パナソニックの平均年収は750万円、賞与は5ヶ月分前後

平均年収が約750万円のパナソニック

パナソニックの平均年収は約750万円。ここ最近では、2019年度は755万円、2018年度は774万円、2017年度は768万円だった。

ボーナスは年間で組合員平均5.0ヶ月が支給された(2019年度)。業績連動方式を採用していることから、毎年の支給額は異なる。

総合電機メーカー、あるいは製造業全体では比較的高い方に分類されるが、最上位クラスではない。


公式の平均年収は755万円

平均年収762万円の目安(上流階級)
パナソニックの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,546,379円
2018年 7,744,759円
2017年 7,680,506円
2016年 7,814,911円
2015年 7,890,026円
2014年 7,564,438円
2013年 6,910,824円

パナソニックの従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では755万円という金額が出ている。

過去7年間ではどの年度も概ね700万円台で推移するが、2013年度は700万円を下回っている。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤費全額、家族手当、住宅手当、公傷病手当、教育手当など)などすべてが含まれている。

上記の推移から、パナソニックの平均年収は横ばい状態で続いていることがわかる。

ボーナス

ボーナス年間5.0ヶ月分

2019年度のパナソニックの賞与は年間5.0ヶ月分(各社員で上下変動あり)

2019年度のパナソニックのボーナスは年間で平均5.0ヶ月分が支給された。

製造業大手では並み。高くもなく、低くもない範囲。この年は、日立製作所やソニー、日本電気(NEC)では6ヶ月分を超えていた。

それに比べるとボーナスは業界の規模の割には低い印象。

パナソニックは、賞与は業績連動型。労使協定で「〇ヶ月」と固定されているわけではない。

この年度の場合、他の電機メーカー及ぶそれ以外の製造業の代表的な企業のボーナスは以下の通り。

  • トヨタ自動車:6.7か月
  • 日産自動車:5.7か月
  • 本田技研工業:6.3か月
  • 日立製作所:6.3ヶ月
  • ソニー:6.9ヶ月
  • パナソニック:5.0ヶ月
  • 三菱電機:5.89ヶ月

自動車業界のトヨタ自動車、本田技研工業なども6ヶ月分を超えている。

ただし、世間には4ヶ月分またはそれ未満という会社もたくさんあるのは確か。業界大手でも、5ヶ月分に満たないところも数多くある。

他社と比較して

パナソニックは上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い。

上場企業全体の平均値は約600万円。したがって、パナソニックはこれより+150万円ほど高い。

ただし、総合電機メーカーの上位勢と比較するとやや劣る。

さらに、景気動向に左右される業界のため、不景気になると一気に業績は悪化。業績連動型のボーナス等が大幅に引き下げられ、平均年収も下がる。

機械メーカー大手では普通

 

パナソニックが属する工作機械メーカーの中での順位は比較的上位なのは確か。

主な重機メーカーの平均年収(2018年度)をまとめると、以下の通り。

  • 日立製作所:8,943,244円
  • ソニー:10,509,690円
  • パナソニック:7,744,759円
  • 三菱電機:8,169,232円
  • 富士通:7,985,114円
  • キヤノン:7,787,060円
  • 東芝:9,150,895円
  • 日本電気(NEC):7,989,274円
  • シャープ:7,592,000円
  • キーエンス:21,106,666円

パナソニックは大手5社の中で比較すると決して高くはないのがわかる。他の会社を見ると、800万円を超えているところも複数社ある。

日立製作所の894万円、ソニーの1,051万円、三菱電機の817万円、東芝の799万円のように、平均給料でパナソニックを上回るところは結構ある。

同水準なのは、キャノン、シャープなど。いずれも業界最大手ではない。

年齢ごとの年収の目安(総合職)

年収偏差値65

大卒・院卒の平均年収は事務系・技術系どちらも750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は大卒・院卒向けの総合職の年齢ごとの推定年収の目安。

パナソニックでは「総合職」という名称は使用していない。便宜上、今回は大卒・院卒を一律総合職として取り扱う。

管理職となれば1,000万円以上に達する一方、係長級以下の組合員だと年収は最高で800万円前後が上限だろう。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

20代、30代は個人間の給料の違いは小さく、年収幅は残業時間や通勤手当の支給額、扶養の有無によるところが大きい。

40歳以上の年齢層では仕事の評価や勤続年数に加えて、ポジション(役職)によって給料が大きく違ってくる。

製造現場(高卒)

年収偏差値60
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 20-22万円 75-95万円
25-29歳 350-500万円 20-25万円 80-120万円
30-34歳 450-650万円 25-30万円 100-150万円
35-39歳 600-700万円 25-35万円 120-170万円
40-44歳 600-750万円 30-40万円 150-200万円
45-49歳 700-800万円 40-60万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 50-60万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 45-55万円 120-200万円

製造現場は高卒を対象とする採用。年齢別年収の目安は上記の通り。全体では600~650万円と推定。

主な仕事内容は製造現場での業務。高専卒・大卒・院卒に比べると学歴で劣るため、同年代で比較すると給料も低い金額。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても比較的高い金額。世間一般の総合職の平均的な水準にのぼる。

20代で300~400万円台、30代で450~750万円、40代で700~800万円台、50代で800~900万円が目安。


広告

最終学歴ごとの年収の差

パナソニックでは、公開募集では大卒・院卒および高専卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

パナソニックの初任給

  • 院卒(修士了):236,500円
  • 大卒(学部卒):212,500円
  • 専攻科卒:212,500円(大学学部卒と同額)
  • 本科卒:187,500円

出典:

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

院卒

パナソニックの院卒の平均年収は800万円前後になると推定。

初任給の時点で学部卒と修士了(院卒)では1ヶ月当たり24,000円の差がある。

基本給ベースのみで年間で29万円程度の違いが最終学歴だけで生じる。

さらに、賞与の計算方法も基本給ベースで算定される。算出元となる基本給が高いほど賞与も高くなるため、大卒よりも平均年収+50万円という計算で850万円ほどが平均と判断。

入社後数年経過すると、最終学歴よりも個別の実績等によって年収は違ってくるものの、全体的に見れば院卒>大卒になるはず。

大卒(学部卒)

大卒(学部卒)の平均年収は750万円前後になると推定。有価証券報告書に記載の金額に近いと考える。

最も採用人数で多いのは大卒で、最終学歴としてボリュームゾーンのため、平均年収も750万円前後と判断。

なお、大卒(学部卒)では理系よりも文系が多め。理系は大学院に進学する人が一定数いるが、文系ではかなりマイナーのため。