相鉄の朝ラッシュはどれくらい混雑する!? 横浜方面は地獄か?

相鉄線の朝ラッシュの混雑がピークに達するのは7時半~8時台前半の時間帯である。1日の中で最も電車が満員になり、このコアタイムにおける通勤通学は地獄といってもいいだろう。




横浜方面へ向かう電車が一番混雑する。下りの海老名・湘南台方面の電車も座席は満席となって混雑することには変わりないが、上り電車と比べると緩やかである。

各駅停車の場合、最も混雑が激しい区間は西横浜~平沼橋間である。混雑率は150%と公表されているが、これは車内で新聞をある程度広げて読むことができるレベルだそうだ。

しかし、各駅停車だけが混むわけではない。特急や急行、快速のような通過駅の設定がある優等列車も走っている。そして、混雑度が大きいのはむしろ優等列車の方といってよい。

優等列車はどれくらい混雑する?

相鉄線

相鉄線の特急と急行は、二俣川~横浜間はノンストップである。この間には8駅あるが、すべて通過となる。快速も途中の鶴ヶ峰と星川に停車するが、それ以外は通過となっている。

遠距離利用者が殺到する種別ということで、近距離利用者がほとんどである各駅停車よりも乗客の数が多い。乗降客数が多い海老名駅や大和駅のような主要駅を乗り降りする人も特急・急行・快速のいずれかに乗る。

乗車率は各駅停車よりも大きいのは確かだ。特に特急と急行については、二俣川~横浜間となると、朝ラッシュでは必ず満員電車になる。

6時台から9時台にかけては、間違いなく座れないと考えてよい。座席の空席に余裕が出てくるのは10時台になってからの日中の時間帯である。

私の感想ではあるが、特急と急行の朝の時間帯の乗車率は150~180%程度になる。相鉄線単独では東京都心へ乗り入れていないため、首都圏の他の私鉄と比べると混雑度が低いのは確かだが、それでも満員電車で不満を感じてしまうことには変わりない。



JR・東急線への直通後はどうなる?

相鉄では2019年度からJR線との相互直通運転を開始する予定となっている。また、東急東横線・目黒線とも2022年度から直通運転を行う予定がある。

いずれも連絡線を建設して東京都心へ乗り入れる見込みとなっているが、これが完成すれば今の相鉄線の混雑状況に変化が起きる可能性が非常に高い。

相鉄線のJR・東急との相互直通運転

今のところ、相鉄線の朝ラッシュは横浜方面へ向かう電車が混んでいる。上り電車の利用者の最終目的地は横浜駅である割合が大きい。

しかし、JR・東急との相互直通運転が始まれば、都心方面を目指して直通先へ乗客が流れると考えられる。そうなると、横浜方面へ向かう人は相対的に減少する。

今は混雑が激しいとはいえ、JR・東急側へ人の流れが移ることで、横浜方面の電車は混雑が緩和されるだろう。通勤通学のラッシュの規模は緩やかになると考えられる。

おすすめ記事