日清紡HDの平均年収は750万円、賞与は4.5ヶ月分

日清紡ホールディングス

日清紡ホールディングスの平均年収は約750万円。ここ最近では、2019年度は752万円、2018年度は767万円、2017年度は763万円だった。

ボーナスは業績連動型だが、平均4.5ヶ月分が支給(2019年度)。電機メーカーとしてはやや低い水準。

年収ベースでは決して低いわけではなく、製造業としては大手企業の並みレベルには該当。


公式の平均年収は752万円

日清紡ホールディングスの平均年収752万円(上流階級)
日清紡ホールディングスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,516,110円
2018年 7,672,038円
2017年 7,628,097円
2016年 7,700,804円
2015年 7,644,536円
2014年 7,567,709円
2013年 7,012,648円

日清紡ホールディングスの従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では752万円という金額が出ている。

これには基本給・賞与・各種手当(家族手当、通勤手当、住宅手当、単身赴任手当、勤務地手当)などすべてが含まれている。

過去7年間ではどの年度も700万円台で推移する。ほぼ横ばいの傾向、上がっても下がってもない。

ボーナス

ボーナス年間4.5ヶ月分

2019年度の日清紡ホールディングスの賞与は年間4.5ヶ月分(業績連動型)

2019年度の日清紡ホールディングスのボーナスは年間で平均4.5ヶ月分が支給。業績連動型で支給額が決定する。

景気動向などによって年々もらえる金額が異なるものの、余程のことがない限りは4ヶ月分以上、5ヶ月分以下の範囲には収まる。

業界内他社と比較した場合、賞与は大手では低い方に分類。

電機メーカー各社も、自動車部品メーカー各社も東証一部上場企業では5ヶ月分以上が支給される会社がそれなりに多い。

他社と比較して

日清紡ホールディングスは上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い。

上場企業全体の平均値は約600万円。ということで、日清紡ホールディングスはこれより+150万円ほど高い。

電機メーカー大手よりは低い

電機メーカー

電機メーカーの中での順位では、日清紡ホールディングスの平均年収は低い。

主な企業の平均年収(2018年度)をまとめると、以下の通り。

  • 日立製作所:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • 京セラ:7,592,000円
  • キーエンス:21,106,666円

日清紡ホールディングスは上記の総合電機メーカーと比較するとやや下位に位置する。他の会社を見ると、800万円を超えているところも複数社ある。

日立製作所の894万円、ソニーの1,051万円、三菱電機の817万円、東芝の915万円のように、平均給料で日清紡ホールディングスを上回るところは結構ある。

同水準の企業は、キヤノンや京セラなど。いずれも750万円前後の企業。

自動車部品メーカーでは上位

自動車部品メーカー

一方、自動車部品メーカーの中で見ると平均年収は高い水準。完成車メーカー各社と比べても、中の上になるほど。

自動車完成車メーカーに匹敵する。

主な自動車メーカーの平均年収(2018年度)は以下のように公表されている。

  • トヨタ自動車:8,515,525円
  • 本田技研工業:8,198,000円
  • デンソー:8,168,127円
  • 日産自動車:8,154,953円
  • いすゞ自動車:7,663,000円
  • 三菱自動車工業:7,421,000円
  • スズキ:6,814,081円
  • マツダ:6,769,000円
  • 日野自動車:6,670,000円
  • SUBARU:6,632,318円

トヨタ、Honda、日産よりは低いものの、スズキ、マツダ、SUBARUなどよりは高い金額。

年齢ごとの年収の目安

年収偏差値65

日清紡ホールディングスの総合職の平均年収は事務系・技術系どちらも750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額に準ずる。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

日清紡ホールディングスでは大卒・院卒向けの「総合職」を採用対象としている。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

※「技術系」とは、開開発、設計、実験、生産技術、品質保証、設備保全等の業務に携わる分野。

※「事務系」とは、営業、生産管理、商品企画、経理、情報システム等の業務に携わる分野。


広告

最終学歴(院卒・大卒)の年収差

日清紡ホールディングスの院卒(修士了)の平均年収は750~800万円、大卒(学部卒)は700~750万円と推定。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

日清紡ホールディングスの初任給

  • 院卒(博士了):259,000円
  • 院卒(修士了):238,200円
  • 大卒(学部卒):215,800円

出典:マイナビ「日清紡ホールディングス(株)」-2020年度実績

博士了と修士了の入社時点での基本給の差額は20,800円、修士了と学部卒の差額は22,400円。

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。