富士電機の平均年収は750万円、賞与は5.6ヶ月分

富士電機

富士電機の平均年収は約750万円。ここ最近では、2019年度は763万円、2018年度は765万円、2017年度は752万円だった。

ボーナスは組合員平均で年間5.6ヶ月(2019年度)。例年も5.5ヶ月分前後で推移。製造業全体では「並み」だが、年収ベースでは比較的高め。

よく間違えられる「富士通」よりは若干低めの年収。


公式の平均年収は763万円

富士電機の平均年収763万円の目安(上流階級)
富士電機の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,634,106円
2018年 7,652,311円
2017年 7,521,510円
2016年 7,488,296円
2015年 7,461,973円
2014年 7,323,023円
2013年 7,118,994円

富士電機の従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では763万円という金額が出ている。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、時間外勤務手当、養育手当、住宅手当)などすべてが含まれている。

過去7年間ではどの年度も700万円台で推移する。平均年収は緩やかな上昇傾向が続いている。

※養育手当…18歳未満の扶養家族一人につき10,000円支給される。

ボーナス

ボーナス年間5.6ヶ月分(組合員平均)

2019年度の富士電機の賞与は年間5.6ヶ月分(組合員平均)

2019年度の富士電機のボーナスは組合員平均で年間5.6ヶ月分が支給。業績連動型ではなく、労使交渉で支給額が決定。

社員個人の評価はほとんど加味されないが、業界では並みレベル。大幅に高いわけではないが、低いわけでもない。

景気動向が悪化、あるいは成績が悪いなどでなければ下がるのは確かだが、近年は新興国企業の台頭で業績があまり良くはない。今後も5.6ヶ月分が維持されるかは不透明。

なお、この年度の電機メーカーの賞与を見ると、日立製作所は6.3ヶ月分、三菱電機は5.89ヶ月分、沖電気工業で4.6ヶ月分。これらの会社も春闘で支給基準が決定する。

他社と比較して

ボーナスが安定する製造業(自動車業界)

富士電機は上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い。

上場企業全体の平均値は約600万円。したがって、富士電機はこれより+150万円ほど高い。

一方、近年は中国などの海外(新興国)のメーカーと激しい競争にさらされていることもあって、富士電機の業績は成長段階にあるとは言えない。これは今後も続く可能性が高いという意見が強い。

総合電機メーカーでは普通

富士電機が属する総合電機メーカーの中での順位は中の下。

主な企業の平均年収(2018年度)をまとめると、以下の通り。

  • 日立製作所:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • 京セラ:7,592,000円
  • キーエンス:21,106,666円

800万円を超える電機メーカーが複数社ある中で、富士電機は給料で劣るのがわかる。

日立製作所の894万円、ソニーの1,051万円、三菱電機の817万円、東芝の915万円のように、平均給料で富士電機を大幅に上回るところは結構ある。

同水準の企業は、キヤノンや京セラなど。アベノミクスでも業績の上昇はあまり見られなかったところ。

年齢ごとの年収の目安

大卒・院卒(総合職)

年収偏差値65

大卒・院卒の平均年収は事務系・技術系どちらも750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

富士電機では大卒・院卒向けでも「総合職」という名称は使用していない。便宜上、今回は大卒・院卒を一律「総合職」として取り扱う。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

※「技術系」とは、開発設計、情報システム推進、生産技術(装置開発・量産技術・基幹製造技術)、品質保証・管理、セールスエンジニア、デザイン、知的財産の業務に携わる分野。

※「事務系」とは、営業、生産管理(生産企画・物流・調達)、財務・経理、法務、人事・総務、秘書、経営企画・広報・IRの業務に携わる分野。

製造現場(高卒)

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

高卒が主流の製造現場(工場勤務)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では550万円と推定。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準とは言えないものの、大卒以上の職種と比べると劣る。

幹部候補ではないため、総合職よりも昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。


広告

初任給について

富士電機では、公開募集では大卒・院卒および高専卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

富士電機の初任給

  • 院卒(修士了):236,500円
  • 大卒(学部卒):212,500円
  • 高専卒:187,500円

出典:マイナビ「富士電機(株)」-2019年度実績

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。