東芝の平均年収は約850万円! 賞与は5.5ヶ月分

東芝

東芝の平均年収は約850万円。ここ最近では、2019年度は867万円、2018年度は915万円、2017年度は815万円。

ボーナス(賞与)は、2019年度は5.5ヶ月が支給された。業績連動型のため、その年度の売上高などによって変動する。

製造業全体としてはかなり高い方に分類される。総合電機メーカーでも上位勢に入る。


公式の平均年収は902万円

年収水準(貴族レベル)
東芝の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 8,675,871円
2018年 9,150,895円
2017年 8,155,710円
2016年 7,105,753円
2015年 8,275,173円
2014年 8,447,408円
2013年 8,118,792円
2012年 8,008,839円

東芝の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では902万円という金額が出ている。

過去8年間ではいずれも800~900万円の範囲で概ね推移している。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・住宅費補助、通勤手当、次世代育成手当)などすべてが含まれている。

2016年度だけは700万円台に急落しているが、これはアメリカの原子力事業には多額の損失(約7,000億円)を出したことが影響した。

ボーナス

ボーナス年間5.5ヶ月分

2019年度の東芝の賞与は年間で5.5ヶ月分前後

東芝ではボーナスは社員平均で年間で基本給の5.5ヶ月分が支給された。(2019年実績)

業績連動型のため、日立製作所や三菱電機のように春闘で決まるわけではない。年々変動する。

好況であれば売上が伸びてボーナスも高めになる一方、不況になると一気に下がる。

それでも製造業では良好な水準。他社では4~5か月分が多い中、東芝は5~6か月分は出る年が多い。

なお、この年度の主な製造業の年間ボーナスは以下の通り。

  • トヨタ自動車:6.7ヶ月
  • 日産自動車:5.7ヶ月
  • 本田技研工業:6.3ヶ月
  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月

ただし、コロナウイルスの影響が深刻な時代には、ボーナスは大幅に下がる。

リーマンショックの影響がまだ残っていた2012年度は、年間の賞与支給額は5.28ヶ月分だった。

他社と比較して

総合電機メーカーでは、東芝は業界首位ではない。平均年収に関しては、首位ではない。

とはいえ、テレビCMを放映する大手企業としては相応しい金額には到達。上位勢のグループには入る。

上場企業全体の平均金額も大きく上回る。上場企業の平均年収は約600万円。東芝はこれよりも+250万円ほどリードする。

総合電機メーカーと比較

他の総合電機メーカー
  • 日立製作所芝:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • シャープ:7,592,000円

総合電機メーカーの代表的な企業の平均年収(18年度)は上記の通り。

1,000万円を超えているソニーには完敗。900万円を超えた東芝でも若干の差で負けている。

しかし、日立製作所、パナソニック、三菱電機、富士通、NECなどには勝っている。

業界上位とはまでは言えない立ち位置だが、年収面では最上位級といってよいだろう。

総合職

年収偏差値75
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-900万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-1,000万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,200万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 900-1,500万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 900-1,500万円 50-70万円 150-200万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

総合職は東芝の中でも最も給料体系が高い職種。勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

事務系

事務系では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 営業(海外・国内)
  • 生産企画・管理
  • 総務・人事
  • 財務・経理
  • 調達
  • 法務
  • 知的財産

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

20代のうちは年収が400~700万円。30代は600~1,000万円、40代と50代は700~1,500万円。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

技術系

技術系では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 研究開発
  • 開発設計
  • システムエンジニア
  • セ-ルスエンジニア
  • プラントエンジニア
  • フィールドエンジニア
  • 生産技術
  • 品質管理
  • 知的財産

技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

同様に、20代のうちは年収が400~700万円。30代は600~1,000万円、40代と50代は700~1,500万円。

参考:<考察>高学歴なのに低収入な人たちの原因はここ!

製造現場(高卒)

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-550万円 35-40万円 100-120万円
30-34歳 550-650万円 40-45万円 120-150万円
35-39歳 600-750万円 45-50万円 120-170万円
40-44歳 700-800万円 45-55万円 150-200万円
45-49歳 750-850万円 50-60万円 150-200万円
50-54歳 800-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

高卒採用が中心の製造現場の年齢別年収の目安は上記の通り。全体の平均年間給与は700万円程度と推定。

主な仕事内容は製造現場での業務。もちろん、大卒・院卒、高専卒よりは給料体系が安いのは確か。

20代で400万円台前半、30代で500~750万円、40代で700~800万円台、50代で800~900万円が平均的な社員の年収。


広告

最終学歴ごとの年収の差

東芝では、公開募集では大卒・院卒(博士課程修了、修士課程修了)を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

東芝の初任給

  • 院卒(博士課程修了):286,000円
  • 院卒(修士課程修了):239,500円
  • 大卒(学部卒):215,500円

出典:http://www.toshiba.co.jp/saiyou/shinsotsu/information/base.html

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

最終学歴よりもこれらの要素によって給料水準が高い人と低い人が出る。

院卒

東芝の院卒の平均年収は900万円前後になると推定。

初任給の時点で学部卒と修士了(院卒)では1ヶ月当たり24,000円の差がある。

年間で29万円程度の違いが最終学歴だけで生じる。

修士課程修了と博士課程修了では46,500円の差がある。こちらはさらに差額が広がる。

さらに、賞与の計算方法も基本給ベースで算定されるため、大卒よりも平均年収+50万円という計算で850万円ほどが平均と判断。

入社後数年経過すると、最終学歴よりも個別の実績等によって年収は違ってくるものの、全体的に見れば院卒>大卒になるはず。

大卒(学部卒)

大卒(学部卒)の平均年収は850万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額に近いと考える。

最も採用人数で多いのは大卒で、最終学歴としてボリュームゾーンのため、平均年収も800万円前後と判断。

なお、大卒(学部卒)では理系よりも文系が多め。理系は大学院に進学する人が一定数いるが、文系ではかなりマイナーのため。