シスメックスの平均年収は800万円! 賞与は5~7ヶ月分

平均年収800万円のシスメックス

シスメックスの平均年収は約800万円。ここ最近では、2019年度は800万円、2018年度は782万円、2017年度は783万円。

ボーナス(賞与)は、2019年度は5~7ヶ月分が支給。年齢によって支給額が異なるが、製造業ではやや高めの基準。

年収ベースでもかなり高い方に分類、電機メーカーでも業界大手並み。


公式の平均年収は800万円

シスメックスの年収水準(800万円、貴族レベル)
シスメックスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 8,002,000円
2018年 7,822,000円
2017年 7,826,000円
2016年 7,853,000円
2015年 7,843,000円
2014年 7,777,000円
2013年 7,630,000円

シスメックスの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では800万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも800万円前後の範囲で概ね推移。傾向としては横ばい状態

これには基本給・賞与・各種手当(住宅手当、時間外手当、教育手当、役職手当、責任者手当、単身赴任手当、障がい者扶養手当、通勤手当)などすべてが含まれている。

ボーナス

ボーナス年間5.5ヶ月分(シスメックス)

シスメックスの年間賞与は5~7ヶ月分(2019年度実績)

シスメックスではボーナスは社員平均で年間で基本給の5~7ヶ月分が支給。(2019年実績)

年齢やその年の業績によって支給基準が異なるが、おおむねこれくらいの範囲に収まる。30歳前後になると、賞与は年間で200万円には到達する。

なお、この年度の主な電機メーカーの年間ボーナスは以下の通り。

  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月

シスメックスは上記よりは低いものの、それら以外の電機メーカーでは高い方に該当。会社の規模は最大手級ではない割にはボーナスの支給基準は高い。

他社と比較して

年収900万円近くの日立製作所

年収900万円近くになる業界最大手の日立製作所

シスメックスは総合電機メーカーに分類される。平均年収に関しても、首位ではない。ソニー、日立製作所などよりは低めの金額。三菱電機、パナソニックなどとは同等。

上場企業全体でかなり高い方に分類。上場企業全体の平均年収は約600万円ということで、シスメックスはこれより+200万円。

会社の知名度の割にはかなり高いというのが個人的な印象。

総合電機メーカーと比較

総合電機メーカーの中でのシスメックスの給料水準は相当高い方。代表的な会社が公開している平均年収は次の通り。

  • 日立製作所:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • シャープ:7,592,000円

総合電機メーカーの代表的な企業の平均年収(18年度)は上記の通り。

シスメックスの2018年度の平均年収は782万円ということで、1,000万円を超えているソニー、900万円に近い日立製作所や東芝には負ける。

その一方、パナソニック、日本電気(NEC)、富士通、キヤノンなどよりは高い金額。

年齢別の年収の目安

グローバルコース

年収偏差値75

シスメックスのグローバルコースの平均年収は1,000万円程度になると推定。

新卒採用の時点から入社していると考えた場合、各年代の年収の目安は次の通りになる。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

20代で450~700万円、30代で600~1,000万円、40代及び50代で700~1,500万円が目安。

他社では「総合職」と呼ばれる職種。将来的な幹部候補ということで、転勤が多く、出世が早いのが特徴。

総合コース

年収偏差値65

シスメックスの総合コースの平均年収は800万円程度と推定。有価証券報告書に記載の金額に近い金額。

年齢別の平均年収は以下の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

ロームでは大卒・院卒向けでも「総合職」という名称は使用していない。便宜上、今回は大卒・院卒を一律「総合職」として取り扱う。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

専門コース

年収偏差値55

シスメックスの専門コースの年齢ごとの推定年収は平均で550万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 40-50万円
25-29歳 350-400万円 20-30万円 50-70万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 60-80万円
35-39歳 400-700万円 30-35万円 70-100万円
40-44歳 500-800万円 30-45万円 80-120万円
45-49歳 550-900万円 40-55万円 80-150万円
50-54歳 600-900万円 40-60万円 100-150万円
55-59歳 550-900万円 40-60万円 100-150万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安。

20代のうちは年収が300~400万円、30代は400~700万円、40代は500~900万円、50代は600~900万円が相場。

技術系と事務系で基本給が異なるものの、平均年収の差はそう大きくはない。


広告

年収に院卒・大卒・高専卒は関係ない

シスメックスでは大卒・院卒を採用。初任給は最終学歴に関係なく、職種ごとで決定。

シスメックスの初任給

  • グローバルコース:250,000円
  • 総合コース : 230,000円
  • 専門コース : 技術系 200,000円/事務系 180,000円

出典:マイナビ2021「シスメックス(株)」

院卒でも大卒でも高専卒でも、同一の職種であれば初任給は同じ。