OSGの平均年収は700万円、賞与は5ヶ月分+個人評価

OSG(オーエスジー)

OSG(オーエスジー)の平均年収は約700万円。ここ最近では、2019年度は723万円、2018年度は715万円、2017年度は695万円だった。

ボーナスは5.0ヶ月分+評価比例方式だが、社員平均では5~6ヶ月分前後が支給(2019年度)。

年収ベースでは工作機械メーカーでは並みの金額。大手企業の中では比較的高いのは確か。


公式の平均年収は723万円

OSGの平均年収715万円の目安(上流階級)
OSGの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,232,208円
2018年 7,146,945円
2017年 6,950,690円
2016年 6,950,896円
2015年 6,953,852円
2014年 7,025,477円
2013年 6,534,419円

OSGの従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では723万円という金額が出ている。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当/家族手当/地域手当/住居補助)などすべてが含まれている。

過去7年間ではどの年度も650~750万円の範囲で推移する。平均年収は一貫して横ばい状態が続いている。

ボーナスは年間4~6ヶ月分

OSGではボーナス年間5ヶ月分が支給

2013年度のOSGの賞与は年間5ヶ月分(業績連動+個人評価)

OSGのボーナスは5.0ヶ月分+評価比例。

どの社員でもまずは基本給の5ヶ月分が支給。さらに、個人成績によって追加的な賞与が支給。全体的には5~6ヶ月分ほどが平均値。

なお、工作機械メーカーでは、上場企業だと年間4~6ヶ月分が支給されるため、OSGは平均よりは若干高い基準。

有名なところをピックアップすると、DMG森精機は5.3ヶ月分、アマダは5.07ヶ月分、マキタは6.95ヶ月、牧野フライス製作所は6.0ヶ月。

OSGはこれらの工作機械メーカーよりは若干低めの水準。とはいえ、個人評価が追加されるため、「できる社員」にとってはとても都合がいいのは確か。

他社と比較して

年収700万円前後の工作機械メーカー

OSGは上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い。

上場企業全体の平均値は約600万円。したがって、OSGはこれより+100万円ほど高い。

主な工作機械メーカーの平均年収(2019年度)をまとめると、以下の通り。

  • DMG森精機:8,080,000円
  • マキタ:7,169,955円
  • アマダ:7,282,000円
  • オークマ:6,951,000円
  • ブラザー工業:7,622,143円
  • 牧野フライス製作所:6,860,843円
  • OSG:7,232,208円

DMG森精機は808万円、マキタは717万円、アマダは728万円、オークマは695万円、牧野フライス製作所は686万円。

OSGは、DMG森精機に比べると給料水準で劣るものの、マキタ、アマダと同じ水準。

年齢ごとの年収の目安

OSGでは「総合職」「一般職」という採用区分はない。

院卒・大卒・高専卒は総合職、高卒は技能職が基本。

総合職(大卒・院卒・高専卒)

年収偏差値65

大卒・院卒・高専卒の平均年収は事務系・技術系どちらも700万円前後になると推定。

職種ごとに基本給は若干異なるものの、年収の違いには大きく影響せず、有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

OSGでは大卒・院卒・高専卒では「総合職」として採用。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

40歳ごろになると管理職へ昇進する社員が増加。これにより、年収1,000万円以上になる人も出てくる。

なお、営業職は営業手当13,000円、給食手当5,000円を別途一律支給される。

製造現場(高卒)

年収偏差値55

OSGの高卒が主流の製造現場(工場勤務)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では550万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準とは言えないものの、大卒以上の職種と比べると劣る。

もっとも、高卒を対象とした採用はかなり少ない。新卒採用でも、大量募集なのはあくまでも院卒・大卒・高専卒向けの職種のみ。


広告

初任給について

OSGでは、公開募集では大卒・院卒・高専卒・高卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

OSGの初任給

  • 院卒(博士了):306,450円
  • 院卒(修士了):238,500円
  • 大卒(学部卒):214,000円
  • 高専卒:192,500円
  • 高卒:165,160円

出典:マイナビ「OSG(株)」-2020年度実績

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。