ミネベアミツミの平均年収は700万円、賞与は6.0ヶ月分

平均年収がおよそ700万円のミネベアミツミ

ミネベアミツミの平均年収は約700万円。ここ最近では、2019年度は705万円、2018年度は726万円、2017年度は702万円。

ボーナス(賞与)は、2019年度は社員平均で6.0ヶ月分が支給。製造業では比較的高い方に分類され、総合電機メーカー大手でも平均的な水準。

一方、年収ベースでも最大手級の会社と比較するとやや低い水準。


公式の平均年収は705万円

平均年収705万円の目安(上流階級)
ミネベアミツミの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,055,000円
2018年 7,258,000円
2017年 7,019,000円
2016年 6,793,000円
2015年 6,773,000円
2014年 6,611,000円
2013年 5,979,000円

ミネベアミツミの平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では705万円という金額が出ている。

過去7年間では概ね600~700万前後の範囲で推移。年々概ね上昇傾向であるが、2016年以前は700万円には届いていない。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、住宅手当、家族手当、残業手当)などすべてが含まれる。

ボーナス

ミネベアミツミのボーナス年間6.0か月分

2019年度のミネベアミツミのボーナスは年間6.0ヶ月分

ミネベアミツミではボーナスは組合員平均で年間6.0ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

他のライバル他社と比較した場合、賞与は大手電機メーカーでは高い方に分類。

景気動向が悪化、あるいは成績が悪いなどでなければ、5か月分を下回ることは稀。

なお、この年度の大手電機メーカーの年間ボーナスは以下の通り。

  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月
  • 富士通:5.5ヶ月
  • 日本電気(NEC):6.0ヶ月
  • 東芝:5.5ヶ月
  • キヤノン:5.5ヶ月

最大手の日立製作所やソニーに比べると賞与は劣る。しかし、三菱電機、パナソニック、富士通、東芝、キヤノンよりは高い基準。

とはいえ、コロナウイルスの影響が深刻な時代には、いずれの会社でもボーナスは大幅に下がる。リーマンショック直後のような不況時も同じ。

年齢別の年収の目安

総合職は大卒・院卒・高専卒を対象とする。製造現場は主に高卒を採用対象とする。

ミネベアミツミでは旧来からの企業のような「総合職」という呼び名はしていないものの、今回は分かりやすくするためにこう定義する。

総合職(大卒・院卒・高専卒)

年収偏差値65

大卒・院卒・高専卒の平均年収は700~750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

20代で450~700万円、30代で600~1,000万円、40代及び50代で700~1,500万円が目安。

ミネベアミツミの中でも最も給料体系が高い職種。管理職となれば1,000万円以上に達する。

一方、係長級以下の組合員であれば、年収は最高で800万円前後が上限だろう。

なお、職種ごとの違いはない。営業、管理、技術いずれも給料体系は同じ。

ミネベアミツミの職種とは?

技術系:基礎開発(含ソフトウェア・材料)/製品設計開発/生産技術・生産設備/製造加工技術/金型設計・製作/品質管理・解析/生産管理など
営業系:営業・技術営業
管理系:社内SE/経理・財務/資材/知的財産管理/人事・総務

技能職(高卒)

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 450-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

高卒が主流の製造現場(技能職)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では500~550万円と推定。

総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」と表現可能。

管理職になれば大卒・院卒並みかそれ以上の水準に達するが、組合員(係長級以下)では給料は低いと言わざるを得ない。

初任給について

大卒と高卒

初任給は最終学歴によって差が見られる。

ミネベアミツミの初任給

  • 博士了:255,500円
  • 修士了:231,000円
  • 大卒・高専専攻科卒:212,000円
  • 高専本科卒:192,000円
  • 高卒:非公開

出典:https://www.konicaminolta.com/jp-ja/recruit/stu/guideline/index.html

上記に加えて、ミネベアミツミでは「都市手当」又は「地域手当」が支給。都市部以外では5,000円、都市部は14,000円が毎月支給される。

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。