ルネサスエレクトロニクスの平均年収は800万円だが、賞与ゼロも

ルネサスエレクトロニクス

ルネサスエレクトロニクスの平均年収は約800万円。ここ最近では、2019年度は773万円、2018年度は804万円、2017年度は892万円。

ボーナス(賞与)は社員によってが支給額が大幅に異なる。0~200万円の範囲になるが、業績連動型と同時に個人評価によって支給額が決定。

出来が悪い社員は賞与無しなんてこともある。年功序列型でなかく、実力主義の色合いが濃い会社なのがルネサスエレクトロニクス。


公式の平均年収は773万円

平均年収773万円だったルネサスエレクトロニクス
ルネサスエレクトロニクスの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,734,398円
2018年 8,040,841円
2017年 8,920,965円
2016年 7,616,345円
2015年 9,104,730円
2014年 8,682,215円
2013年 6,172,808円
2012年 6,691,898円

ルネサスエレクトロニクスの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では773万円という金額が出ている。

過去8年間では600~900万円の範囲で概ね推移するが、年度による違いが大きい。2015年度までは年々上昇する傾向が見られたが、2016年度からは降下している。

とはいえ、一貫した上昇・下降の傾向はなく、前年度比で100万円ほど上下する年もある。

2012~2013年度はまだリーマンショック直後という時期でもあって、平均年収は600万円台に留まっていた。

これには基本給・賞与・各種手当(住宅手当、家族手当、資格手当、超過勤務手当、通勤費(全額支給)、資格手当、スペシャリスト手当)などすべてが含まれている。

ボーナス

ボーナス支給無し

ルネサスエレクトロニクスではボーナスは社員平均で年間0~200万円とかなり激しい変動幅。

業績連動型であるのと同時に、個人評価が大きく影響する。成績が悪い社員だと最悪の場合、「ボーナスゼロ」ということもあり得る。

とはいえ、全体的には4ヶ月分ほどと推定。余程のことがない限りは3ヶ月分を下回ることはないだろう。

なお、この年度の主な電機メーカーの年間ボーナスは以下の通り。

  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月

ルネサスエレクトロニクスは上記の中では並みに該当。会社の規模は最大手級ではない割にはボーナスの支給基準はやや高い。

他社と比較して

平均年収700~800万円の企業が主流の電機メーカー

ルネサスエレクトロニクスは半導体メーカーに分類されるが、電機メーカー各社と比較すると業績は良いわけではない。

ソニー、日立製作所などよりは低めの金額。三菱電機、パナソニックなどとは同等か若干低め。これらの企業はいずれも年度による違いは小さいため、ルネサスエレクトロニクスは不安定とも言える。

もっとも、上場企業全体で高い方に分類。上場企業全体の平均年収は約600万円ということで、ルネサスエレクトロニクスはこれより+150~200万円。

電機メーカーと比較

総合電機メーカーの中でのルネサスエレクトロニクスの給料水準は相当高い方。代表的な会社が公開している平均年収は次の通り。

  • 日立製作所:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • シャープ:7,592,000円
  • オムロン:8,216,000円

総合電機メーカーの代表的な企業の平均年収(18年度)は上記の通り。

1,000万円を超えているソニー、900万円に近い日立製作所や東芝には負ける。

平均年収が700万円台後半かそれ以上で推移すれば、電機メーカーでも標準的な金額だが、600万円台にまで下がると大幅に劣る金額になる。

年齢ごとの年収の目安

ルネサスエレクトロニクスでは総合職・一般職の区別はない。大卒・院卒で初任給が違いだけである。

新卒採用の時点から入社していると考えた場合、各年代の年収の目安は次の通りになる。

大卒、院卒

ルネサスエレクトロニクスの院卒(修士了)の平均年収は約800万円、大卒は約750万円と推定。

初任給が院卒の方が+2.4万円高いことから、基本給と賞与の面で有価証券報告書に記載の平均値よりもやや高い。反面、学部卒は院卒よりも基本給が低いため、全体の平均年収も若干下がる。

年収偏差値75
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 0-95万円
25-29歳 400-600万円 30-40万円 0-120万円
30-34歳 450-700万円 40-55万円 0-200万円
35-39歳 600-800万円 45-55万円 0-200万円
40-44歳 600-1,000万円 45-60万円 0-250万円
45-49歳 600-1,200万円 55-80万円 0-300万円
50-54歳 600-1,200万円 55-80万円 0-300万円
55-59歳 600-1,200万円 50-70万円 0-200万円

上記は院卒・大卒の年齢ごとの推定年収の目安を示した表。

20代で450~700万円、30代で600~1,000万円、40代及び50代で700~1,500万円が目安。

40代からは管理職になると年収1,000万円以上の社員が増える。

50代になるとやや下がる人も出てくるが、それでも年収1,000万円以上が平均値になると推定。

ただし、前述のようにボーナスが社員個人の評価で算出されるため、個人によって年収の違いが大きい。

職種ごとの違いは原則ない

NECの技術系・事務系の給料

なお、ルネサスエレクトロニクスでは以下の職種がある。

技術系(理系)

  • アプリケーションエンジニア
  • 組込みソフトウェアエンジニア
  • デバイスエンジニア(デジタル製品開発)
  • デバイスエンジニア(アナログ製品開発)
  • ウエハプロセス技術開発エンジニア
  • 実装技術エンジニア
  • 品質保証
  • 知的財産権
  • 情報システム
  • テクニカルマーケティング

事務系(文系・理系)

  • セールス&サプライチェーンマネジメント
  • コーポレート(人事総務・経理)

いずれも職種ごとの給料体系に違いはない。役職、勤続年数、評価、残業時間の長さ、家族手当等の有無によって異なるに過ぎない。

もっとも、上記の年収の目安には通勤手当や家族手当、住宅手当などが含まれるため、実際の感覚としてはもっと給料が少ないと感じるかもしれない。


広告

初任給について

最終学歴

ルネサスエレクトロニクスでは、公開募集では大卒・院卒・高専卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

ルネサスエレクトロニクスの初任給

  • 院卒(修士了):236,500円
  • 大学卒(学部卒):212,500円

出典:マイナビ2021「ルネサスエレクトロニクス(株)」

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

最終学歴よりもこれらの要素によって給料水準が高い人と低い人が出る。