リョービの年収は650万円と推定、賞与は5.64ヶ月分

アルミダイカスト製品を生産するリョービ

リョービの平均年収は約650万円。賞与は年間で5.64ヶ月分が支給(2019年度の実績)。ここ最近では、2019年度は687万円、2018年度は680万円、2017年度は663万円。

給料水準は基本給、ボーナス支給額が他の大手企業と比較すると並みレベル。高くも低くもない。

非鉄金属メーカーの中では平均より若干低い金額。賞与面は業績連動型のため、年度による給料の差も発生しやすい。


公式の平均年収は653万円

年収653万円の目安(上流階級)
リョービの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収金額
2019年 6,870,861円
2018年 6,795,199円
2017年 6,633,261円
2016年 6,540,939円
2015年 6,201,719円
2014年 5,981,631円
2013年 5,670,759円

リョービの従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では653万円という金額が出ている。

過去7年間では500~600万円台で推移。年度による違いがやや大きい。景気動向にも左右されやすい会社ではある。

これには基本給・賞与・各種手当(家族手当、通勤手当、時間外手当)などすべてが含まれている。

ボーナスは5.64ヶ月分

ボーナス年間5.64ヶ月分

リョービの賞与は年間5.64ヶ月(固定)

2019年度のリョービのボーナスは年間で平均5.64ヶ月分が支給された。組合員1人平均の具体的な金額は年間1,777,320円。

その前年度の2018年度は5.2ヵ月分(組合員平均年間1,637,578円)。

例年もほぼ4.5~6.0ヶ月分前後で推移。賞与はどの社員も基本給ベースに計算される。自動車メーカーのように個人評価はほとんど考慮されない。

製造業大手の中でも「やや高い」に相当する水準。年間で5.64ヶ月分が支給される会社は、世間一般で結構見られる。高くも低くもないというのが率直な感想。

  • 住友電気工業:5.0ヶ月
  • 三菱マテリアル:5.0ヶ月
  • 古河電気工業:4.65ヶ月
  • 住友金属鉱山:6.0ヶ月
  • フジクラ:4.5ヶ月
  • 日本軽金属:5.7ヶ月
  • DOWAホールディングス:6.0ヶ月

参考までに、非鉄金属メーカーの主な会社の賞与実績は上記の通り。いずれも2019年の実績。

※追記:リョービの2020年度の賞与は4.34ヶ月分。

勤続年数ごとの年収

リョービの勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用入社3年目:360万円
  • 5年目:550万円
  • 7年目:550万円
  • 10年目:600万円
  • 15年目:650万円
  • 20年目:750万円

特に勤務状況が良くも悪くもない一般的な社員の場合、勤続年数別の年収ベースの金額はこのような感じになる。

なお、昇給のシステムは年功序列の傾向。少なくとも管理職への登用があるまでは、成績が良い社員も悪い社員も年齢ごとに上がっていく形。

年齢ごとの年収の目安

リョービでは院卒・大卒を対象とする「総合職」と高卒向けの製造現場の採用がある。

それぞれでは給料体系は大きく異なる。当然、年収の金額も異なる。

総合職(大卒・院卒)

年収偏差値65

リョービの大卒・院卒を対象とした総合職の年齢ごとの推定年収は平均で700万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-550万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

年齢別では、20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

技術系、事務系それぞれの職種ごとの違いはなく、基本的に給料体系は同じ。

年齢別では、20代は400~600万円、30代は600~800万円、40代及び50代は1,000~2,000万円になるだろう。

配属部門や役職によってもレンジ幅は異なるものの、全体像でみた平均的な金額は上記の範囲に入るだろう。

製造現場(高卒)

年収偏差値55

高卒が主流の製造現場の平均年収は550万円と推定。年齢別年収の目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

最終学歴(院卒・大卒)の年収の目安

大卒と院卒

リョービの最終学歴によって差が見られる。

リョービの初任給

  • 院卒(修士了):226,000円
  • 大卒(学部卒):210,000円
  • 高専卒:190,000円

出典:待遇 | 採用情報 | RYOBI | リョービ株式会社 (ryobi-group.co.jp)

年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくるが、初期の段階で高いのも事実。

院卒

リョービの院卒の平均年収は700万円前後になると推定。

有価証券報告書に記載の金額よりも50万円ほど1年間辺りの収入が多いと判断。

初任給は高めの金額に設定され、1ヶ月当たりの給料は最も高い。

さらに、賞与の計算方法も基本給ベースで算定されるため、院卒全体は大卒よりも平均年収+50万円という計算で750万円ほどが平均と判断。

大卒(学部卒)

大卒(学部卒)の平均年収は650万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額に近いと考える。

最も採用人数で多いのは大卒で、最終学歴としてボリュームゾーンのため、平均年収も650万円前後と判断。

同様に、役職や勤続年数で給料に違いが現れるのは確かで、新卒採用から4,5年経過すれば、同年代でも年収が高い・低い社員が出てくる。

高専卒

高専卒の平均年収は600万円前後になると推定。大卒よりも年間で50万円ほど低いと見込む。

昇給は大卒・院卒と同じく毎年実施され、さらに年功序列型ではある。

総合職では最終学歴別では最も低いものの、それでも上場企業全体の平均的な年間給与には到達できる。


広告

おすすめ記事

機械メーカー業界の年収について
業種 会社名
機械メーカー(重機) 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI住友重機械工業日立造船日立建機
工作機械メーカー ファナック安川電機DMG森精機マキタホシザキアマダ日本製鋼所SMC不二越ブラザー工業牧野フライス製作所オークマ三井海洋開発OSG
電機メーカー 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機富士通キヤノン東芝NECシャープリコー日本電産京セラ村田製作所TDK東京エレクトロンセイコーエプソンコニカミノルタミネベアミツミオムロン富士電機アルプスアルパインルネサスエレクトロニクスキオクシアキーエンス日清紡沖電気工業横河電機JVCケンウッドカシオ計算機ロームシスメックスイビデンアドバンテストアズビル明電舎太陽誘電日本航空電子工業ディスコ
非鉄金属 住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ

上記では機械メーカー業界の平均年収および給料体系について解説。