ファナックの平均年収は1,200万円! 職種・年齢ごとでも算出

平均年収が1,000万円を遥かに超えるファナック

ファナックの平均年収は約1,200万円(2019年は1,216万円)。産業機械メーカーの中では完全に国内最高クラスの給料体系。民間企業の中ではかなり高い方に分類。

基本給、ボーナス支給額が他の大手企業と比べても大幅に多いことでも知られている。

事務系・技術系いずれも平均年収の差異は基本的にない。


公式の平均年収は1,389万円

年収1,300万円(神レベル)
ファナックの有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 12,164,000円
2018年 13,644,000円
2017年 13,474,000円
2016年 13,183,000円
2015年 15,711,000円
2014年 12,765,000円
2013年 9,809,000円

ファナックの正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では1,216万円という金額が出ている。

過去7年間では、2013年以外はいずれも1,000万円以上で推移。2015年度に至っては、平均年収が1,500万円を突破。

全社員の平均値で1,000万円を大きく超える企業は、日本国内では数える程度の企業数しかない。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・家族手当など)などすべてが含まれている。

>>【階級別】年収の目安とは!? レベル別に収入を偏差値化してみた!

年収偏差値

ファナックの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系 75 国内の数ある企業でもトップクラス
技術系 75

ファナックの平均年収を偏差値にすると、総合職は75、一般職は65。

事務系で文系が多く占めるが、給料水準は総合商社と同水準。総合職は上場企業の中でも格段に高い金額。偏差値75がこれに当たる。

ボーナス

ファナックのボーナス6か月分以上が通例

ファナックではボーナスは製造業のような「〇か月分」という計算方式ではない。業績連動型に加え、各社員の評価で詳細な金額が決定する。

とはいえ、全体的には基本給の5~8ヶ月分前後に当たる金額は支給されるのが通例。

35歳前後の社員だと、総合職では年間で200万円以上には達する。

成績が悪い社員でも、「ダメな社員だから」といってボーナスが貰えないなんてことはない。

製造業ではボーナスは上位であることは変わりない。

他社と比較して

ファナックは前述の通り、上場企業全体ではかなり高い給料。上場企業の平均値は約600万円のため、単純計算でも約2倍ほど。

リーマンショック直後のような世界全体の不況となれば、ファナックでも平均年収が1,000万円未満になるものの、通常期ならそれ以上に達する。

他の業界を考慮すると、三菱電機、伊藤忠商事、三井物産などの総合商社と同じくらいの金額。

産業機械メーカーではトップ級

平均年収が1,000万円には届かない産業機械メーカー

ファナックと事業内容が似ている産業機械メーカー、重機メーカー(重工業)の平均年収は以下の通り。(いずれも2019年度実績)

  • 三菱重工業:8,480,143円
  • ダイキン工業:7,413,387円
  • 日立建機:7,296,000円
  • クボタ:8,011,646円
  • ジェイテクト:6,965,768円
  • IHI:7,627,119円
  • 安川電機:8,187,547円
  • 不二越:6,505,336円

ファナックは上記の大手各社の中で比較するとかなり低いのがわかる。

三菱重工業は848万円、クボタは801万円、安川電機は819万円とこれら3社はかなり高い。しかし、ファナックは1,216万円ということで、それよりもさらに高い。

同じく産業用ロボットを手掛ける650万円のため、ファナックはその2倍くらい高い。

従業員数の平均年齢や勤続年数の長さによっても平均年収の数値は左右されるものの、給料水準が高いのは確実。

総合職(技術系・事務系)

ファナックの年収偏差値75
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 500-600万円 25-30万円 75-120万円
25-29歳 600-700万円 30-50万円 120-180万円
30-34歳 700-1,000万円 50-70万円 150-250万円
35-39歳 700-1,000万円 50-80万円 200-300万円
40-44歳 1,000-1,500万円 60-90万円 250-350万円
45-49歳 1,000-1,500万円 60-90万円 250-350万円
50-54歳 1,200-2,000万円 60-90万円 200-300万円
55-59歳 1,200-2,000万円 60-90万円 200-300万円

総合職の技術系・事務系の年齢ごとの推定年収。全体の平均年間給与は1,200万円程度と推定。

大卒(学部卒)・院卒いずれも社内で最も給料体系が高い職種。

転居を伴う異動はもちろんのこと、海外赴任もある職種だが、それに見合った高い給料体系が確保されている。

赴任地域によっても異なるものの、平均年収が高いのは確定。海外赴任となれば国内配属の社員よりも給料は高め。

20代は500~700万円、30代は700~1,000万円、40代は1,000~1,500万円、50代は1,200~2,000万円が相場。

最終学歴ごとの年収の差

最終学歴

ファナックでは大卒・院卒・高専卒を採用。初任給は最終学歴によって差が見られる。

ファナックの初任給

  • 院卒:267,600円
  • 大卒(学部卒):255,750円(高専専攻科を含む)
  • 高専卒:199,750円(本科)

出典:マイナビ2021

総合職の初任給は入社時点でも一般的な上場企業と比べても高い金額。

特に大学院卒の初任給が高め。学部卒と比べで3万5,000円の差がある。

年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくるが、初期の段階で高いのも事実。

院卒、大卒、高専卒の年収

院卒の平均年収は1,300万円前後、大卒(学部卒)は1,200万円前後、高専卒は800万円くらいになると推定。

基本給の時点で、大卒と高専本科卒では56,000円、院卒と大卒で11,850円の差があるが、さらにボーナスの基準額も変わってくる。

これにより、年収ベースでも当然ながら高学歴ほど金額が高くなる。

院卒と大卒の差はそれほど大きくはないが、高専本科卒は基本給が結構低いため、平均年収は1,000万円には届かないと考える。


広告

おすすめ記事