を発車してもやまびこ号は車内販売無しのままにとどまる。下り列車も大宮駅を出発してもつばさ号のみ車内販売がスタートする。

なお、つばさ号とやまびこ号の間は車両の構造上の理由から通り抜けができない。

自由席利用者でどうしても車内販売で何か購入したい場合には停車中に車両を乗り移る必要がある。

>>やまびこ/なすので車内販売が廃止された理由! 4つの背景

福島~山形

福島~山形間でも山形新幹線では引き続き車内販売が実施される。

途中駅で停車中は乗客の乗り降りのため通路に余裕がないためデッキで待機しているものの、走行中は車内販売に回ってくる。

山形駅にて車内販売の従業員は降車する。降りる準備などもあることから、山形駅に到着する10分ほど前からは車内販売が終了となる。

福島~山形では各車両で1,2回(1往復)ほど回ってくるイメージなる。

単独運転区間で車内販売が終了したのはあくまでも秋田新幹線のみである。同じ「ミニ新幹線」という分類に入るものの、つばさ号とこまち号は車内販売に関する事情は異なっている。

山形~新庄は無し

山形~新庄間の山形新幹線単独の区間でも端部になることもあって車内販売は一切実施されていない。

元々車内販売が行われていない区間でもある。上り列車は乗車直後、下り列車も下車直前になる性質から車内販売がない。

さらに、乗車率もこの区間では1日を通して低い。

基本的には山形駅以南のエリアの利用がメインということもあって、山形~新庄はそもそも需要そのものがない。

車内販売が来る時間(タイミング)

ところで、山形新幹線にて車内販売が来る時間とタイミングはどのような感じになるのか。

全線利用の場合だと、大宮~福島間と福島~山形間でそれぞれ1,2回(1往復)ずつ回ってくるのが目安になる。

乗客は少ない時だと3往復くらい来る場合もある。

乗車時間は大宮~山形間で2時間強ということで、それなりに長い乗車時間である。

一方でつばさ号は7両編成となっていることもあり、1人のパーサーで車内販売が回るには十分短い。

車内販売はまず最初にグリーン車からスタートし、それから普通車指定席・自由席へと行く形となる。

なお、全区間にて駅での停車中は車内販売はデッキにて待機している。販売に回ると通路が乗客の乗り降りの妨げとなってしまうためである。

まとめ

車内販売が来るタイミング

大宮~福島間:1往復
福島~山形間:1往復

(合計2,3往復)

※早朝と夜間の便では車内販売無しの列車が多数

廃止の可能性は?

車内販売が終了したやまびこ号

やまびこ号:すでに車内販売は全面終了

山形新幹線のつばさ号でも車内販売が廃止して全面的に終了となる可能性はあるのか。

これの答えは、現実的に確率あり。

乗車時間、停車駅の数などでは山形新幹線も秋田新幹線と同じくらいである。

利用状況を見ても、山形新幹線の方が秋田新幹線よりもやや上回っているものの、車内販売の売上高が好調かというとそうは言えない。

やまびこ号ですでに車内販売が全面撤退していることを考えると、山形新幹線で車内販売が存続している理由は単純に乗車時間しか考えられない。

片道2時間以上の乗車時間がある区間が多いことだけが継続して車内販売がある背景である以上、今後も売上高が低迷するようだと廃止される可能性は大いに残る。

各路線ごとの車内販売の事情

路線 内容
東海道新幹線 車内販売がやって来る時間
のぞみ/ひかりでも廃止の可能性とはこだま廃止について
山陽新幹線 車内販売がやって来る時間
九州新幹線 全列車廃止とその理由
北海道新幹線 全列車廃止とその理由
東北・秋田・山形新幹線 種別・区間ごとの車内販売の有無
やまびこ/なすので廃止の理由
<山形新幹線>区間ごとの有無と来る時間
<秋田新幹線>区間ごとの車内販売の有無
上越新幹線 種別・区間ごとの車内販売の有無
北陸新幹線 種別・区間ごとの車内販売の有無

>>新幹線の路線ごとの車内販売の営業時間

おすすめ記事