【給料比較】日立グループの平均年収を一覧化!

日立グループ

日立グループの平均年収は全体で650~700万円ほど。各社で給料体系は異なる。基本的に規模と比例。

電機メーカー業界としては、グループ一体で見ると最高。関連会社として、工作機械、IT(情報通信)、自動車関連などの分野を手がける会社もある。


日立グループの平均年収

企業名 年収(概算) 年収(有価証券報告書2019年) ボーナス(2019度)
日立製作所 900万円 9,026,872 6.3ヶ月
日立建機 700万円 7,296,000 6.0ヶ月
日立造船 650万円 6,773,024 4.0ヶ月+40万円
日立金属 650万円 6,713,000 2.0ヶ月
日立コンサルティング 800万円 年俸制
MHIパワーエンジニアリング 750万円 5.5ヶ月
日立ソリューションズ 700万円 6ヶ月
日立インダストリアルプロダクツ 700万円 5ヶ月
日立プラントコンストラクション 700万円 5.85ヶ月
日立パワーソリューションズ 700万円 5.76ヶ月
日立ハイテク 700万円 5.0ヶ月
日立産機システム 650万円 5.7ヶ月
日立パワーデバイス 600万円 5.0ヶ月
日立ハイシステム21 600万円 4ヶ月
日立システムズエンジニアリングサービス 600万円 738,000円
日立ヘルスケアシステムズ 600万円 4.0ヶ月
日立グローバルライフソリューションズ 600万円 5.2ヶ月
日立オートモティブシステムズ 600万円 5.2ヶ月

上記は日立グループに属する企業のうち、上場企業の平均年収の表。

単独で上場する企業に関しては、有価証券報告書に記載の、従業員の平均年間給与も記載。

900万円以上:日立製作所

日立製作所

平均年収が900万円以上に達するのは、日立グループの親会社である日立製作所のみ。

総合電機メーカーとして、日本国内のみならず世界中で知られている巨大企業。

日本の全業種中でもトヨタ自動車、日本電信電話に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業との事。

その分、年収もかなり高い金額。総合商社や一部の資源エネルギー関連会社、製薬会社などと比較すると金額的に劣るものの、世間一般ではかなり高いのは確実。

800万円~:日立コンサルティング

日立コンサルティング

年収が平均800万円以上となるのは日立コンサルティング

名前の通りコンサルティングファーム、あるいはシンクタンク。

基本的にシンクタンク関連はどこも年収が高いが、日立製作所参加の日立コンサルティングも例外ではない。

700万円~:日立建機、日立建機、日立ソリューションズなど

日立ソリューションズ

日立グループの中で平均年収が700万円以上に到達する企業は下記の通り。

この辺りからは複数社がラインアップ。日立グループの中では比較的上位の規模で、事業内容も性質的に収益性が良いため、社員の給料事情も良好。

日立建機、日立ソリューションズこそは有名で、多くの人が聞いたことがある会社だが、それ以外はあまり知られていない。

650万円:日立造船、日立金属、日立産機システム

日立金属

平均年収650万円に入るのは、日立造船日立金属日立産機システムの3社。

日立造船、日立金属は上場企業、日立産機システムは非上場で日立製作所の完全子会社。

日立グループの中では平均的な金額。世間一般と比較しても、上場企業全体の平均よりは若干高いにとどまる。

会社規模こそは大きいものの、事業内容の性質上、収益性が低い傾向。特に日立造船、日立金属では、中国などの新興国企業との激しい競争があることもあって、これが顕著。

その分、平均年収も思ったほどは高くない。

600万円:日立Astemo、日立パワーデバイスなど

日立Astemo

年収600万円前後には、下記の企業が入る。

  • 日立パワーデバイス
  • 日立ハイシステム21
  • 日立システムズエンジニアリングサービス
  • 日立ヘルスケアシステムズ
  • 日立グローバルライフソリューションズ
  • 日立Astemo(旧日立オートモティブシステムズ)

日立グループではどちらかというと下位クラス。少なくとも上場する会社としては平均値に近い金額のため、給料水準は高くはない。。

様々な業種を総合的に見た場合の上場企業の平均年収は約600万円。

ここにランクインする企業は日立グループの中でも、一般人は聞いたことがない会社が並ぶ。

日立Astemoは日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業の3社と経営統合してできた会社。主要株主は日立製作所は3分の2、本田技研工業が残りの3分の1を保有。

日立製作所の完全子会社ではなく、ホンダ系列の一員でもあるものの、「日立グループ」には入る。

全体的な傾向

同じ「日立グループ」という資本関係に属していても、各社で給料体系は異なる。

初任給から基本給、賞与まで各グループ会社それぞれ独自の制度を採用している。

平均年収が高いグループ会社の特徴は、知名度が高くて、手掛ける製品の受注が好調な会社という点があげられる。

逆に会社の規模の割には平均年収が低いのは、船舶や自動車部品、その他電気製品の一部のみを手掛ける会社。

おすすめ記事

機械メーカー業界の年収について
業種 会社名
機械メーカー(重機) 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI住友重機械工業日立造船日立建機
工作機械メーカー ファナック安川電機DMG森精機マキタホシザキアマダ日本製鋼所SMC不二越ブラザー工業牧野フライス製作所オークマ三井海洋開発OSG
電機メーカー 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機富士通キヤノン東芝NECシャープリコー日本電産京セラ村田製作所TDK東京エレクトロンセイコーエプソンコニカミノルタミネベアミツミオムロン富士電機アルプスアルパインルネサスエレクトロニクスキオクシアキーエンス日清紡沖電気工業横河電機JVCケンウッドカシオ計算機ロームシスメックスイビデンアドバンテストアズビル明電舎太陽誘電日本航空電子工業ディスコ
非鉄金属 住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ

上記では機械メーカー業界の平均年収および給料体系について解説。