キーエンスの平均年収は約1,800万円、賞与は人事査定で変動

平均年収1,800万円のキーエンス

キーエンスの平均年収は約1,800万円。ここ最近では、2019年度は1,839万円、2018年度は2,111万円、2017年度は2,089万円。

ボーナスはかなり高い金額で、業績連動かつ個人評価で支給額が決定するが、概ね10~60ヶ月分ほどに換算。総合電機メーカーでは完全に業界トップ。

総合商社や金融業以上の給料体系。企業名こそはそれほど知名度が高くないが、給料は相当高い。


公式の平均年収は1,839万円

年収1,000万円を超えるキーエンス
キーエンスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 18,392,309円
2018年 21,106,666円
2017年 20,885,270円
2016年 18,617,851円
2015年 17,770,822円
2014年 16,882,469円
2013年 14,401,001円

キーエンスの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では1,839万円という金額が出ている。

過去7年間ではいずれも1,400万円から2,100万円前後で推移。年度によって大きく変動している。

傾向としては、2018年度までは毎年上昇し続けていたものの、2019年度は前年度を下回った。

これには基本給・賞与・各種手当(業績手当、時間外手当、地域住宅補助手当、リフレッシュ手当、通勤手当)などすべてが含まれている。

ボーナス:年間10~60ヶ月分

ボーナス10~60か月分(業績連動+人事査定で決定)

キーエンスの賞与は年間10~60ヶ月分、業績連動+人事査定で決定

キーエンスのボーナスは業績連動型かつ個人評価型。したがって、その年度の会社の売上高と社員個人の成績で賞与の支給額が決定。

全体的な目安では年間で10~60ヶ月分が支給。年4回に分けて支給される。具体的には、3月、6月、9月、12月。

  • 春秋:業績賞与のみ
  • 夏冬:業績賞与+基本給×2.5×人事査定結果

春と秋は業績連動型で、個人評価は特に考慮されない。夏と冬は個人評価が大きく考慮される。人事評価が低い社員では、ボーナスの支給額は少なくなる。

とはいえ、電機メーカー各社と比較するとキーエンスのボーナスは全体的に高い。

  • トヨタ自動車:6.7か月
  • 日産自動車:5.7か月
  • 本田技研工業:6.3か月
  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月

上記の企業の中でも、キーエンスは突出。総合電機メーカーでは売上高首位の日立製作所をも超える。

製造業のみならず、世間全体で見ても特に勝ち組ともいえるレベル。6ヶ月分を超えるボーナスが支給される企業でさえ数えるほどしかない。

他社と比較して

平均年収に関しては、電機メーカー大手では首位に立つのがキーエンス。

全業種の中では、年収が高い企業は他にいくつも存在する。例えば、銀行・保険・証券などの金融業界、総合商社(三菱商事など)、資源インフラ系企業では1,000万円超に達するほどだが、それらよりもさらに高いのがキーエンス。。

なお、上場企業全体の平均年収は約600万円。キーエンスは単純計算でこれの3倍に達する。

他の電機メーカーを圧倒

総合電機メーカー
  • キーエンス:21,106,666円
  • 東京エレクトロン:12,720,452円
  • ソニー:10,509,690円
  • 日立製作所:8,943,244円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • シャープ:7,592,000円

総合電機メーカーの代表的な企業の平均年収(18年度)は上記の通り。

業界内でも特に給料が高いとして有名なのは東京エレクトロン、ソニーの2社。しかし、キーエンスはこれらの1.5~2倍弱にもなる。

日立製作所、パナソニック、三菱電機、富士通、キャノン、NEC(日本電気)なども就職先として非常に人気の超大手企業だが、キーエンスとは全く比べ物にならない水準。

年齢ごとの年収の目安

年収偏差値75
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 500-600万円 25-30万円 75-120万円
25-29歳 700-1,000万円 30-50万円 120-180万円
30-34歳 800-1,500万円 50-70万円 150-250万円
35-39歳 1,000-2,000万円 50-80万円 200-300万円
40-44歳 1,000-2,500万円 60-90万円 250-350万円
45-49歳 1,000-3,000万円 60-90万円 250-350万円
50-54歳 1,000-3,000万円 60-90万円 200-300万円
55-59歳 1,000-3,000万円 60-90万円 200-300万円

キーエンスの年齢ごとの推定年収。有価証券報告書に記載の通り、全体の平均年間給与は1,100万円程度と推定。

20代は500~800万円、30代は800~1,500万円、40代及び50代は1,000~2,000万円になるだろう。

大卒(学部卒)・院卒(修士課程修了)いずれも社内で最も給料体系が高い職種。

コースは大きく分けて文系が主流の「ビジネス職」「S職(事務職)」と理系限定の「エンジニア職」があるが、給料体系はいずれも同じ。

  • ビジネス職:営業など
  • エンジニア職:商品開発、ソフトウェア開発、コンサルティングエンジニア、生産技術、知財、ICT(情報システム)
  • S職(事務職):営業事務、販売促進、総務、経理、人事

なお、キーエンスでは「総合職」という呼び方はしていない。とはいえ、実質的には一般的な企業の総合職と性質は同じ。

20代で1,000万円以上にも

20代で早くも年収1,000万円のキーエンス

キーエンスは若い社員でも高給取りになりやすいのが特徴。

20代後半で年収1,000万円以上にもなる社員もいるほど。

基本給は概ね年功序列に近い制度だが、賞与は実力主義の傾向。ゆえに、個人成績が良い社員となれば、若いうちから年収1,000万円を超えた年収になる。

ただし、その分仕事も非常にハードなのも確か。

キーエンスの厳しさに付いていけなくて退職する社員もいる。離職率は大手製造業の中では高い。

リクナビでも以下の記載がある。

過去5年間(2014~2018年度)の離職率は2~4%台を推移しています。
「平均勤続年数」「平均年齢」が低いのは、まだ会社が出来てから47年の比較的若い企業であり、100名超の新卒採用を実施し始めて20年程度であるため、20~40代の社員比率が高いことがその理由です。

出典:リクナビ2021「株式会社キーエンス」」

30代で年収2,000万円も

30代なら年収2,000万円もあり得る

さらに、キーエンスでは30代で年収2,000万円に達する社員もいる。

個人成績が好調な社員となれば、春夏秋冬の4回の賞与支給額が合計1,500万円以上に達することもあり得る。

平均的な社員に関しても、30~35歳くらいまでには年収1,000万円以上には達する。

評価が低い社員に関しても、新卒採用からキーエンスに所属している社員なら、最低でも800万円以上にはなる。上場企業の平均値である600万円前後ということはまずない。


広告

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

キーエンスの採用対象の最終学歴

キーエンスの最終学歴ごとの平均年収は、院卒(修士了)は1,900万円、大卒(学部卒)は1,800万円と推定。

あくまでも予想の範囲だが、これくらいが概算値になるのではないか。

次に初任給について。入社直後の基本給は最終学歴によって差が見られる。

キーエンスの初任給

  • 院卒(修士課程修了):240,000円
  • 大卒(学部卒):220,000円

出典:リクナビ2021

院卒と大卒の差額は2万円。賞与の算定基準にもなるとはいえ、年収ベースでは大きな影響は出ない。

年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。