日本航空電子工業の平均年収は750万円、賞与は5.0ヶ月分

コネクターメーカー「日本航空電子工業」

日本航空電子工業の平均年収は約750万円。ここ最近では、2019年度は729万円、2018年度は756万円、2017年度は734万円だった。

ボーナスは年間5.0ヶ月分が支給(2019年度)。業績連動型ではなく、例年も5ヶ月分にほぼ固定されている。電機メーカーとしては並み。

年収ベースでも電気機器業界としても大手企業の並みレベルには到達。


公式の平均年収は729万円

日本航空電子工業の平均年収729万円(上流階級)
日本航空電子工業の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,290,000円
2018年 7,560,000円
2017年 7,340,000円
2016年 7,010,000円
2015年 7,720,000円
2014年 7,510,000円
2013年 7,000,000円

日本航空電子工業の従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では729万円という金額が出ている。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤費手当、超過勤務手当、外勤手当、食事補助手当)などすべてが含まれている。

過去7年間では700万円台で推移する。傾向はほぼ横ばい状態で、上昇も下降もしていない。

ボーナスは5.0ヶ月分実績

ボーナス年間5.0ヶ月分

2019年度の日本航空電子工業の賞与は年間5.0ヶ月分(業績連動型)

2019年度の日本航空電子工業のボーナスは年間で5.0ヶ月分が支給。例年も5ヶ月分でほぼ固定されている。

もっとも、業績が悪化した場合は5ヶ月分を下回ることはある。リーマンショック直後のような世界的な不況となれば、ボーナスは維持できない。

他の電機メーカー各社の賞与実績(2019年度)は下記の通り。

  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月
  • 富士通:5.5ヶ月
  • 日本電気(NEC):6.0ヶ月
  • 東芝:5.5ヶ月
  • キヤノン:5.5ヶ月

業界大手となれば5ヶ月分以上が支給される会社ばかり。日本航空電子工業もギリギリ5ヶ月分には到達している。

年齢ごとの年収の目安

日本航空電子工業の新卒採用の場合、採用区分は文系と理系に分かれている。

  • 理系:技術(研究・開発設計・生産技術・品質保証 等)、社内SE、事業管理、国内営業、海外営業
  • 文系:国内営業、海外営業、人事、経理、事業管理、経営企画

新卒1年目の給料体系はいずれも同じであるが、昇進のスピードなどで少し条件が異なる。

技術職、営業職、事務職

年収偏差値65

日本航空電子工業の総合職の平均年収は事務系・技術系どちらも750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額に準ずる。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

日本航空電子工業では大卒・院卒・高専卒向けの「総合職」を採用対象としている。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

最終学歴(院卒・大卒)の年収差

院卒と大卒の新卒採用応募者

日本航空電子工業の院卒(修士了)の平均年収は750~800万円、大卒(学部卒)は700~750万円と推定。

なお、初任給は最終学歴によって差が見られる。

日本航空電子工業の初任給

      • 院卒(修士了):236,500円
      • 大卒(学部卒):212,500円

出典:https://www.jae.com/recruit/new/info/

院卒(修士了)と学部卒の差額は24,000円。

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

文系・理系の違いは、給料体系では全くない。